今年の大賞はボルボ・XC60!日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018を読み解く

今年の大賞はボルボ・XC60!日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018を読み解く

12月11日、第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018(略称:COTY)」の最終選考会が行われ、イヤーカーには輸入車の「ボルボ・XC60」に選ばれました。「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車両は2016年11月1日から2017年10月30日までに日本国内で発表もしくは発売されたモデルが対象になり、自動車メディアを中心に構成される60人の選考委員によって、1次選考で選出された10台のモデル(10ベストカー)を対象に「今年の一台」が選考されます。

また、イノベーション部門賞にはトヨタ・プリウスPHV、エモーショナル部門賞はレクサス・LC、スモールモビリティ部門賞にはホンダ・N-BOXが受賞。そして、委員会特別賞はハイブリッド車の累計販売台数が1000万台に達したトヨタ自動車と、インディ500マイルレースで日本人初の優勝を成し遂げたレーシングドライバーの佐藤琢磨選手が選ばれました。

史上2度目となった輸入車の大賞受賞ですが、果たしてボルボ・XC60は本当に大賞を取るにふさわしいクルマだったのでしょうか? 今回は来年以降の自動車業界の動向を占うため、改めてカー・オブ・ザ・イヤー2017-2018の内容に迫りつつ、今年の受賞内容を読み解いていきます。

2013年以来、2度目となる輸入車の受賞

1980年から開催されている同賞で、輸入車が受賞するのは2度目で、2013年のフォルクスワーゲン・ゴルフ以来、2度目となります。また、2位にもBMW・5シリーズが入り、例年のインポートカーオブザイヤー」というような投票結果になりました。

受賞理由としては、日本の道路事情であっても扱いやすいサイズのボディに、SUVに求められる快適性、機能性、運転の楽しさを高い次元でバランスさせたこと。そして、北欧デザインならではの内外装と、そのクオリティの高さ。もちろん安全装備の充実ぶりはボルボの真骨頂。また、PHEV(プラグインハイブリッド)を含む豊富なパワートレーンも高く評価されました。

ボルボ・XC60は本年10月16日に発売された最新の新型クロスオーバーSUV。エクステリアと、インテリアに関しては素材の良さを活かし機能性とスポーティさも両立。日本市場にも適したボディサイズと、もはや神話化したその安全性能、そして流行ど真ん中のSUVとくれば、間違いなくイヤーカーに相応しい車です。

ボルボ・XC60が素晴らしい車であることは否定する気はありませんが、なぜ「インポートカーオブザイヤー」ではないのだろうか、という素朴な疑問がわきます。これが日本のイヤーカーなのかと。

次ページ 日本車が選ばれなかった訳は?

carteacher

ニュース・コラムカテゴリの最新記事