【ドライブの基礎知識】ガソリン価格値上がり中!燃料代を節約、燃費を向上させるエコドライブとは?

【ドライブの基礎知識】ガソリン価格値上がり中!燃料代を節約、燃費を向上させるエコドライブとは?
     
   

出典元:https://www.photo-ac.com

燃費の定義とは?カタログ燃費と実燃費は違う?

メーカーのカタログに記載されるJC08モード燃費とは?

JC08モード燃費とは、2011年4月以降に型式認定される車に表示義務がある燃費測定方法の一つです。

それ以前は10・15モード燃費といわれる測定法で燃費を測定していました。

しかし実際の燃費とあまりにもかけ離れているためにこのJC08モード燃費が採用されたという経緯があります。

1991年に制定された10・15モード燃費はエンジンが温まった状態で測定するなど、実際の使用環境とは言い難い状態で行われていました。

そのためカタログ燃費と実際の燃費の差がありすぎることが問題視されることに。

JC08燃費ではエンジンが冷たい状態から測定され、より基準も厳しくなり10・15モード燃費と比較すると1割程度カタログの燃費は低くなるといわれています。

より実燃費に近い表示となったわけですね。

2011年4月以前に販売された車についても順次対応し、2013年2月末には販売対象の全ての車にJC08 モード燃費値の表示が義務づけられています。

なので現在、日本国内で型式認定を受ける車には全てJC08燃費値が表示されているということになりますね。

メーカーによっては、10・15モード燃費と併記しているところもあるようです。

実際の燃費とはどれぐらい違う?

出典元:https://www.photo-ac.com

実燃費に近づいたといわれているJC08モード燃費ですが、それでもまだ十分ではないようです。

測定時はハンドル操作はなし、エアコンその他の電気系統の使用はなし、という状態で計測されているようですから無理もないかもしれません。

実際に公道で車を走らせる際、全くハンドルを切らずに運転することは現実的ではありません。

エアコンはまだしも、ライトやウィンカー、ナビなどの使用もあるので全く電力を使用せずという状態も考えにくいでしょう。

また、JC08モード燃費測定は屋内で行われますが、実際に車を走らせるのは屋外。気温にも燃費は大きく影響を受けます。

実燃費はJC08モードの8割程度、一説では6割程度といわれてもいるようです。

カタログスペックの燃費をそのまま鵜呑みにせず、多少の差異はあると思っておいたほうがよさそうです。

ガソリン代節約、エコドライブのテクニックを紹介!

出典元:https://www.photo-ac.com

ふんわりアクセル「eスタート」で燃費節約

エコドライブを行う際、まず実践したいのがふんわりアクセル「eスタート」。

意識して普段よりゆっくりとアクセルを踏み込むようにして発進します。目安として、5秒かけて時速20㎞に達する感じです。

このふんわりアクセル「eスタート」を行うと、通常の発進時よりも9%前後燃料の節約ができているという比較結果が存在しています。

それでなくとも急発進、急ブレーキは危険。安全のためにも、ふんわりアクセル「eスタート」を心がけておきたいですね。

車間距離にゆとりをもって加減速の少ない運転で燃費節約

適度な車間距離を走って走行すると、加速・減速することも少なく安定した走行を保てます。

速度を保って運転すると余分な消費燃料は抑えられます。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事