トヨタの新車はディーゼル!?だけど意外と環境にやさしい理由を解説

トヨタの新車はディーゼル!?だけど意外と環境にやさしい理由を解説
     
   

トヨタの人気車種、ランドクルーザープラドがクリーンディーゼルを搭載して新発売されました。

最近、ハイブリッド、プラグインハイブリッドや、電気自動車と次世代モデルが発表される中、一体なぜディーゼル・エンジンなのでしょうか?今回は、新型ランドクルーザーの紹介と併せてクリーンディーゼルのメリットを紹介します。

この時代にディーゼルを選ぶ理由

torakku
Photo By KOMUnews

ディーゼルエンジンと言えば、大型トラックが搭載し、真っ黒な排気ガスを撒き散らす、大気汚染の元凶というイメージで見られてきました。

しかし、欧州などは逆に、いち早くディーゼルの排出ガス対策を始めました。その結果、メルセデスベンツBMWアウディなど次々と低公害型ディーゼル車を発表しています。

日本でも、クリーンディーゼルと呼ばれる環境負荷の少ないディーゼルエンジンが登場しています。

ガソリンエンジンとの違い

ガソリンスタンド

ところで、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンは何が違うのでしょうか。

ガソリンエンジンはスパークプラグを使って、電気的に火花を使って着火します。これに対してディーゼルは軽油の着火性が良いので、圧縮して自然発火し燃焼させます。

ディーゼルの長所は、力強いトルクです。さらに、ターボチャージャーと組み合わせると低回転からより強いパワーが生まれます。ディーゼル車では機敏な加速感が魅力です。

さらに、熱効率が良く、燃費がいいのが特徴。ついでに軽油はガソリンより安価なので、経済的でもあります。

一方、ガソリンエンジンはパワーではディーゼルに見劣りしますが、レスポンスが良く高回転まで小気味良く回る特徴があります。また、ディーゼルに比べ、小型で軽量となり製造コストも抑えられます

そのため一概にどちらのほうが優れている、とは言えません。ディーゼルは軽自動車のような小型車には向かないし、ガソリンでディーゼル並みの加速を求めると燃費が悪くなります。

実は浸透しているクリーンディーゼルエンジン

日本ではディーゼル車に対する排出ガス規制はNOx・PM(微細粒子)の規制強化を進めるものでした。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事