fbpx

もう見られなくなる!?一度はお世話になった、トヨタ・コンフォートってどんなクルマ?

もう見られなくなる!?一度はお世話になった、トヨタ・コンフォートってどんなクルマ?
     
   

教習車やタクシー車両など「はたらくクルマ」として大活躍している、トヨタ・コンフォート。

そのルーツは1955年(昭和30年)に発売された、トヨペット・マスターにまでさかのぼります。2017年(平成29年)に生産終了をアナウンスしている、コンフォート。一体どのようなクルマなのでしょうか?

ルーツはトヨタ・マスター

1955年(昭和30年)、トヨタ自動車工業(現、トヨタ自動車)はタクシー専用車両として「トヨペット・マスター」を発売しました。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

photo by Mytho88(CC BY 3.0)

これは従来発売されていたトヨペット・スーパーの後継車として企画されたクルマで、タクシーとしての実用性を充実させたモデルでした。価格も当時のクラウンRS型に対し、10万円ほど安く設定されていました。しかし実際にはクラウンがタクシー市場で乗り心地の面などで好評だったためにマスター自体の販売は振るわず、1956年(昭和31年)には販売を終了してしまいます。

次ページ 日産・クルーの対抗馬としてデビュー

ニュース・コラムカテゴリの最新記事