英国スポーツカーのモーガンがパシュリーと共同開発で自転車発売!フェラーリやマクラーレンなどの超高級ロードレーサーや手頃なクロスバイクも紹介!

英国スポーツカーのモーガンがパシュリーと共同開発で自転車発売!フェラーリやマクラーレンなどの超高級ロードレーサーや手頃なクロスバイクも紹介!
     
   

出典元:https://www.morgan-motor.co.uk/pashley/

モーガンとパシュリーが共同開発した自転車、パシュリー・モーガン3、モーガン8の特徴は?

出典元:https://www.morgan-motor.co.uk/pashley/

パシュリーとは?

パシュリーは、英国が誇る歴史ある自転車メーカーです。シェイクスピアの生まれ故郷でもあるイングランドのストラットフォードで1926年に創業、現在もその地でクラフトマンシップにあふれた自転車作りを行っています。

ロンドンっ子御用達でもあり、特にフィックスのホリゾンタルにおいては圧倒的な人気を誇っています。藤製の前かごをつけたガーリーな雰囲気のシティサイクルも女性に人気があるそう。

パシュリーのハンドメイドにこだわり伝統的なあり方を重視するスタイルは自動車業界屈指の老舗であるスポーツカーメーカー・モーガンと共通するところがあり、今回のコラボが実現したようです。

老舗同士が手掛ける自転車、どんな仕上がりなのかとても気になりますね。

パシュリー・モーガン3の装備

”3”や”8”というモデル名の由来はギアタイプからきているよう。このパシュリー・モーガン3のギアには、イギリスの自転車メーカー、スターメー・アーチャー製の3段タイプを使用。

クランクセットは日本のスギノエンジニアリング製となっています。日本のブランドのものが使用されていると思うとちょっと嬉しいですね。

サドルにはイギリス・ブルックス製の「B17」。オイルを丹念に塗り込んだ皮を使用したモデルです。しっとりとした上質な肌触りが魅力的。

ブルックスはイギリスの中でも老舗中の老舗である自転車サドルメーカーです。パシュリー・モーガンにふさわしいセレクトといえるでしょう。

ボディカラーはブリティッシュレーシンググリーン。コーディネートされるマッドガードにはウォールナットの合板を使用し、モーガンならではの雰囲気を自転車で再現しています。

パシュリー・モーガン8の装備

ギアに8段変速のシマノ製「ネクサス」を採用。このギアはメンテナンスフリータイプであり、高価格帯の自転車御用達のギアでもあります。

ハイスペックなこのモデルに使用されるクランクセットは”3”とは差をつけたスターメー・アーチャー製。サドルにはブルックス製の「Cambium C15」を採用しました。これは硬化天然ゴムとオーガニックキャンパスで作られた手の込んだサドルです。

ライトパールグレーのボディカラーにブラックアッシュのマッドガードが気品のある佇まいを演出します。

両方のモデルに共通しているフレームにはイギリス・レイノルズ社製「631」。これはフロントウォークにクロモリブデン鋼を採用した超合金のモデルです。

戦闘機やレーシングカーなどの部品を手掛けるレイノルズ社製のフレームを使用した高品質な自転車となっています。タイヤにはパナレーザー製の「グラベルキング」を使用しました。これも両モデル共通の仕様ですが、摩耗性、耐久性と申し分ないタイヤです。

パシュリー、そしてモーガンのどちらのプライドも反映した高品質な素材をふんだんに使用し、パシュリーファン、モーガンファン両方を虜にしそうな自転車に仕上がっています。

日本でも購入可能?

2018年9月現在、イギリスにおいては7月にすでにデビューしていますが日本での販売については不明。いくつかのパシュリー店舗でも取り扱いはあるようですが、基本的にモーガン販売店を中心に展開されるようです。

日本においては今年2018年4月に日本法人であるモーガンカーズ・ジャパンが設立されたばかり。現在日本市場に力を入れていると思われるので、もしかしたら近い将来日本での展開も期待できるかもしれませんね。

自動車メーカーが販売している超高級ロードレーサー&競技用サイクル!

ビアンキ for スクーデリア フェラーリ01(SF01)

ニュース・コラムカテゴリの最新記事