東京モーターフェス2018、過去最大規模で10月6日(土)〜10月8日(月祝)開催!入場無料、公道試乗やオフロード同乗試乗会や各種企画が盛りだくさん!

東京モーターフェス2018、過去最大規模で10月6日(土)〜10月8日(月祝)開催!入場無料、公道試乗やオフロード同乗試乗会や各種企画が盛りだくさん!
     
   

出典元https://clicccar.com/2018/09/09/626648/

東京モーターフェス2018とは?

過ぎゆく「平成」がテーマ

出典元:https://www.tandem-style.com/news/35348/

東京モーターフェスは、東京・お台場の特設会場などで2年に1度開かれているクルマ・バイクのイベント。東京モーターショーが開催されない年に合わせ、日本自動車工業会が2012年から開催しています。

国内外の四輪・二輪メーカーが参加し、今回は前回(2016年)の15社を大きく上回る26社に。出典車両台数も160台から267台以上、プログラム数も18から39へと増え、会場面積も含めて過去最大規模に発展しました。

子供から大人まで楽しめるフェス。平成最後となった今回の開催テーマは、「胸に、ぎゅんとくる。」。ノスタルジーを感じさせるメッセージです。

クルマ・バイクの未来像を見通せるだけでなく、バブルに始まった平成という時代を振り返ることもできる充実したイベント内容に。3日間で延べ約21万8000人が来場しました。

東京モーターフェス2018の開催場所とプログラム内容は?

センタープロムナード

出典元:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1146689.html

遊歩道のセンタープロムナードでは、最新の安全性能や環境性能を備えたクルマ・バイクを間近で見られる「セーフティ&エコ展示」を企画海外メーカーの車・バイクを並べた「ハイパフォーマンス車両展示」にもお目にかかれました。見て、触って、シートに座ることもできるのが魅力でした。

見るだけでなく、参加できるのもモーターフェスの特色。広大な展示会場を移動できる「立ち乗り型パーソナルモビリティ試乗体験」、日産の2人乗りコンセプトカーを使った「超小型モビリティ試乗体験」、2歳以上が対象の「お子様向けランバイク体験」も人気を集めました。

お台場第一特設会場

出典元:minkara.carview.co.jp/userid/292367/blog/42033800/

メインステージが設置された、お台場第一特設会場。トークセッションのほか、ステージをプロデュースしたピストン西沢氏が推薦するクルマを紹介する「動くクルマ図鑑ステージ」などのイベントが目白押し。

サプライズゲストとして登場したのは、レーシングドライバーとしても知られる「モリゾウ」こと日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)。何と、自らヤリスWRCのステアリングを握り、ドリフトやバックスピンターン、定常円旋回の全開デモ走行を披露したのです。

豊田会長はラリー仕様の86インプレッサWRXでもタイヤスモークを上げ、見事なドライビングテクニックを発揮。クルマの迫力や楽しさを伝えてくれました。

さらに、大阪府立登美丘高校ダンス部の卒業生によるバブリーダンスが会場を興奮のるつぼに。白煙を上げてドリフトするクルマとのコラボレーションも大迫力でした。

ステージ以外でも「最新乗用車・商用車公道試乗体験」や、原付を含めた「最新バイクの試乗体験」が行われました。

お台場第二特設会場

ニュース・コラムカテゴリの最新記事