走りへのこだわりはBMWに負けず劣らず?!90年代に採用されたホンダのFFミッドシップレイアウトとは?

走りへのこだわりはBMWに負けず劣らず?!90年代に採用されたホンダのFFミッドシップレイアウトとは?
     
   

出典元:https://www.honda.co.jp/hondafan/meisha/

FFミッドシップは普通のFFとどこが違う?メリットデメリットは?

出典元:ホンダ

直列5気筒/V型6気筒エンジン・ミッションを前輪車軸の後ろに搭載

「究極のFF」とかつてホンダが言い切ったのは直列5気筒エンジンもしくはV型6気筒エンジンとトランスミッションを縦置きにし、デフギヤをエンジン中央よりやや左側に搭載したFFミッドシップでした。

これはドライブシャフトがオイルパンを貫通する独特のスタイル。FFミッドシップの開発当初は普及価格帯の車両でよく使用される軽量な直列4気筒エンジンでの開発も視野に入れられていたようですが、結果として直列5気筒、もしくはV型6気筒エンジンで採用されることになりました。

FFとして理想的な重量配分、回頭性の良さ

クルマの重量配分の理想値はどのような数値でしょうか。ホンダではFF車の重量配分の黄金比はフロント60:リア40だとしています

FFミッドシップはエンジンとミッションを前輪車軸の後ろに搭載することによってこのホンダが理想とするFFの重量配分を達成。

それまでの通常のFF車の弱点でもあったハンドリングなどに変化が生まれ、回頭性の良さが際立つようになったのです。

またクルマは加速、減速を小刻みに繰り返すのでその性質上前後の揺れが大きくなります。FFミッドシップでは縦置きエンジンになっているため、エンジンが左右に振動することによって車の前後の揺れと相殺されることになりエンジン振動が少ないように感じるというメリットもありました。

トラクション不足と室内の狭さ

FFミッドシップのデメリットとして真っ先に挙げられるのはトラクション不足。FFミッドシップでは前輪に荷重がかかりにくく、ある程度の傾斜のある上り坂や雪道などの場合、タイヤが空回りするようなこともあったとか。

またFFではありますがエンジンが横置きではなく縦置きのためトランスミッションが室内側に張り出した状態になっているため、室内空間を犠牲にしているという点もデメリットといえるでしょう。

FR車などと比較すると極端に狭いというわけでは無かったようですが、FF車として考えればやはりちょっと……という状態だったようです。

ホンダはこのFFミッドシップレイアウトを上級サルーンと組み合わせました。上級サルーンには快適な広い室内空間が期待される傾向にあるので余計に室内空間が狭いという印象を与えたのかもしれませんね。

FFミッドシップを採用したホンダ車は?

インスパイア(アコードインスパイア)と兄弟車のビガー

出典元:http://www5b.biglobe.ne.jp/~ultimate/mycar/vigor/vigor.htm

まず最初に登場したのは1989年に発表された初代インスパイア(アコードインスパイア)、そしてその兄弟モデルにあたる3代目のビガーでした。

インスパイアは1985年にホンダのフラッグシップカーとして登場したレジェンドとミドルクラスセダンのアコードの中間にあたるモデルとして誕生したという経緯があります。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事