fbpx

日産ジューク後継!?タイで新型キックスが登場

日産ジューク後継!?タイで新型キックスが登場
     
   

日産は、2020年5月15日にタイで新型キックスを発表しました。現在北米では、ジュークに変わりキックスが販売されています。また日本で販売のジュークも2019年12月をもって生産が終了しています。

ジュークは、現在国内で在庫のある分が販売されているということですね(カタログに掲載5/20時点)。新型ジュークは、実は欧州で2019年末ごろからデリバリーが行われています。

日本販売の新型ジュークは、後継車種としてキックスになるという情報が入ってきています。ここでは、欧州新型ジュークやタイで発表された新型キックスをご紹介しながら、日本国内ジュークの今後の予想をしてみます。

タイで発表されたジューク後継!?日産キックス

引用:https://asia.nissannews.com/en/releases/nissan-launches-all-new-kicks-e-power-in-thailand?#

非常にモダンな雰囲気に仕上げられたエクステリアです。ブーメランヘッドライトの間にあるグリルには、日産のシグネーチャーデザインであるVモーショングリルが大きく描かれています。

現在米国などで販売されているキックスと比べても、Vモーショングリルなどが大きく変更されていることがうかがえます(北米モデルは後述)。テールランプもブーメランカットされ、リアデザインを象徴しています。

サイドで特徴的なのは、ルーフにラップアラウンドバイザーを装備したフローティングルーフです。独特なデザインをかもし出しています。

エクステリアカラーは、ブラックスター、ストームホワイト、ラディアントレッド、ガンメタリック、ブリリアントシルバー、モナークオレンジなどが用意され、ツートンカラーの選択も可能とのことです。

引用:https://asia.nissannews.com/en/releases/nissan-launches-all-new-kicks-e-power-in-thailand?#

新デザインは、インストゥルメントパネル・インフォメントスクリーン・ステアリング・シートなどを中心にディテールされています。

e-POWER搭載によるインフォメントシステムを明確に表現し、使いやすさを追求した配置になっています。内装もモダンに仕上げるためにブラック×オレンジカラーのシート仕上げです。

引用:https://asia.nissannews.com/en/releases/nissan-launches-all-new-kicks-e-power-in-thailand?#

パワートレインは、1.2L 直列3気筒エンジンユニット+モーターを搭載しています。e-POWERの総合出力は、129psです。ドライブモードを備え、ノーマル・S・エコ・EVの4モードがあります。

タイでのグレード展開と販売価格は、

1.2 LS 889,000バーツ→約307万円
1.2 LE 949,000バーツ→約321万円
1.2 LV 999,000バーツ→約338万円
1.2 L VL 1,049,000バーツ→約355万円

北米で販売されているキックス

引用:https://www.nissanusa.com/vehicles/crossovers-suvs/kicks/features/safety-driver-assist.html

タイで発表されたキックスは、北米仕様のキックスをベースモデルに開発されていると予想します。北米仕様では、フロントマスクのVモーションなどが控えめにインストールされていますね。

パワートレインは、1.6L直列4気筒エンジンが搭載されています。北米仕様キックスの日本導入が行われることは、今回のタイ新型キックス発表やパワートレインなどからすると確率が低いと考えます。

欧州で2019年末からデリバリーされている新型ジューク

引用:https://www.nissan.fr/vehicules/neufs/juke/design.html

欧州新型ジュークは、日本や欧州で販売のジュークの新型となっているモデルです。ディテールを継承させていることがうかがえますね。継承しながらも各部のデザインが進化しています。

欧州でのパワートレインは、1.0L直列3気筒ターボエンジンが搭載されています。現在筆者が調査した限りでは、e-POWER搭載モデルはラインアップしていないようです。電化の進む欧州では、e-POWER搭載モデル登場の可能性は高いでしょう。

本来であれば欧州で販売開始されている新型ジュークが、日本にも導入される可能性もあると考えます。しかしながらタイで発表されたキックスが、ジュークの後継になる可能性もささやかれ始めました。理由としては、欧州デリバリーからすでに半年が経過している点や採用しているパワートレインの違いからではと予想します。

まとめ

日産ジューク後継!?タイで新型キックスが登場をまとめると

  • 国内現行型ジュークは、欧州新型ジューク導入の可能性から、後継モデルとしてタイ新型キックスに変更の可能性もある。
  • キックスが有力なった原因は、新型ジュークが半年経っても日本導入アナウンスがない点やパワートレイン

日産ジュークは、2010年から国内に導入されて以来、約10年近く販売されているモデルです。独特なデザインによって長いロングスパン(現在製造ストップ)であったと考えます。新型登場が、欧州新型ジュークなのかタイ新型キックスになるのか楽しみですね。

 

 

 

 

 

ニュース・コラムカテゴリの最新記事