【運転免許の基礎知識】原付、自動二輪、小型、中型など運転免許の種類と運転できる車、取得方法を総まとめ!

【運転免許の基礎知識】原付、自動二輪、小型、中型など運転免許の種類と運転できる車、取得方法を総まとめ!

出典元:https://bestcarweb.jp/news/entame/2022

運転免許制度とは

出典元:https://sukinote.com/2017/05/17/tenkan_untensuruna/

改めて聞かれると、そういえば詳しく知らないかも…という人も意外といるはず。

そもそも運転免許制度とは、自動車・原動機付自動車の運転を許可する制度です。

とはいっても免許にも種類が多く、さらに取得方法取得条件がそれぞれで違ってきます。

そこで、運転免許の種類や取得方法をまとめて紹介します!

運転免許の区分は?

出典元:https://clicccar.com/2016/02/04/352299/

運転免許の区分には、「第一種運転免許」「第二種運転免許」「仮運転免許」の3種類があります。

「仮運転免許」は誰もが知っている言葉ですが、運転免許を取得する途中を意味するもので、条件付きで運転が許可されるものです。

実際の道路で運転の練習をするための免許とも言えますね。

では「第一種運転免許」「第二種運転免許」について詳しく見てみましょう!

第一種運転免許

「第一種運転免許」とは、”日本の国道で自動車や原動機付自転車を運転する”ための免許です。

一般的に”運転免許”と呼ばれるものと思ってもらったらいいです。

第一種運転免許には普通自動車、大型自動車、普通自動二輪車など、9種類あります。

第二種運転免許

一方で「第二種運転免許」とは、”旅客を運送することを目的として運転する”ための免許です。

つまり、仕事として人を乗せるバスやタクシーなどを運転するための免許ということです。

第二種運転免許の種類は少し減って、5種類となっています。

第一種運転免許の種類と運転できる車の種類と条件・取得方法は?

出典元:https://www.webcartop.jp/2016/05/42947

一般的に、普段運転するために使われる「第一種運転免許」について、もっと詳しくチェックしていきましょう。

原付免許の運転できる車の種類と条件・取得方法

一番身近で簡単に取得できる免許でもあるのが「原付免許」です。

原付免許は16歳以上で取得ができ、原動機付自転車のみ運転ができます。

ちなみに原動機付自転車というのは、主にエンジンの総排気量が50cc以下の二輪車を指します。

小型特殊免許の運転できる車の種類と条件・取得方法

「小型特殊免許」ってなかなか聞かないですよね。

どういった車が小型特殊自動車の対象になっているのかというと、主に作業車を指します。

農作業車や除雪車など専用の作業車のうち、最高速度が15km/h以下・および既定のサイズ以下の小さいものを運転するときに必要となる免許です。

この免許では、小型特殊自動車のみが運転できます。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事