fbpx

北米でアキュラ 新型TLXが発表!日本への導入は?

北米でアキュラ 新型TLXが発表!日本への導入は?
     
   

アキュラは、ホンダのスポーツマインドを象徴するタイプRをより柔らかめに設定したTLX タイプSを海外で復活することになりそうです。

同社は、ホンダのプレミアムブランドとして米国にて1986年に産声を挙げました。インフィニティやレクサスブランドよりも早く開業され、米国の方々に親しまれ続けています。

日本でブランド展開していないアキュラTLXは、私達日本人とってあまり馴染みの無いモデルでもあります。今回は、新型TLXをご紹介します。

アキュラ 新型TLXの概要など

引用:https://acuranews.com/en-US/releases/all-new-2021-tlx-elevates-acura-sedan-performance-with-turbo-power-dedicated-platform-and-expressive-styling

アキュラブランドは、先ほどお話しましたようにホンダのプレミアムブランドとして米国で販売展開がスタートしました。日本では、アキュラブランドとしてNSXとレジェンドが販売されています。

現在アキュラブランドで販売されているセダンモデルは、RLX(日本では、レジェンド)・TLX・ILX(シビックセダンのアキュラブランド版)の構成になっています。

TLXは、もともと米国アコードのアキュラブランドTLと欧州向けアコードのアキュラブランドのTSXを2014年に統合させたモデルです。日本から見たブランド位置は、アコードになるといってよいでしょう。このTLXが、新型となって登場しそうです。アキュラは、2020年5月28日に新型TLXを公開しました。

アキュラ 新型TLXのエクステリアなど

引用:https://acuranews.com/en-US/releases/all-new-2021-tlx-elevates-acura-sedan-performance-with-turbo-power-dedicated-platform-and-expressive-styling

新型TLXのエクステリアデザインは、プロポーション全体はアキュラブランドのコンセプトを継承しながら進化しています。フロントビューは、よりスポーティに進化したペンタゴングリルが垂直に設置され、タイプSのロゴが鎮座しています。

さらに新開発した4LED構成のジュエルアイヘッドライトが先進性とスポーツ性をアピールしています。またデイライト用LEDは、シケインデザイン仕上げてす。

サイドビューでは、リアフェンダーにかけて筋膜を構成することでスポーツマインドを掻き立てるディテールに仕上げています。シェイプされたキャビンは、低フォルムでワイドに仕上がっています。

リアビューでは、デュアルマフラーが鎮座し、新しく設計されたテールランプで引き締まった印象を与えてくれます。

採用されたホイールは、標準で18インチが搭載され、グレード毎にさらに大径ホイールがチョイスされています。TLX タイプSモデルでは、20インチのスプリット10スポーク合金ホイールがシャークグレーで仕上げられます。これは、NSXをモチーフに設計されています。

アキュラ 新型TLXの内装など

引用:https://acuranews.com/en-US/releases/all-new-2021-tlx-elevates-acura-sedan-performance-with-turbo-power-dedicated-platform-and-expressive-styling

新型TLXの内装最大の特徴は、ドライバーや搭乗者によりプレミアムでスポーティな空間となるように仕上げられている点です。特に運転席と助手席にプレミアム性を持たせることで完成しています。

たとえばシートは、詳細にカスタマイズ可能な最大16ウェイパワー調整可能なアキュラの高度なスポーツシートが搭載されています。ドライバー側には、すっきり見やすい視界を確保し、メーター類もすっきりわかりやすい仕様に仕上げています。

タイプSでは、さらにコントラストテッチをお施し、メタルメッキのパドルシフターを備えたパンチングレザー仕様のリム付きステアリングホイールなど、キャビン全体にタイプSを抽象する材質が採用されています。

アキュラ 新型TLXのパワートレインなど

新型TLXのパワートレインは、2種類が用意されています。標準モデルのパワートレインは、VTEC搭載の2.0L DOHC直噴ターボチャージャーエンジンです。最高出力は、282psとなっています。組み合わされるミッションは、10速ATです。FFとSH-AWDモデルが用意される予定となっています。

タイプSのパワートレインは、3.0Lの24バルブDOHC直噴ターボチャージャーエンジンが搭載され、SH-AWDのみの設定となる予定です。

NSXのパワートレインを開発したチームが、横置きエンジン仕様に設計したエンジンになっています。現時点で最高出力が公表されていませんが、NSXのベースグレードが、507psとなっていますのでこれに近い数字が発表されることでしょう。

アキュラ 現行型TLXってどんな車?

引用:https://www.acura.com/tlx/gallery

現在米国で販売されているTLXは、スポーツ性というよりもラグジュアリー感を出したセダンといった印象のディテールに仕上がっています。

パワートレインは、2.4L直列4気筒エンジンを3.5L V型6気筒エンジンが採用されています。比較的米国という広大な土地でゆとりある走行と燃費を兼ね備えたユニットになっていると考えます。新型では、ダウンサイジングターボを採用したといってよいでしょう。

まとめ

北米でアキュラ 新型TLXが発表!日本への導入は?をまとめると

  • スポーツマインドを盛り込んだセダンを米国で展開する予定です
  • TLX標準モデルは、2020年秋~ごろから、タイプSは、2021年春ごろから納品がスタートする予定です
  • TLXの日本導入の可能性は、TLXとしてはなさそうだが、シビックセダンやグレイスが販売終了予定なので、セダンの再構築には良いモデルではないでしょうか

今回は、現時点で日本に導入されてないモデルをご紹介しました。米国では、アキュラブランドの人気は非常に高いといえます。日本にもホンダスポーツマインドを注入したセダンモデルが登場することに期待します。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事