fbpx

日産 新型エクストレイルが世界公開に、日本導入は?

日産 新型エクストレイルが世界公開に、日本導入は?
     
   

日産は、2020年6月に新型ローグ(日本名エクストレイル)を公開しました。同モデルは、2020年秋から米国でデリバリーが開始されるとのことです。

日本では、エクストレイルとして2013年12月から現行型が販売開始になっています。世界戦略車として販売されていることから比較的モデルスパンが長くなっている状況です。

日産の中核を担うミドルサイズSUVが、モデルチェンジをすることになりそうです。ここでは、新型モデルのエクステリアや内装、パワートレインなどをご紹介していきます。

日産 新型エクストレイル(米国名ローグ)の特徴など

引用:https://usa.nissannews.com/en-US/releases/all-new-nissan-rogue-engineered-to-make-family-life-easier

新型エクストレイルでの最大の目的と特徴

  • インテリアは、「ファミリーハブ」としての価値を付加するために、4ドアインテリジェントキーやトライゾーンクライメートコントロールなどの新機能を追加し、乗員全てに実用性と快適さアップを提供できるモデル。
  • 日産インテリジェントモビリティテクノロジーをリードしていくために、ナビ-link、Nissan SafetyShield®360、ワイヤレス充電、ワイヤレスAppleCarPlay®装備のProPILOT Assistが採用されています。
  • プラットフォームは、強化されたドライビングダイナミクス&ドライバーアシスタンス機能を装備し、新しいだけでなく、高いドライビングエクスペリエンスを保証してくれます。

日産 新型エクストレイル(米国名ローグ)のエクステリア等

引用:https://usa.nissannews.com/en-US/releases/all-new-nissan-rogue-engineered-to-make-family-life-easier

エクステリアで特徴的なのは、進化したVモーショングリルにフローティングルーフなど、日産シグネイチャーデザイン要素をふんだんに取り込んでいます。シャープでユニークなヘッドライトディテールは、同モデルのハイライトでもあります。ボディサイドは、すっきりとしながらもプレスラインによって綺麗な輪郭を描いています。

新設計のマルチレベルLEDヘッドライトは、新型エクストレイル全グレードで標準装備されているようです。強力なフロントグリルのデザインを際立たせるLEDフォグライトは、上級グレードにて標準装備になっています(米国ローグ SLおよびプラチナグレード)。

前兆は、前世代ローグより約38㎜短く、車高は約5㎜低くなっています。ワイド感を強調するだけでなく走行性能をアップさせたボディサイズに仕上げているとのことです。

空力性能は、エクストレイルの前面から側面に空気の流れを正確に流すために、フロント下部の「3D」タイヤデフレクター、エンジンパートへの空気流入を制御するアクティブグリルシャッター、専用設計Aピラー形状、車体下部の空気整流を管理するアンダーボディカバー、独自の「エアカーテン」などが採用されています。

日産 新型エクストレイル(米国名ローグ)の内装など

引用:https://usa.nissannews.com/en-US/releases/all-new-nissan-rogue-engineered-to-make-family-life-easier

内装最大の特徴は、ファミリーハブとしての機能をふんだんに盛り込み、それを使用しやすいように設置しています。日常生活や週末のために、必要と思われる内装アメニティや装備を日産でチェックしながら企画したようです。

フロントシートとリアシートはヒーター付きで、サイドミラーやステアリングホイールもヒーター付きになっています。メモリシート仕様も採用されています。

日産設計のゼログラビティシートは、目的地遠い近いに関わらず快適な乗員サポートとなっています。レザーが標準のSLグレードとキルトセミアニリンレザーが標準のプラチナグレードがあります。内装カラーは、チャコール、グレー、タンの3種類が米国ローグでは用意されています。

日産 新型エクストレイル(米国名ローグ)のパワートレインなど

引用:https://usa.nissannews.com/en-US/releases/all-new-nissan-rogue-engineered-to-make-family-life-easier

米国ローグは、2.5L DOHCインラ​​イン4気筒エンジンが搭載されています。最高出力は、181psです。このパワートレインは、米国仕様となりそうです。日本仕様の際には、2.0Lタイプのエンジンユニットとハイブリッドのパワートレインが採用されると予想します。

まとめ

日産 新型エクストレイルが世界公開に、日本導入は?

  • エクステリアは、現行型のシャープな印象を残しつつ刷新されています。
  • 内装は、ファミリーをコンセプトに居心地の良い居住空間に仕上げています
  • パワートレインは、米国仕様と日本仕様では違うユニットが搭載になるのではないでしょうか。

現在米国日産では、2020年秋に販売開始予定で進められています。一方国内日産のサイトでも新型エクストレイルと思われるイメージ画像公開され、7月15日に正式に発表となるでしょう(作成記事7月10日時点の情報)。

日本へは、米国とほぼ同時期に新型導入となるのではないでしょうか?新型の発表が気になるところです。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事