fbpx

ダイハツが、新型商用車となる「グランマックスカーゴ&トラック」を販売開始に

ダイハツが、新型商用車となる「グランマックスカーゴ&トラック」を販売開始に
     
   

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、新型小型商用車タイプとなる「グランマックス カーゴ&グランマックス ト
ラック」を、2020年6月22日(月)に発表して、9月4日(金)から全国一斉に発売開始することを公開しました。

両モデルは、従来の軽商用車である「ハイゼット」よりも多い積載力や快適性を確保しながら、コンパクト設計による小回りの良いサイズ感がポイントです。日本国内での1トンクラスの小型商用車モデルは、建設業やサービス業、農業など、幅広いユーザーの業務で需要が高い状況となっています。

高効率でコンパクトなキャブカーゴ&トラックを投入することで、軽商用車よりもゆとりをもって仕事をしたいというニーズに対応し、様々なユーザーの仕事や生活を支えていけることになりそうです。

ここでは、「グランマックス カーゴ&グランマックス トラック」の概要や特徴などをご紹介していきます。

「グランマックス カーゴ&グランマックス トラック」の概要など

引用:https://www.daihatsu.com/jp/media/topic/granmax_20200622.html

「グランマックス カーゴ&グランマックス トラック」は、インドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社で一括生産し、日本に輸出及び販売されるモデルです。ダイハツが販売するモデルで、初めて海外生産車を日本に導入することになります。

現在インドネシアでは、「グランマックス ミニバス&グランマックス ピックアップ」としてラインアップしていますが、日本で発売開始する両モデルは、新開発した1.5Lエンジンの採用や予防安全機能「スマートアシスト」の搭載などで、日本市場専用に多くをアップデートしています。

「グランマックス カーゴ&グランマックス トラック」の主な特長
1. 軽商用車よりも、ゆとりある積載能力と快適性。
2. 様々な環境下でも頼れる高い基本走行性能と安全性能。
3. 世界需要の中グローバルに活躍してきた商用車ならではの高い品質。

海外と違うパワーユニットを新開発
可変バルブタイミング機構「DUAL VVT」を採用した、1.5Lの新開発エンジン(2NR-VE)を搭載しています。力強いトルクフルなゆとりの走りと優れた燃費性能を両立させています。フロントミッドシップレイアウトにしたことで、理想的な前後重量配分になりました。高速域やカーブでも高い走行安定性を確保しています。

「グランマックス カーゴ」について

引用:https://www.daihatsu.com/jp/media/topic/granmax_20200622.html

  • 積載力750㎏でゆとりの積載量を確保
  • 床面地上高620㎜の低床フロアと広いバックドア開口部によって、荷室への荷物積み下ろしのしやすさを追求。ドア開口幅790㎜で両側スライドドアを採用し狭い場所でも荷物の積み下ろしを可能にしています。
  • 最大荷室長は、2,045㎜(2名乗車時)を確保しています。荷室は隅々まで荷物を積載できるスクエア空間とし、段ボール箱から背高の荷物、家具などの大型荷物まで多様な荷物に対応しています。
  • 最小回転半径4.9m、狭い道などでの取り回しのしやすさを確保しています。
  • フロントピラーの傾斜を立てることでヘッドクリアランスを確保し、余裕のある運転スペースを確保しています。オーバーハングの短いボディ形状により、前方左右の広い視界を実現させました。
  • 425㎜の低いステップ高によって、スムーズな乗り降りができます。フラットで広い足元スペースとインパネセンターシフトを採用したことで、助手席への移動や乗り降りもスムーズです。

「グランマックス カーゴ」のラインアップ

引用:https://www.daihatsu.com/jp/media/topic/granmax_20200622.html

カーゴ GL(ボディカラーはホワイト、シルバーマイカメタリックの2色を設定)

  1. 1.5L NA 5MT 2WD 1,975,000円
  2. 1.5L NA 5MT 4WD 2,258,000円
  3. 1.5L NA 4AT 2WD 2,064,000円
  4. 1.5L NA 4AT 4WD 2,347,000円

「グランマックス トラック」について

引用:https://www.daihatsu.com/jp/media/topic/granmax_20200622.html

  • 800㎏の最大積載量を確保しました。
  • 荷台フロア長は2,480㎜の四角いディテールのフラットで広い荷台スペースにより、様々な業種のユーザーに便利な荷台を採用しました。アオリ高は、360㎜で20個設置したロープフックにより、しっかりと荷物を固定することが可能になっています。
  • 最小回転半径4.9m、狭い道などでの取り回しのしやすさを実現しています。
  • フロントピラーの傾斜を立てることでヘッドクリアランスを確保し、余裕のある運転スペースを確保しています。オーバーハングの短いボディ形状により、前方左右の広い視界を実現させました。
  • 425㎜の低いステップ高によって、スムーズな乗り降りができます。フラットで広い足元スペースとインパネセンターシフトを採用したことで、助手席への移動や乗り降りもスムーズに。

「グランマックス トラック」のラインアップ

引用:https://www.daihatsu.com/jp/media/topic/granmax_20200622.html

トラック GL(ボディカラーはホワイト、シルバーマイカメタリックの2色を設定)

  1. 1.5L NA 5MT 2WD 1,787,000円
  2. 1.5L NA 5MT 2WD 2,041,000円
  3. 1.5L NA 4AT 2WD 1,875,000円
  4. 1.5L NA 4AT 4WD 2,129,000円

まとめ

ダイハツが、新型商用車となる「グランマックスカーゴ&トラック」を販売開始にをまとめると

  • ダイハツが初めて海外生産したモデルを日本に投入。
  • 軽商用車よりも積載が多く、居住性も快適になり、小回りも利くモデル
  • 新開発のパワートレインを導入

軽商用車では少し物足りないユーザーにとっては、非常にありがたいサイズの商用バンとトラックがラインアップされたのではないでしょうか。今後の販売動向が気になるところですね。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事