fbpx

ホンダ旧車紹介!1960年代登場のホンダT360・S800・N360

ホンダ旧車紹介!1960年代登場のホンダT360・S800・N360
     
   

ホンダは、1946年に本田宗一郎が立ち上げた本田技術研究所が起源となっています。同社の開発はエンジンに始まり、二輪事業、4輪事業と多岐にわたっていました。設立から約20年にて、ホンダは4輪開発に成功し市販化されています。

ここでは、ホンダ1960年代の初期モデルを紹介し、ホンダ技術やホンダの歴史などを解説していきます。

ホンダ初の量産モデル T360 

引用:https://www.honda.co.jp/hondafan/meisha/

ホンダ T360は、日本初のDOHCエンジン(2バルブ)搭載モデルで、ホンダ初の4輪自動車となっています。

エクステリアは、ショートノーズを持つセミキャブオーバー風のディテールですが、エンジン自体はフロントシート下に収納されています。フレーム構造は、ハット断面を持つサイドフレームから構成された梯子型となっています。フロントサスペンションは、ウィッシュボーン・コイルスプリングで、リアはコンベンショナルなリジッドアクスル・リーフスプリングです。

主要諸元など

  • 販売期間:1963年8月から1967年11月
  • 乗車定員: 2名
  • エンジン:AK250E型 水冷4ストローク直4DOHC 354cc
  • 駆動方式:MR
  • 最高出力:30ps/8,500rpm
  • 最大トルク:2.7kgf·m/6,500rpm
  • 変速機:4速MT
  • サスペンション: 前輪ウイッシュボーン/後輪リーフリジッド
  • 全長×全幅×全高:2,990×1,295×1,525㎜

当時の軽自動車のエンジン出力が20ps前後であったのに対し、ホンダT360は、30psと非常に高出力で登場したことがうかがえます。シフトレバーやサイドブレーキを運転席右側に寄せ、助手席シートをなるべく広くとる工夫なども施されていました。

ホンダでは、同モデルを開発するにあたっていろいろな最新技術の起用も行っています。中でも当時開発されたばかりの交流式オルタネータを搭載した点は面白いといえますね。

ホンダ S800

引用:https://www.honda.co.jp/hondafan/meisha/

ホンダS800は、前身となるS500(1963年)、S600(1964年)に継いで販売されたモデルです。

水冷直列4気筒DOHCエンジンをフロント縦置きとし、2本のローラーチェーンを用いる後輪独立懸架方式が採用されています。S500・S600同様に京浜精機製作所製の4連CVキャブレターと等長エキゾーストマニホールドを採用しています。

S800のエンジンは、ボア×ストロークがφ60.0㎜×70.0㎜まで拡大され排気量は791㏄となりました。最高出力は70ps/8,000rpm、最大トルクは6.7kgf·m/6,000rpmです。最高速度も160㎞/hと公開されています。

主要諸元など

  • 販売期間:1966年から1970年
  • 乗車定員:2名
  • エンジン: AS800E型 直4 DOHC 791cc
  • 駆動方式:FR
  • 最高出力:70ps/8,000rpm
  • 最大トルク:6.7kgf·m/6,000rpm
  • 変速機:4速MT
  • サスペンション:前輪ダブルウィッシュボーン&トーションバー/後輪5リンク・コイル・リジッド
  • 全長×全幅×全高:3,335×1,400×1,215㎜

ホンダS800は、S500・S600の技術をさらに高めた最終モデルといえますね。S800は、累計販売台数11,406台となり人気モデルの1台となっただけでなく、海外進出したことでホンダの知名度を大きく上昇させました。

ホンダ N360

引用:https://www.honda.co.jp/hondafan/meisha/

ホンダN360は、今までT360やSシリーズのような量産(少量量産)タイプのモデルから本格的量産(多量量産)を目指したモデルとして開発されました。

ホンダは、前輪駆動(FF)方式を採用して、小さいモデルでも広い車室空間を確保するだけでなく、当時の軽乗用車としては突出した高出力のエンジンを搭載しました。同モデル以降「馬力戦争」となり、N360が火付け役になったといえます。高性能&低廉な価格が、ベストセラーモデルの地位にN360を押し上げました。

主要諸元など

販売期間:1967年3月から1971年6月
乗車定員:4名
エンジン:N360E型 強制空冷4ストローク2気筒SOHC 354cc
駆動方式 :FF
最高出力 :31ps/8,500rpm
最大トルク:3.0kgf·m/5,500rpm
変速機:4速MT/3速AT
サスペンション: 前輪ストラット/後輪半楕円板バネ式固定軸
全長×全幅×全高:2,995×1,295×1,345㎜

当時ほとんどのメーカーがマニュアルミッションを搭載したモデルをラインアップしていたのに対し、N360は3速オートマの設定も行われています。先の時代を見据えたミッション設定なども先見の明がありますね。

まとめ

ホンダ旧車紹介!1960年代登場のホンダT360・S800・N360をまとめると

  • 1960年代のホンダモデルは、しっかり開発された技術と新しい技術、そして発想が卓越した時代です。
  • 量産モデルから本格量産モデルまでの開発に勤しんだ年代であったと考えます。
  • 70年代に向けてホンダの基礎を確立した時代でもありますね

今回は、ホンダが4輪モデルを販売開始した1960年代のモデルをご紹介しました。これからもホンダの各年代モデルを解説できたらと思います。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事