サラリーマンが経費でメルセデスベンツ・Eクラスを買う方法【特別連載・第1回】

サラリーマンが経費でメルセデスベンツ・Eクラスを買う方法【特別連載・第1回】
     
   

サラリーマンでも経費でベンツを買える方法がある……といったら、皆さんは興味はありますか?

はじめまして。
メルセデス・ベンツのEクラスに乗っています。
Eクラスの感想や買った経緯についてお話していければと思っていますが、今回は購入に至った経緯やサラリーマンでも経費で車を買える裏技などをお話したいと思います。

筆者プロフィール
磐田 行紀(いわた ゆきのり)34歳
某IT系上場企業勤務のサラリーマン。会社にバレないように妻を社長にして会社設立。3歳の娘が1人。マンション投資と清掃代行などAirbnb関連の副業をしている。投資用のマンションはいくつか持っているが自宅は経費で家賃を落とすためあえて賃貸でマンション暮らし。ベンツは経費で購入。

ベンツを経費で買えたその理由とは?

まず、車を経費で落とす方法のみんなが持ってるであろう誤解についてお話しましょうか。
よく「ドアが4枚ある車じゃないと経費で落ちない」と聞きますよね。あれは必ずしもそうではなくスポーツカータイプの車だって1台までは大丈夫、と僕は税理士さんに言われました。
正確には、柔軟性の高い税理士さんを友人に紹介してもらいました。社長でSUVを経費で買ってる人もいるし、セダンじゃないとダメという税理士さんは契約しなければいいだけなんです。

子供がいるとスポーツカータイプの車は移動が難しいので、結局のところ僕はセダンにしてしまったのですが、もしDINKs夫婦(共働きで子供を持たない夫婦の意)のままならスポーツカーにしていましたね。
結局のところ税理士さんの知識や経験、担当したことがある会社の業種次第なので、車を経費で落としたい場合には税理士さん選びから考えた方がいいと思いますよ。

弁護士も、いわゆる「ヤメ検」の弁護士が強いと言われるように税理士さんも元国税勤務の方が何かと心強いとされていますが、年配の方だと融通が効かないケースやIT業界に理解がない人もいるので、人からの紹介よりも自分で探すことをおすすめします。その際には「スポーツカーを経費で買いたいんですが」と言って聞いてみると自分に合う税理士さんか分かりやすいと思います。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事