fbpx

ホンダミニバンといえば、ステップワゴン!歴代モデル紹介。

ホンダミニバンといえば、ステップワゴン!歴代モデル紹介。
     
   

ステップワゴンは、1996年から登場したホンダの中型ミニバンです。販売開始から約25年経過していることから、現行型を含め5世代目までモデル展開が行われています。ここでは、ステップワゴンの販売台数や各世代の特徴などをご紹介していきます。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

①初代ステップワゴン(1996年~2001年)

引用:https://www.honda.co.jp/hondafan/meisha/

初代ステップワゴンは、斬新なボンネットスタイルで登場しています。当時のミニバンは各社キャブオーバースタイルのFRレイアウトが多い中、FFレイアウトのボンネット型ミニバンのステップワゴンの人気が高まり非常に売れ行き好調であったと記憶しています。

1996年5月に販売スタートしたステップワゴンは、翌年の3月には10万台の販売数量を達成しています。これは、スクエアなデザインに広い車内空間、そして戦略的に購入しやすい価格設定にあったと予想します。

初代ステップワゴンは価格を抑えるために、コストダウンのできるところを一から練り直した結果、コストダウンだけでなく車両重量も軽量化することに成功したモデルです。

②2代目ステップワゴン(2001年~2005年)

引用:https://www.honda.co.jp/auto-archive/stepwgn/normal/

2代目ステップワゴンは、初代のディテールやコンセプトを継承しながら2001年に登場となりました。初代でユーザーに認められたコンセプトを継承しながら、パワートレインをK20Aに変更し出力をアップしたり、2.4Lモデルなども追加されています。

居住空間をより広げるために、さらなる低床化が図られコラムシフトからインパネシフトにアップデートしました。この2代目販売開始数か月でステップワゴンの累計販売台数が60万台達成となっています。

③3代目ステップワゴン(2005年~2009年)

引用:https://www.honda.co.jp/auto-archive/stepwgn/normal/

大きくディテールディテールコンセプトを変えて登場した3代目ステップワゴンは、2005年に販売開始になっています。今までのスクエアなディテールからより低床で滑らかな曲線を描くミニバンへと進化しました。

これは、ホンダ独自の低床・低重心プラットフォームを採用したことによる効果でもあります。パワートレインは、2代目モデルを継承しながら、燃費性能などを改善させて搭載しています。2008年7月には、累計販売台数が100万台を突破し、年間平均販売台数が10万台というステップワゴンの躍進が続いていることがうかがえますね。

④4代目ステップワゴン(2009年~2015年)

引用:https://www.honda.co.jp/auto-archive/stepwgn/normal/

4代目ステップワゴンは、初代に回帰しながらもアップデートしたモデルとして2009年に登場しています。これまではステップワゴンの中で展開されていたスパーダグレードが、別のラインアップとして展開されているのも特徴です。

パワートレインでは、2.4Lが廃止となりR20Aの2.0L 直列4気筒SOHC i-VTECエンジンを搭載しています。また国内で展開されていたステップワゴンが、香港、マカオ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、スリランカ、ブルネイ、イギリス、ニュージーランド、オーストラリアなどのアジア地域を中心に海外進出したことも注目ポイントです。

⑤現行型ステップワゴン(2015~)

引用:https://www.honda.co.jp/auto-archive/stepwgn/normal/

5代目となる現行型ステップワゴンは、ホンダの技術である低床プラットフォームを採用した低重心で広い車内空間が魅力です。同モデルは、ホンダで初採用となる1.5L 水冷直列4気筒ターボを搭載しています。このサイズのミニバンに1.5Lというダウンサイジングターボを採用したところも、ホンダ技術の躍進といえますね。

現行型では、ハイブリッドモデルの設定も行われています。他社よりも若干遅い登場であったことから、ホンダユーザーにとっては待望のハイブリッドモデルであるといえますね。2017年には、累計販売台数150万台を達成しています。

グレード展開の中には、ホンダモデューロが手掛けたモデューロX・ハイブリッドモデューロXの展開も行われ、スタイリッシュさと走行性能をさらに高めたモデルとなっています。

また他メーカーではあまり行われていない、テールゲートが両開きになる「わくわくゲート」も採用されています。家族で楽しく移動できる「乗り物」として、ステップワゴンは今後も進化を続けていくでしょう。

まとめ

ホンダミニバンといえば、ステップワゴン!歴代モデル紹介をまとめると

    • 初代・2代目は、スクエアで車内空間を広く設計し低価格戦略がユーザーの心をつかんでいます。
    • 3代目は、大きくディテールを変えたモデルに仕上がっています。
    • 原点回帰をしながらもニューステップワゴンとして仕上げられた4代目。
    • 現行型は、家族が使いやすいように独自の技術を盛り込み、ダウンサイジングターボ搭載やハイブリッドモデルがラインアップ。

ステップワゴンは、ホンダを代表するミニバンです。販売開始から約25年、ずっと進化を続けていることがわかります。今までのステップワゴンとこれからのステップワゴンの両方とも注目していきたいですね。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事