トヨタよりヒュンダイの方が故障しない!?韓国の自動車メーカーが意外と頑張ってた

トヨタよりヒュンダイの方が故障しない!?韓国の自動車メーカーが意外と頑張ってた
     
   

ヒュンダイアイキャッチ
Photo By Falcon® Photography

市場調査会社J.D.POWERの2014年米国自動車初期品質調査、つまり、メーカー別に新車が故障する可能性を調べた調査の結果が発表されました。
(正確には新車の車両購入後90日間に100台当たりの不具合指摘件数の調査)

日本車というと、
「壊れにくい」
というイメージがあります。ところが、この調査の結果を見る限りではなんと、韓国のヒュンダイがトヨタよりも故障しにくいという結果でした。

意外な結果となったこの調査、では詳しく見ていきましょう。

安全性調査の内容

衝突

J.D.POWERの調査は2014年型車を購入かリース契約した8万6000人以上の対象者に調査をしています。購入かリース開始後90日を経てから得られた回答を基にしています。

233の質問から構成され、2014年2月から5月にかけて実施されました。

この調査は、ユーザーが指摘した不具合情報を自動車メーカーに提供し、その原因を特定をし車の改善に役立つことを目的としています。

最近の傾向

2014年の新車の初期品質に対するクレームは平均116ポイントでした。これは1年前の113ポイントから増加しています。

クレーム増加の要因として指摘されているのが新型車です。平均128ポイントと、従来車種の新車113ポイントより大きく増えています。

「自動車メーカーは品質を落とさずに、新機能と新テクノロジーを提供しようと試みているが、一部の消費者からは新テクノロジーはわかりにくい、使いにくい、と指摘されている」
デヴィッド・サージェント(J.D.POWERのグローバル・オートモーティブ部門バイス・プレジデント)

ニュース・コラムカテゴリの最新記事