fbpx

最近よく聞く「プラグインハイブリッド」とは?ハイブリッド車との違いを解説します!

最近よく聞く「プラグインハイブリッド」とは?ハイブリッド車との違いを解説します!
     
   

最近、「プラグインハイブリッドカー」というワードをよく耳にしませんか?ハイブリッドカーの一種ということはわかっていても、詳しくは説明できないという方もいるかもしれませんね。

今回はハイブリッドカーの新たなスタンダードと成りうる、プラグインハイブリッドカーについて解説します!

「プラグインハイブリッドカー」とは?

ハイブリッドカーとは、一般的なエンジンの他に、電気モーターと大容量バッテリーによる二本立ての動力によって駆動する自動車のことを言います。

ハイブリッドという英語には、直訳で「混合物」という意味があります。まさにエンジンと電気システムによる混合物が、ハイブリッドカーというわけです。

では、プラグインという言葉には、どんな意味があるのでしょう?

それはプラグ、つまりコンセントによって電気システムの充電ができるという意味合いを持ちます。

エンジンが発電機のように大容量バッテリーの充電を担うのが、一般的なハイブリッドカー。

ですが、プラグインハイブリッドカーは、エンジンの充電に加えて充電をしっかりと行っておけば、ガソリンを一切消費することなく電気エネルギーのみでのEV走行が可能という利点があります。これは、完全な電気自動車と同様の走行が出来るということ。

最近では、これをゼロエミッション(廃棄物がゼロ)走行などと表記されていたりしますね。 

Mitsubishi Outlander P-HEV

そして、通常の電気自動車とは違い、ガソリンを満タンにしておけば、長時間かつ長距離の走行が出来るので、充電切れでヒヤヒヤする心配もありません。

電気スタンドがまだ完全に普及していない現在の日本の自動車事情を考えてみると、プラグインハイブリッドカーこそが、最高かつ最良のエコカーと言えるかもしれませんね。

次ページ 「PHV」と「PHEV」は何が違うの?

ニュース・コラムカテゴリの最新記事