記録を残せ!最新のドライブレコーダー5選を紹介

記録を残せ!最新のドライブレコーダー5選を紹介

ニュースをにぎわす「あおり運転」などによる事故の映像。それは近頃多くのユーザーが装着しているドライブレコーダーが撮影したものです。その影響力は大きく、ちまたの量販店からドライブレコーダーが売り切れるほどの大人気となっています。そこで、最新のドライブレコーダー事情と、2017年最新のおすすめドライブレコーダーを紹介いたします。

ドライブレコーダーについて改めておさらい

ドライブレコーダーは、運転の状況を収録するカメラのことを言い、車載用のビデオカメラと思えば間違いないでしょう。10年ほど前からバスやタクシーなどに取り付けられ、種に社内における防犯用という意味合いの強いものでした。

もちろん、タクシーやバスでは、交通事故発生時の記録を撮っておくことで無用なトラブルを防いだり、示談交渉や裁判の証拠として、ひいては安全運転のチェックという役目も果たしています。

そして、一般のダライバーにも広く認知されるようになり、普及も劇的に進んだのは前記のように、度重なるトラブルのニュース映像が要因となったのと同時に、各メーカーの製品の機能が向上し、価格も下がり、そして機種も多くなったことで、気軽に装着できることもあげられます。

そこで現在人気のあるドライブレコーダーの中から、おすすめの最新機種を選んでみました。

ドライブレコーダーその1:ケンウッドDRV-830 最新のケンウッドも3万円を切る時代

オープン価格(実勢価格29,800円)

11月発売のケンウッドの最新機種です。地上デジタル放送で知られるフルハイビジョンの約1.8倍の高解像度で記録するWQHD(2560×1440)を搭載するため、車のナンバープレートなど細かな部分までシッカリ記録することが出来ます。撮影時の解像度が高いほど情報量が豊富で、より細かな部分の映像の記録再生が可能。ぼんやりした文字もWQHDならクッキリ再現する、これからのドライブレコーダーの新基準です。

また、高画質の走行映像をクラス最大サイズの3型画面いっぱいに映し出して確認できます。さらに、各種操作ボタンの位置が分かりやすいGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)を採用。大画面のメリットを生かして使いやすさをさらに高めています。

そして、最大容量128GBまでのmicroSDXCカードに対応するので、最高画質WQHDモードで最長約10時間、HD(ハイビジョン)モードで約26時間の長時間録画が可能。高画質だけではなく、長時間録画も可能にします。

ドライブレコーダーその2:コムテックZDR-015 安全運転支援機能付きの高性能機

オープン価格(実勢価格29,000円)

カスタム&パーツカテゴリの最新記事