高性能車に採用されるプレミアム(ハイパフォーマンス)スポーツタイヤとは?2018年シーズン サマータイヤ代表ブランドのグリップ性能・燃費・乗り心地・価格を徹底比較!

高性能車に採用されるプレミアム(ハイパフォーマンス)スポーツタイヤとは?2018年シーズン サマータイヤ代表ブランドのグリップ性能・燃費・乗り心地・価格を徹底比較!
     
   

出典元:https://minkara.carview.co.jp/userid/2177996/car/2041301/7574404/parts.aspx

プレミアム(ハイパフォーマンス)スポーツタイヤとは?

出典元:http://car-me.jp/articles/7884

プレミアム(ハイパフォーマンス)スポーツタイヤをご存知ですか?

プレムアム(ハイパフォーマンス)スポーツタイヤは通常のタイヤと比べて、圧倒的に走行性能、運動性能が優れているスポーティなタイヤです。

動く、加速する、止まる、曲がるなどの基礎的な操作がしっかりしています。もちろん、性能相応の価格になりますが、性能は素晴らしいものです。

プレミアム(ハイパフォーマンス)スポーツタイヤの代表銘柄のグリップ性能・燃費・乗り心地・価格を徹底比較!

プレミアムスポーツタイヤはどんな性能なのか、乗り心地なのか、ネットに寄せられている情報を元に比較してみます。

購入外車などのOEMタイヤとして使用されている代表的なプレミアムスポーツタイヤを中心に紹介します。アジアンタイヤからもいくつか紹介させて頂きます。

ブリヂストン・ポテンザS001

まず紹介するブリジストン・ポテンザS001は、フェラーリ、ポルシェなどの高級外車で愛用されていたポテンザRE050の遺伝子を受け継いだモデルになっています。

ポテンザRE050と比べて、ウェット性能は変わらず、静寂性が上がったという声が多いようです。

走りの良さを感じながらも乗り心地の良いタイヤが欲しい、という方にオススメのタイヤです。

16インチ〜21インチまでのタイヤが用意されていて、31644円〜80676円という価格帯になっています。

ヨコハマ・アドバンスポーツV105

ヨコハマ・アドバンスポーツV105はメルセデスベンツ、BMW、アウディなどで使用されています。

グリップ性能はポテンザS001にも劣らず評価は良いものの、ノイズが気になる人が多いようです。

4本セットで10万円〜となっています。

ダンロップ・SPスポーツMAXX

こちらは輸入車専用のハイパフォーマンスタイヤで、ドライブの安全性を重視した作りになっています。

街乗りよりも高速走行に優れているタイヤで輸入車専用というだけはありますね。

雨や荒れた道路でも気になることなく走行出来るようです。

トーヨー・プロクセススポーツ

抵抗性能、ウェット性能のバランスが良く、偏ることのない性能がとても魅力的です。

プロセクスT1スポーツと比べて、タイヤ4本で約4キロ軽く作られており、燃費性能も向上しました。

また、トーヨータイヤは他のタイヤと比べて価格帯が低く、コストパフォーマンスに優れているタイヤといえるでしょう。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事