ENKEI(エンケイ)といえば世界でもトップシェアを誇る日本3大ホイールメーカー!PS01やRS05、RPF1など現行ラインナップを一挙大公開!

ENKEI(エンケイ)といえば世界でもトップシェアを誇る日本3大ホイールメーカー!PS01やRS05、RPF1など現行ラインナップを一挙大公開!
     
   

出典元:https://minkara.carview.co.jp

エンケイ(ENKEI)株式会社とは?

世界トップシェアの老舗

出典元:https://ja.wikipedia.org

エンケイ株式会社は静岡県浜松市に本社を置くアルミホイールメーカー。北米や中国、東南アジア諸国にも拠点を構える世界的企業です。その歴史は古く、戦後間もない1950年の創業。年間約2500万本ものアルミホイールを製造し、国内だけでなく、世界でもトップシェアを誇っています。

国内の自動車・オートバイメーカーの純正品ホイールをOEM生産している一方、マクラーレンF1チームをはじめとするモータースポーツ界にも製品を供給。アフターマーケットに向けても豊富なブランドを展開しています。

剛性と強度を増しつつ、軽量化も実現する独自のリム成形技術であるMAT PRCESSを確立するなど、技術力の高さは業界屈指。WORK(ワーク)、 RAYS(レイズ)と並ぶ、日本3大ホイールメーカーの1つに数えられています。

エンケイ・WPSフォージド(WPS FORGED)

プレミアム感が光る車種専用モデル

出典元:https://tasug.jp

WPSとは、エンケイ社内のさまざまな製造部門のエキスパートたちによるファクトリーの名称。フォージドは、高性能の鍛造削り出しアルミホイールを指します。最先端の加工技術でスポーク側面が細められ、究極の軽量化に貢献。現行ラインナップには6つのモデル名が冠されています。

マクラーレンのロードカーのためのRE130(19、20インチ)は、スーパーGTマシンの装着モデルをベースとした6ツインスポーク。ポルシェ用のGP01(19インチ)、レクサス用のJL01(20インチ)、アウディ用のGA01(20インチ)は11スポークが並ぶ緻密なデザインで、プレミアム感が光ります。

このほか、メルセデス・ベンツのSUV装着を想定したGMBX(18インチ)も用意。21インチのアルミホイールをさらに大きく見せるロングスポークデザインを採用したRS05RR FORGEDは、エレガントさが際立っています。

エンケイ・レーシングレボリューション(Racing Revolution)

伝説の「RR」

出典元:https://racersnavi.com

その名の通り、レースシーンから生まれたブランドがRR。フォージドにも採用されたRS05RRは18、20インチを設定。硬派なレーシングスピリットとドレスアップの要素を併せ持つデザインは、15本ものスポークが織り成すコンケイブ形状に表れています。

1998年に登場したNT03を4度にわたりブラッシュアップした本格スポーツのNT03RR(17、18インチ)も、12スポークのコンケイブモデル。最新技術でインナーリムの強度を増したほか、スポークとスポークを結ぶブレースリングを導入し、走行中の負荷によるアルミホイールの歪みを防御。ステアリング性能を向上させています。

GTC01RR(18インチ)もコンケイブ形状を採用し、卓越した軽量化と剛性の確保に成功。RRブランドのモデルはいずれもフロント、ミドル、リアの3フェイスタイプをラインナップしています。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事