日産・フェアレディZ(Z34)に400馬力のV6ツインターボ搭載!SEMAショー2018でプロジェクト・クラブスポーツ23を公開!

日産・フェアレディZ(Z34)に400馬力のV6ツインターボ搭載!SEMAショー2018でプロジェクト・クラブスポーツ23を公開!
     
   

出典元:https://carsmeet.jp/2018/10/31/82055/

日産・フェアレディZ(Z34)プロジェクト・クラブスポーツ23とは?

Nissan370Z-ProjectClubsport23後部イメージ

出典元:https://carsmeet.jp/2018/10/31/82055/

50周年を超えて毎年米国で開催されているSEMAショーは、特別仕様車の盛大な行事であり世界最大級の規模を誇ります。この伝統あるSEMAショー2018に、北米日産が主体となってフェアレディZ(Z34)プロジェクト・クラブスポーツ23が出品されました。

プロジェクト・クラブスポーツ23は、日本でいうところのバージョンニスモである370Zを土台として特別仕様を施されています。370Zの特別仕様は、ニスモとMA Motorsportsが共同で行いました。

北米日産が370Z(フェアレディZ)をベースにカスタム

307Zは、フェアレディZの現行品であるZ34を土台にニスモが特別仕様を施して米国で先行販売されたものです。307Zのエンジンは、VQ37VHRをニスモが調整して336馬力から355馬力まで能力を向上させました。

また、307Zの外観においても空気抵抗を見事に回避する美しい造形に仕上がります。完成度の高い2012年製のバージョンニスモですが、さらに個性的で力強い走行を実現する機種にするためにユーザー自ら307Zに特別仕様を施せる提案を行いました。

共同開発したMA Motorsportsチームとは?

プロジェクト・クラブスポーツ23で共同開発に加わったMA Motorsportsチームは、数々のレースに参戦する車の調整を行っています。MA Motorsportsチームは、レース仕様の調整の力量が高く世界中から高い評価を得ているのです。

そして今回のプロジェクト・クラブスポーツ23が実現したのは、MA Motorsportsの技術がなければ不可能であったといっても過言ではありません。今回のモンスターエンジンと変速装置の見事な仕組みの調整には感服します。この調整には相当な時間をかけたそうです。

日産・フェアレディZ(Z34)プロジェクト・クラブスポーツ23のチューニング内容

Nissan370Z-ProjectClubsport23正面のイメージ

出典元:https://carsmeet.jp/2018/10/31/82055/

日産・フェアレディZ(Z34)プロジェクト・クラブスポーツ23のチューニング内容は、たくさんのメーカーが関わり、最上の仕上がりとなっています。土台となった370Zの表情とはまたひと味違うワクワク感を覚えるのです。

最高の動力と変速装置の結びつきだけでも興奮しますが、内装や外装もたくさんのメーカーが携わっているとは感じられない仕上がりとなっています。配色もオレンジとブラックのコントラストが絶品で見た目から実力のある車という雰囲気を漂わせているのです。

まずは気になる動力部分から解説します。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事