fbpx

中古車の流通も増えてきた新型レクサス・LS(50系)!大手ブランドのカスタム・エアロパーツの発売状況をチェック!

中古車の流通も増えてきた新型レクサス・LS(50系)!大手ブランドのカスタム・エアロパーツの発売状況をチェック!
     
   

出典元:https://www.freep.com/story/money/cars/mark-phelan/2018/04/11/review-2018-ls-500-beuaty-but-its-infotainment-controls-beastlybest-looking-most-advanced-lexus-ever/501347002/

新型レクサス・LS(50系)のグレード構成は?

出典元:https://www.topspeed.com/cars/lexus/2018-lexus-ls-500-f-sport-ar176312.html

LS500とLS500h

レクサスの最上級モデルのLS。50系には”LS500”と”LS500h”があります。さて、その違いは何でしょうか。答えは”h”の有無です。”h”はhybrid(ハイブリッド)の頭文字。レクサスは北米で静音を売りにして販路を拡大していった経緯があります。

そのため、ハイブリッドモデルが導入されているのは自然な流れです。トヨタはダイハツ、日野の二社と技術協力しています。ゆくゆくはレクサスの電気自動車も視野に入れていることでしょう。LS500とLS500hはどちらも2WD(FR)とAWDが選択できます。

AWDとはいわゆる4WDのことです。ただ、四輪以外の車、例えばメルセデスベンツ「G 63 AMG 6×6」の六輪や「AVTOROSシャーマン8×8」の八輪の自動車も世界にはあります。その場合、総輪駆動を意味するAWDを使えば便利ですよね。

また、六輪駆動と八輪駆動と言い分けるのも面倒です。そこで外国では”AWD”が広く使われています。一方で、日本では例に挙げた車は一般的ではありません。今回、初めて耳にしたというドライバーもいるでしょう。

そこで四輪駆動という呼び名が知られるようになりました。アメリカ合衆国に気を使って、旧ソ連に属していたグルジアを”ジョージア”と改めたようなものです。国名を変えたところでグルジアの国境もGDPも変わりません。

パンフレットの諸元表で”AWD”の文字を見たら、すべてのタイヤが駆動するという感覚で受け止めればいいでしょう。価格面で大した差はないので、レクサスでスノボをエンジョイする可能性があるドライバーはAWDを選ぶといいでしょう。

Iパッケージ、バージョンL、エグゼクティブ

出典元:https://lofficielbaltics.com/en/lhommes/junko-itou-x-lexus-ls500-sedan

最もベーシックなタイプが”Iパッケージ”です。”バージョンL”が一つ上のランクで”エグゼクティブ”が最上級の仕様になります。Fスポーツを除けば、外観はほぼ同じです。

違いはインテリア。エグゼクティブはオーディオにリヤシートエンタテインメントシステムが搭載され、後部座席でも心地よい音色を堪能できます。さらに”マークレビンソン”リファレンス3Dサラウンドサウンドシステムによって立体感のある音色が味わえます。

他にはルーフに差異が見られます。バージョンLとエグゼクティブはウルトラスエードをルーフに採用しているため、ハイソサエティな内装に仕上がっています。ウルトラスエードは東レが開発した超極細繊維です。

天使の羽根のような触り心地だけでなく、耐久性や通気性にも優れています。少しだけレクサスをグレードアップしたい方はバージョンLにすると後悔しないでしょう。

スポーティ仕様のFスポーツ

Fスポーツは若者向けのスタイリッシュな外観です。Iパッケージにある重厚感をなくして、速さやクールを標榜としたフォルムに仕上がっています。エンジンは同等ですが、車体のデザインを変えることで空力が変化し、より加速度が増します。

タイヤは20インチのみです。Iパッケージなどは19インチが標準でオプションによって20インチに変更可能。タイヤが大きい利点には走行時の快適性アップが計れます。

ラグジュアリー感より外観や運転時の快適さを重視したいドライバーにおすすめのレクサスLSです。

関連記事:レクサス旗艦モデル、LSのスポーティグレード”F SPORT”が世界初公開

新型レクサス・LS(50系)のカスタム・エアロパーツの発売状況をチェック!

モデリスタ(MODELLISTA)Fスポーツパーツ

出典元:https://www.modellista.co.jp/product/ls/

トヨタモデリスタインターナショナルが開発したのはFスポーツパーツという名のカスタマイズ。レクサス販売店やトヨタモデリスタ店で改良が可能です。主な特徴はフロントウイングスポイラーとサイドスカートに集約されます。

この装備で標準のレクサスLSとはひと味違ったデンジャラスなフィーリングに。また、スポーツモデルに欠かせないタイヤは21インチに改造でき、ホイールも5本の鉄色のスポークがカッコよさを引き立てています。

既存のFスポーツでは大人しすぎると感じたら、モデリスタのFスポーツパーツです。

トムス(TOM’S)

エアロに定評のあるトムスからはレクサスのLS 50系向けにエアロパーツが販売されています。特にフロントスポイラーのデザインが個性的で近未来を思わせるようなフォルムです。同じレクサスLS 50系とは感じさせないインプレッションにしてくれることでしょう。

さらにフロントのエアロパーツはリアディフューザーとも一体となった設計で都会的なデザインを成しています。自動車がたびたび登場する映画「ミッションインポッシブル」シリーズに出演していても遜色ない外観です。

WALD・エグゼクティブライン/Fスポーツ エグゼクティブライン

WALDが提供するパーツはレクサスLSの良さを維持しつつ改良したデザイン。初めて愛車に改造を施すドライバーでも受け入れやすいカスタマイズでしょう。

そのフォルムは高級感をそのままにサイドスカートとバンパーに手を加えたスタイル。スマートフォンにシンプルなケースを足したようなイメージです。

エイムゲイン(AIMGAIN)・純VIP EXE/純VIPスポーツ

エイムゲインのカスタムパーツはダークな演出をしたいドライバーにぴったりです。アメコミ映画のバットマンが乗っていてもおかしくないような雰囲気にチェンジできます。

もっとも実際の映画でバットマンが運転していたのはランボルギーニのムルシエラゴですが……。第一印象で敵に圧迫感を与えることのできるフォルムです。

アーティシャン(ARTISAN)・ブラックレーベル

アーティシャンはトヨタ製品を中心にカスタムパーツを手掛けるショップです。レクサスの他、ハイラックスやランドクルーザー、カムリ、ハリアーなどのカスタムパーツも取り扱っています。レースカーのようなデザインが十八番でポルシェのカスタマイズも実践。

LS 50系のブラックレーベルも例に漏れず流線形のフロントをしています。ボディカラーによって受ける印象が大きく変わるのでレクサス LS 500のカスタマイズを予定しているのであれば、ボディカラーも含めて購入を検討するといいでしょう。

M’zスピード・エクスクルーシブゼウス Prussian Blue

出典元:https://www.mzspeed.co.jp/products/wheel/forged-design/forged-design333/

エクスクルーシブゼウスは一言で表すならば重厚感のあるカスタムパーツです。BMWやフォルクスワーゲンで知られるドイツ連邦のオートモービルのごときフォルムに改良できます。

地を這う戦車・Sタンクのような印象を抱くドライバーもいるかもしれません。好みが分かれるデザインなので、他のカスタマイズと比較してみることをおすすめします。

レクソン(LEXON)・エクスクルーシブ

2005年に神奈川県は相模原に設立されたレクソンのカスタムパーツは他社と一線を画したデザインで宇宙船のような外観に変身できます。スペインの建築家アントニオ・ガウディにも引けを取らない独創的なイメージへとレクサスLSを変貌させられるパーツショップ。

トンネルに入ったら、そのまま吸収されていきなそうな丸みを帯びた柔らかいデザインは、高速道路や都市部でも耳目を集めることでしょう。

プレミアムで角ばった高圧的なイメージのレクサスをここまで進化させることができるのはレクソンをおいて他にはないでしょう。カリフォルニアのウエストオレンジ通りにも出店し、グローバルに業務を展開しています。

元々、北米圏での高級車として売り出したレクサス。パーツショップのレクソンもトヨタに追随する形でアメリカの西海岸へと進出したのかもしれません。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事