人生初めてのキャンプで思い知らされたプロ野球のスゴさ【高森勇旗】

人生初めてのキャンプで思い知らされたプロ野球のスゴさ【高森勇旗】
     
   
シリーズ月刊高森は、元横浜ベイスターズの高森勇旗氏がここでしか読めないエピソードについて語る企画です。第6回の今回は、自身も経験した戦力外通告について、当時の心境やトライアウトに至るまでを語っていただきます。

第1回 「プロ野球選手っぽくある」ことも意外と大変。元ベイスターズ高森 勇旗が語る野球×車 秘話
第2回 「買う・乗る・語る」だけが車じゃない。高森勇旗だけが知っている助手席のエピソード
第3回 「一般人は決してプロ野球選手と焼肉に行ってはいけない」元首位打者 鈴木尚典と一晩で7500kcal食べた話
第4回 【投手野手別】こんな選手はプロでも通用する。数字や見た目にだまされない甲子園球児の伸びしろの見つけ方
第5回 野球選手ケガ多すぎw元プロ選手高森「原因は◯◯だ!」
第6回 ドラフト指名、契約、入団会見・・・4位指名の僕しか知らないドラマ【高森勇旗】
第7回 人生初めてのキャンプで思い知らされたプロ野球のスゴさ【高森勇旗】

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

さて、この連載もネタが尽きてきましたのでこっそりフェードアウトしようかと思っておりましたが、なかなかそう簡単にはいきませんでした。編集部からの直接的ではないが、しかし妙に迫力のあるプレッシャーを感じ、再開することと相成りました。そういうことで、今年もゆる~く続けていきますので、お付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします。

気がつけば!!
キャンプももう終わりそうです。
各球団、オープン戦が始まり調整もいよいよ最終段階というところでしょう。ということで今回は、キャンプに関するお話を書かせていただきます。

一生忘れない、初キャンプでの衝撃

iStock_000020206344_Small

僕の初めてのキャンプは、高校在学中の2007年2月。まだ18歳ですから、子供みたいなもんです。右も左も分からないとはまさにこのこと。まず、チームスタッフの名前が誰一人分からない。選手だけではなく、コーチや道具を用意してくださる裏方のみなさん、グラウンドによく出入りする用具メーカーの方、キャンプに激励に現れるOBの方々など、グラウンドの中にいる人が誰が誰か全く分からない。そのうえ、練習のペース配分も分からなければ、先輩方はみなさんプロですからね、野球のレベルが違いすぎる。毎日の刺激が強すぎて、それだけで疲れていました。

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事