fbpx

スピード違反の点数と反則金は高速道路と一般道でどう違う?一発免停(赤切符)となる超過速度と罰金はいくら?

スピード違反の点数と反則金は高速道路と一般道でどう違う?一発免停(赤切符)となる超過速度と罰金はいくら?
     
   

近年、様々な法律が改正され厳罰化が進んでいます。

その中でも特に厳罰化の一途をたどっているのが「道路交通法」です。飲酒運転や最近話題のあおり運転など昔では考えられないほどに厳しい罰則が次々に定められています。

自動車を運転する上で、安全運転は何よりも優先されるべき点です。しかし、ふとした気のゆるみで交通違反を犯してしまうことあります。

今回は、そんな道路交通法違反のなかでも検挙率の高い「スピード違反」について、現在の法律や罰則など詳しくご説明していきたいとおもいます。

道路交通法上のスピード違反とは?

ここでは道路交通法上でのスピード違反の定義についてご説明します。難しい法律用語もでてきますが、できるだけわかりやすくご紹介しますので、最後までお付き合いください

最高速度と法定速度

まず初めにスピード違反の根拠となる二つの速度についてです。道路交通法では次の二つの速度を別々のものとして定義しています。

「最高速度」

道路や走行する車の種類によって個別に定められた速度です。字の如く、その道路で規定の規格の車が出してもよい最高速度を示しています。

例えば、ある国道のでは「普通車は60Km/h」「大型車は50Km/h」「軽自動車は40Km/h」といった感じに、細かく規定されることがあります。もちろんバイクも法律上は車ですので、最高速度の対象となります。

道路状況や車の規格によってその速度は異なりますので、自分の運転する車がどの規格に該当するのかしっかりと把握しておく必要があります。

「法定速度」

こちらは、最高速度の規定のない道路において適応される速度で一般道では特別な場合を除いては次のようにきていされています。

  • 普通車    60Km/h
  • 原付バイク  30Km/h

この他にも条件によっては細かな規定はありますが、法定速度=60Km/hと覚えておけばOKです。

法定速度は道路標識によって最高速度が掲示されていない道路に適応されますので、掲示の無い場合であれば田舎の狭いあぜ道などでも60Km/hで走行することは法律違反とはなりません。

但し、安全かどうかは別問題ですのでくれぐれも無理な運転は控えましょう!

反則金と罰金の違い

続いては反則金と罰金の違いです。どちらもお金を払う行為自体は同じなため混同されがちですが、実際には大きな違いがあります。

反則金は交通違反の中でも比較的軽微な違反を犯したときに収めるお金です。いわゆる「青きっぷ」を切られた場合に納付するのが反則金です。反則金はそれを納付することで、違反内容についてそれ以上罪を追求されない=許してもらうために納付するお金です。

反対に罰金は重大な法律違反を犯した際に、支払いを求められるお金です。

重大な違反の場合はあくまでも罰則の一環として罰金を納付するため、刑事罰として「罰金刑」を宣告されている状況です。こちらがいわゆる「赤きっぷ」での摘発の場合です。

この場合は罰金を収める「罰金刑」に加え、免許の停止など追加の罰が要求されることがほとんどです。

運転免許の点数制度

道路交通法では運転免許と罰則の関係性を点数で管理しています。

ちょっと勘違いをされがちですが、免許に関する点数は減点方式ではなく加点方式です。つまり全く違反をしていない状態では免許に関する点数は「0点」となります。

違反の摘発の度に点数が加算され、一定の点数を超えた段階で「免許停止」や「免許の剥奪」などの罰則が科されることになります。

速度超過(スピード違反)の点数と反則金

では、速度違反で捕まってしまった場合の反則金と点数についてご説明します。

速度違反と点数の関係については、速度違反を犯した道路によっても基準が変わってきますので、それぞれのパターンに応じた反則金と点数を確認してください。

一般道路での速度超過(スピード違反)の点数と反則金

まずは一般道での速度超過による加点です。

超過した速度 点数
0~20km未満
20~25km未満
25~30km未満
30~50km未満
50km以上~ 12

50Km/h以上は一気に12点の加算となります。

続いて反則金・罰金について

速度の超過 反則金
15km未満 9000円
15~20km未満 12000円
20~25km未満 15000円
25~30km未満 18000円
30~50km未満 6~10万円。簡易裁判で罰金決定。
50km以上~

こちらは30Km/h以上から、家庭裁判所での判断となりその分厳しい内容となっています。

高速道路での速度超過(スピード違反)の点数と反則金

続いて高速道路の場合です。

超過した速度 点数
15km未満
15~20km未満
20~25km未満
25~30km未満
30~35km未満
35~40km未満
40~50km未満
50km以上~ 12

同じく、反則金は・・・

速度の超過 反則金
15km未満 9000円
15~20km未満 12000円
20~25km未満 15000円
25~30km未満 18000円
30~35km未満 25000円
35~40km未満 30000円
40~50km未満 簡易裁判で罰金決定
50km以上~

比較すると加点・罰金ともに高速道路での違反の方が厳しい内容となっているのが良く分かります。

これは高速道路がそれだけ危険な環境であるから、十分に注意するようにとの戒めでもあります。

一発免停(赤切符)となる超過速度と罰金の相場・最高額は?

それでは、取り締まりによって容赦なく免許が取り消されてしまう、いわゆる赤切符とはどのような状況で切られてしまう可能性があるのでしょうか?また、一発免停となった場合の罰金とはどの程度なのでしょうか?

ここでは、だれもが避けたい一発免停の内容や詳細についてご説明します。

前歴の有無でも異なる一発免停(赤切符)の超過速度

一発免停の場合、その速度は一般道と高速道路で違いがあります。また、対象の人物が過去に免停の経験があるかによっても細かく違いが設けられています。

 
速度については一般道の場合で30Km/hの超過、高速道路の場合で40Km/hの超過で一発免停の可能性があることになります。

高速道路ではなかなか140Km/hものスピードを出すことは少ないかもしれませんが、一般道で速度規制30Kmの場合、60Km/hで走行しただけで一発免停の可能性があることになります!

速度超過(スピード違反)の罰金の相場と最高額は?

続いては一番気になる罰金についてです。先ほどもご説明したように、高速道路・一般道ともに一定の速度を超過した場合の罰金は家庭裁判所の判断を仰ぐことになります。

一応、上限は決まっている者の過去には悪質な速度超過として多額の罰金命令が下された事例もあります。

道路交通法では速度超過の罰則を「六カ月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する」と規定していますので、一応は速度超過での罰金としては10万円が最高額となります。

しかし、最近では速度超過だけの検挙ではなく、悪質な場合は「危険運転」などの他の違反行為として検挙されることも多く、その場合の罰金は速度超過の比ではありません!

また、世界では過去に速度超過の罰金として8700万円もの支払い命令が下されたこともあります!

スピード違反の免停期間と免許取り消しになる場合は?

最後に、速度超過の末罰金を支払い更に免許停止にまで至ってしまう最悪の事態についてもご説明します。

免許の停止期間やそ基準についてもご紹介します。

数/前歴 0回 1回 2回 3回 4回以上
1          
2     停止90日 停止120日 停止150日
3     停止120日 停止150日 停止180日
4   停止60日 停止150日 取消1年(3年) 取消1年(3年)
5   停止60日 取消1年(3年) 取消1年(3年) 取消1年(3年)
6 停止30日 停止90日 取消1年(3年) 取消1年(3年) 取消1年(3年)
7 停止30日 停止90日 取消1年(3年) 取消1年(3年) 取消1年(3年)
8 停止30日 停止120日 取消1年(3年) 取消1年(3年) 取消1年(3年)
9 停止60日 停止120日 取消1年(3年) 取消1年(3年) 取消1年(3年)
10~11 停止60日 取消1年(3年) 取消1年(3年) 取消2年(4年) 取消2年(4年)
12~14 停止90日 取消1年(3年) 取消1年(3年) 取消2年(4年) 取消2年(4年)

引用元:MOBY

上の表は免許の停止(取り消し)条件と前科・加点される点数についてまとめたものです。

例えば前科のまったくないドライバーの場合、違反で加点される点数が6点未満の場合は一発免停はありません。仮にい違反によって6点の加算となった場合は30日間の免許停止処分となります。

反対に過去に4回の違反(刑事罰の対象)がある場合には6点の加点となった段階で、一発免許取り消しとなってしまいます。

 

いかがでしたか?

運転をするドライバーにとって最も身近といってもいいスピード違反ですが、最近ではその罰則はどんどん厳しさを増しています。運転をする際はくれぐれも速度を守った安全運転でお願いします!

 

関連記事:覆面パトカーの車種って何?スピード違反の取り締まりで知っておきたい4つのこと

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事