この夏、クルマとどのように過ごそうか?車種別オススメスポットもご紹介

この夏、クルマとどのように過ごそうか?車種別オススメスポットもご紹介
     
   

6月ももう終盤。いよいよ今年も本格的な夏がやってきます。今年の夏はどこへドライブしに行こうか、今から計画を立てている方も多いことでしょう。ただし、軽自動車での過ごし方とマセラティ・ギブリでの過ごし方はおそらく違うものとなるように、夏の過ごし方やドライブ先は愛車の車種よって変わります。マセラティは飛躍しすぎかも知れませんが、ミニバンや、SUVならどうでしょうか。移動の足として便利に使うのか、目的地で遊ぶ道具を運ぶのか、そして走ること自体が目的となるのか。車によって異なる夏の過ごし方を提案してみました。

PHEV(プラグインハイブリッド)の電気で贅沢キャンプ

ワゴンタイプのクルマを所有されているのなら、この夏は思い切ってご家族で天体観測デビューしてみてはいかがでしょう。

本来、天体観測にベストの季節は空気が澄んでいて日照時間の短い秋から冬にかけて。しかし、寒さに凍える中では、いくらお父さんがはりきっていてもお母さんとお子さんは車の中から出てこないのではないでしょうか。

そこで、夏休みを利用して星空を見てはいかがでしょうか。空気のきれいな山頂の天文台を訪れてもいいですし、ボーナスで望遠鏡を購入してもいいでしょう。アウトランダーのようなワゴンなら大ぶりな望遠鏡セットも積めますし、広い室内は食事や休憩にも最適です。

もちろん夜暗くなってからが本番ですから、それまでは車内で仮眠をとる必要もあります。シートがフルフラットにならないタイプでも、本格的な車中泊ではなく、足をのばして仮眠できれば十分でしょう。

おすすめ車種 三菱アウトランダーPHEV

photo by 三菱自動車工業株式会社

PHEV(プラグインハイブリッド)というとオートキャンプというイメージがありますが、実は今のキャンプ場は電源が完備していることがほとんど。特に車から電源を取る必要がありません。むしろ郊外の駐車場など、電源設備のないところで重宝するのが車体にAC100Vコンセントが備えられているPHEVなのです。アウトランダーは、シートがフルフラットにこそなりませんが、広い荷室があるので天体観測には最適です。駐車場内の移動もEV走行で静かにできて、夜空の雰囲気を壊しません。目的地直前の充電スポットや三菱ディーラーに立ち寄って、フル充電をして置きましょう。

おすすめスポット 奥多摩湖ダムサイトパーキング

 

#星景 #雲ひとつない #奥多摩湖 #奥多摩の本気を見た

Yusuke Iimuraさん(@yusuke_iimura)がシェアした投稿 –

所在地:〒198-0223 東京都西多摩郡奥多摩町原
インスタグラム:https://www.instagram.com/explore/locations/449332273/

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事