fbpx

スターダストクルージングで「日本夜景遺産」認定の景色を眺めよう!夜の筑波山までドライブ

スターダストクルージングで「日本夜景遺産」認定の景色を眺めよう!夜の筑波山までドライブ
     
   

「日本夜景遺産」に認定された、茨城県の筑波山山頂から見える夜景。関東平野を一望できる展望台からは、街に宝石が散りばめられたかのように美しい景色を眺められます。

 

今回は、そんな夜景を見るため、ドライブをしながら筑波山へ。毎年10月〜3月頃に開催されている、筑波山ロープウェイの「スターダストクルージング~夜の空中散歩~」に参加してきました。

 

ロープウェイに乗って筑波山山頂まで行き、目の前に広がっていた光景とは……⁈ 大感動のスターダストを、みなさんにもご紹介していきますね!

 

取材・文 かしみん

 

〈本記事は茨城県のホンダカーズさんにご協力いただいています〉

 

茨城県のホンダカーズは、「県民のみなさんに、すてきなドライブライフを送ってもらいたい」という思いのもとホンダ車を販売。

 

車を通して茨城県の魅力的なスポットを知ってもらいたいので、本記事でお出かけ場所を提案しています。

 

車を借りるため「ホンダカーズ茨城西 筑西横塚店」へ!

 

「スターダストクルージング~夜の空中散歩~」に参加するには、まず筑波山ロープウェイの「つつじヶ丘駅」へ。

 

「ドライブして山の景色を楽しみながら行きたいけれど、マイカーを持っていない」という私に、茨城県のホンダカーズさんが車を貸してくれました。ありがたい……!

というわけで、車を借りるために「ホンダカーズ茨城西 筑西横塚店」へやってきました。

茨城西エリアでいちばんの広さで、明るく爽やかな空間です。キッズスペースのおもちゃは定期的に入れ替わるので、何度来てもお子さんは新鮮な気持ちで楽しめます。

店内中央には、お菓子の詰め合わせのプレゼントも。フロントスタッフさんをはじめ、スタッフのみなさんはとても親切でした。

「筑波山の夜景を見に行くんですよね? それでしたら、山道も走りやすい『シャトル』がおすすめです!」と丁寧に案内してくれたのは、販売係長の岩渕幹夫さんです。

優れた実用性とスタイリッシュなデザインのステーションワゴン「シャトル」。スポーティかつ上品なデザインで、老若男女に好かれています。

 

今回借りたのは、シャトルの「HYBRID X・Honda SENSING」というタイプです。カラーはプラチナホワイト・パールで、光り輝くボディが美しい……!

 

「車内は広々としているので、快適にドライブしていただけると思います。安定感があり、山道でも運転しやすいですよ」と岩渕さん。

「楽しんでくださいね。それでは行ってらっしゃいませ!」と見送ってもらい、ドライブスタートです!

 

広々と過ごせる「シャトル」に乗って快適ドライブ!

 

「ホンダカーズ茨城西 筑西横塚店」から「筑波山 つつじヶ丘駅」までは、車で35分ほど。

 

高速道路には乗らず、国道と県道を進みます。筑波山のふもとからは「笠間つくば線」を進み、「風返し峠」の交差点まで来たら、「筑波スカイライン」へ。

 

「筑波スカイライン」からは街の景色を見下ろせて、爽快なドライブができます!

岩渕さんが言っていた通り、車内は広々としていて、ゆとりのある空間です。ゆったりとくつろげるので、リラックスしながら過ごせました。

 

急なカーブがいくつもありましたが、安定感のある走りで、快適なドライブタイムでした。

アップダウンがある道でも、伸びやかな加速のおかげで、スムーズに運転できましたよ!

後部座席を倒すと、大容量の荷室に早変わり! この日は1泊2日の予定で、大きな荷物を持っていたので、シャトルが荷物をたくさん積みこめる仕様で助かりました。

 

ロープウェイに乗って、筑波山山頂を目指す空の旅へ

 

快適な山道のドライブを楽しんでいると、あっという間に「筑波山 つつじヶ丘駅」に到着しました!

到着したのは17時前で、あたりは少しずつ暗くなり始めています。

 

今年、筑波山ロープウェイの「スターダストクルージング~夜の空中散歩~」が開催されているのは、2019年10月5日(土)~2020年3月1日(日)までの土・日・祝日。強風や濃霧、降雪といった荒天時は、ロープウェイの運行が中止になります。

 

時間は、10月~12月は、17時から21時まで。1月~3月1日は、17時から20時までです。

17時までは通常のロープウェイとして運行しています。

この日は天気に恵まれたので、無事「スターダストクルージング~夜の空中散歩~」が開催されました。チケットを買うために、まずはチケット売り場に行きます。

 

夜間(17時以降)のチケットは、大人(中学生以上)1,000円、小児(6歳以上小学生以下)無料、幼児(6歳未満)無料です。

ロープウェイは20分間隔で運行しています。夕日に染まって暮れゆく街を眺めながら、ロープウェイに乗って空の旅へ!

 

「日本夜景遺産」認定! 宝石が散りばめられたかのような、筑波山の夜景

ロープウェイに約6分間乗り、筑波山山頂の「女体山駅」に到着。ロープウェイ内では筑波山を紹介するアナウンスが流れていて、より空中散歩が楽しめました。

駅を出ると、キラキラと輝くイルミーネーションが出迎えてくれました! 絶好の写真スポットです。

 

イルミネーションをしばらく堪能したあと、「どんな景色が見られるんだろう」とワクワクしながら展望台に行ってみると……

眼下には、夕暮れのオレンジ色に包まれる、なんとも美しい光景が広がっています。街の光が輝いていて、まるで宝石が地上に散りばめられたみたい。「日本夜景遺産」に認定された理由がとても良くわかる景色です。

完全に暗くなると、さらに輝き始める街の光。筑波山のふもとにある土浦市やつくば市はもちろん、東京や埼玉、千葉といった関東平野の夜景がずっと続きます。

 

目を凝らすと「東京スカイツリー」「東京タワー」「六本木ヒルズ」「成田空港」といったスポットが見えることもあるそう。

 

冬の澄みきった空気のなかに浮かぶスターダストの夜景は、いつまでも見ていたくなるくらい素敵な景色でした。

 

期間限定! リッチな「スターダストカレー」を食す

 

美しい夜景に心奪われ、時間を忘れて眺めていたら、カラダの芯から冷え冷えに。

ということで、「レストハウス」でひと休みすることにしました。

レストハウスには、「もつ煮」「おでん」「けんちんそば・うどん」といった体が温まりそうなメニューが並んでいます。窓際の席に座れば、食事をしながら夜景を楽しめますよ。

チョイスしたのは、「スターダストクルージング~夜の空中散歩~」の開催期間中しか販売していない「スターダストカレー」。

 

まんなかのライスを筑波山に見立て、筑波山から見える夜景を表現した、黒カレーです。アスパラは「東京スカイツリー」、赤色のヤングコーンは「東京タワー」をイメージしています。

星型に抜かれたニンジンがかわいらしく、カレーには金箔がまぶされています。

 

ひと口食べてみると、カレーのスパイシーな風味が口いっぱいに広がります。スパイシーさのなかにもコクがあり、ごはんがパクパクと進む味でした!

 

美しい夜景とおいしい食事をして心もカラダも満足したので、再びロープウェイに乗って下山することに。私のスターダストクルージング、これにて終了!

 

感動の景色! 茨城県の冬の風物詩「スターダストクルージング~夜の空中散歩~」へ

 

「日本夜景遺産」に認定された、ここでしか見られない夜景を堪能できる「スターダストクルージング~夜の空中散歩~」。茨城県の、冬の風物詩です。3月1日まで開催されているので、美しい景色を見て感動したい方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、つつじヶ丘駐車場はかなり広く、普通車は388台も停められます。特に、夜の時間帯は空いているスペースが多いので、「満車だったらどうしよう」という心配をする必要がないのもうれしいポイントですね。

 

「シャトル」の安定感のある走りで、夜の山道ドライブも安心でした。

「自分の車を買ってドライブしたい」「車買い換えようと思っている」という方、ぜひお近くのホンダカーズにいらしてくださいね。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事