GWの行き先を計画中の方必見!オートキャンプに便利なクルマを大特集

GWの行き先を計画中の方必見!オートキャンプに便利なクルマを大特集
     
   

もうすぐゴールデンウイーク。今年の計画はもうお決まりでしょうか。最近はGWにアウトドアライフを楽しむ方が増えてきましたが、特に注目されているのがオートキャンプです。設備も充実したキャンプ場には、クルマで気軽に行けてそのまま乗り入れてテントを設営できるオートサイトエリアがあるのがもはや常識。豊富なキャンプグッズや遊び道具を載せて、たまの休暇には家族でキャンプを楽しむのも楽しいものです。そんなキャンピングライフに便利なクルマとはどんなタイプのものなのでしょうか? 

今回はキャンプに最適で、しかも日常の使い勝手も良い理想的な車種を選んでみました。クルマをお持ちの方は当然、持ってない方もレンタカーなどを利用して、今年のGWはオートキャンプデビューをしてみませんか?

オートキャンプ向け車種の条件

キャンプというと、大自然の中を分け入っていくイメージがあり、4WDやSUVが必需品と思われるかもしれません。しかし、実際のオートキャンプ場に行くのに、未舗装の道路を使う事は滅多にありません。もちろん、冬場にウインタースポーツを楽しむのなら4WDの方が安心ですが、それ以外の季節に家族で楽しむキャンプにはさほど重要視しなくてもいいでしょう。それよりも重要なのが荷物をたくさん積めることです。

「家族で」と条件を付けたので、お子さんを含めて4人は乗車し、かつ、かさばるキャンプ用品やバーベキューの食材、釣りなどの遊び道具を積み込む想定で考えましょう。すると車種によっては無理なこともあります。しかしながら、本格的なキャンピングカーやハイエースなどの1ボックス車を用意するのはあまり現実的とは言えません。それではどんな車がベターなのでしょうか?

キャンプ豆知識

 キャンプで最低限必要な道具をリストアップすると、テント一式(マットも用意)、タープ、ランタン、焚き火台テーブル、チェア、寝袋、クーラーボックスなどがあります。一番かさばりそうなテントですが、収納時は約30×80cm程度となので人数分の寝袋の方がめんどうになるかもしれません。大量の荷物であることには変わりないので、いかに上手くまとめるか、不必要なものは持って行かないかという判断が必要です。キャンプ上級者は意外と荷物が少ないようです。

オートキャンプ向けの車その1 ミニバン 

ホンダ・ステップワゴン

photo by 本田技研工業株式会社

ファミリーカーの定番、ミニバンはキャンプに最もふさわしい車種と言えるでしょう。3列目のシートを倒せば大きな容量のラゲッジルームが出現するので、2列目までゆったりと乗れて目的地まで快適に過ごせます。また、どうしてもテントで寝られない時は、車内をベッド代わりに出来るのもミニバンの強みと言えるでしょう。

数あるミニバンの中からホンダのステップワゴンをおすすめする理由は、まず低床のキャビンスペースであり、しかも室内長3,220mm、室内高は1,425mmもあること。そして 3列目のシートが床下に出し入れでき てフラットな床面になる「マジックシート」により、荷物が効率よく収まること等があげられます。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事