【攻略法】カーリースは審査なしで契約?落ちない条件を解説

【攻略法】カーリースは審査なしで契約?落ちない条件を解説
     
   

本記事では、カーリース契約の審査に関する悩みを解決します!

 

「カーリースの契約って、審査なしの会社はあるの?」

「今の自分だと審査に通過できるかわからない!合格の基準が知りたい!」

「もしも落ちたらどうしよう…再審査に受かるのは難しいのかな」

 

カーリース契約の審査基準には、なかなか変えられない項目もありますが、今すぐ努力次第で改善できるポイントもあります。

 

そこで、本記事では徹底したリサーチにより「審査の合格方法」について研究した当サイトが、あなたに「カーリース契約の攻略法」を伝授します!

 

最後まで読めば、契約成立の可能性が高まるだけでなく、落ちてしまった場合の対処方法もあわせて学べます

審査なしのカーリースはあるの?

審査なしのカーリースはあるの?

 

残念ながら審査なしのカーリース会社は存在しません。

 

理由は至って単純で「リース会社が利用料を払ってくれない人との契約を未然に防止したいから」です。

 

カーリース会社は、利用者が希望する新車を購入し、契約期間を設定したうえで貸し出します。

もしも利用料が支払われずに契約者から逃げられたとなれば、トータルで見ると大赤字です。

契約を破棄されるリスクを低くするために、利用者を見極めることは避けられないのです。

 

審査なしの会社を探すよりも、合格基準をしっかりと把握し、対策するほうが契約成立の近道となるでしょう。

 

カーリースの審査基準とは

カーリースの審査基準とは

カーリースの基本的な審査基準は以下の項目です。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 信用情報
  • 年齢

 

上記基準を「総合的に判断」して合否を決定しています。

各項目について順番に詳しく解説していきましょう。 

年収

カーリースの審査基準の1つとして年収があります。

 

一般的な基準は「年収200万円以上」とされています。

年収200万円を月単位で見れば月収17万弱、最低限の生活費を工面できる金額です。

しかし、あくまでも毎月の利用料や他の項目を含めて総合的に判断するため、年収のボーダーは上下すると考えましょう。

 

たとえば、年収200万円を満たさず、安定した定期収入も見込めないフリーランスや主婦が審査を受けるとします。

確かに年収自体はボーダーを超えていませんし、定期収入もありませんが「保証人の有無」や「保有資産」によって十分挽回することは可能です。

年収が高いに越したことはありませんが、合否に関しては一概に判断できません。

職業

カーリースの審査基準の1つとして職業があります。

契約者が同じ年収であっても、職業が違えば収入の「安定性」は変わるからです。

フリーランスや自営業者、非正規雇用、フリーター、アルバイトとして働いている場合、安定した定期収入を持ちづらく、評価は若干不利になります

反対に、公務員や正社員であれば多少年収が低かったとしても、安定収入を評価されるので審査は有利になるでしょう。

 

あなたが不利な職業に当てはまっているとしたら、年収や信用情報、保証人など他の項目でカバーすれば安心です。

勤続年数

カーリースの審査基準の1つとして勤続年数があります。勤続年数の長さは、契約者が将来的に稼ぎ続けられるかを判断する指標です。

同じ会社・同じ年収の会社員であっても、勤続10年目と新卒では収入の安定性に差があります。

勤続10年目の会社員は今後も仕事を辞めなさそうですが、新卒は仕事が嫌になって離職してしまうかもしれません。

勤続年数はあなたの将来性を見極める重要な項目であるため、リース契約を結ぶまでは一つの勤務先で仕事を継続しましょう。

 

信用情報

カーリースの審査基準の1つとして信用情報があります。

信用情報は「契約者が過去に契約を破棄していないか」を判断する非常に大切なポイントです。

「ブラックリスト」といった言葉を誰しも聞いたことがあるでしょう。

ブラックリストとは、信用情報機関のネットワークを意味する言葉です。

過去にクレジットカードや住宅・車のローンの利用分を滞納したり、自己破産や任意整理の経験があったりすると、事故情報としてブラックリストに登録されています。

※公共料金の滞納は、クレジットカード払いでなければ問題ありません。

 

事故情報は5年間(自己破産は10年間)の間、信用情報機関に登録されています。

残念ながら、いまさら過去の記録を抹消することはできません。

これ以上事故情報を1つでも増やさないために、現時点の滞納や支払い忘れをチェックしましょう

年齢

カーリースの審査基準の1つとして年齢があります。

年齢は他の審査基準と照らし合わせることで、契約を遂行できるかどうか見極める大切な指標です。

未成年であれば、保証人の有無が大きな基準となるでしょう。一般的に未成年は、成人と比較して収入が低いため、保証人の存在は重視されます。

また、年齢と勤続年数が比例しているのかもポイントです。年齢の割に勤続年数が短ければ、職業や勤め先を転々としているので社会的信用度は低くなります。

年齢は単体として見られるよりも、「年齢を基準として他の項目は問題ないか」と評価されると考えましょう。

カーリースの審査に必要なもの

カーリースの審査に必要なもの

いざ申し込みをする際、カーリースの審査に必要なものを紹介しましょう。

本記事では以下の項目で紹介します。

  1. 個人が必要なもの
  2. 法人が必要なもの
  3. 保証人が必要なもの(個人・法人を問わず、保証人をつけるとき)

個人が必要なもの

 

個人が申し込む場合は、日本国籍・外国籍のどちらを持つかで必要なものが若干違います。

 

【共通】必要なもの


  • 契約書
  • 住民票
  • 運転免許証
  • 銀行印
  • 車庫証明書
  • 口座番号が確認できるもの(通帳やキャッシュカードなど)
  • その他リース会社に指定されたもの

【国籍別】必要なもの

日本国籍

外国籍


  • 印鑑証明書

  • 在留カード(外国人登録証明書)

 

法人が必要なもの

 

法人が申し込むときに必要なものは下記のとおりです。

 

法人が必要なもの


  • 契約書
  • 車庫証明書
  • 法人実印の印鑑証明書
  • 法人実印(届出済みのもの)
  • 法人名義の銀行口座番号が確認できるもの(キャッシュカード、通帳など)
  • 代表者の認印
  • その他リース会社に指定されたもの

 

保証人が必要なもの

 

個人・法人を問わず保証人を付ける場合は、下記の中から身分証明書を1つ用意してもらいましょう。

 

保証人が用意する身分確認証明書の例

  1. 運転免許証
  2. マイナンバーカード
  3. パスポート

 

カーリースの審査に落ちる人7つの特徴

カーリースの審査に落ちる人7つの特徴

カーリースの審査に落ちる人には、下記に示すような共通した特徴があります。

 

  1. 収入が不安定または年収が低い人
  2. 過去に支払いが遅れてブラックリストに載っている人
  3. クレジットカードや住宅ローンなど他の審査に落ちた人
  4. 連帯保証人がいなくて保証会社と契約する人
  5. 審査報告書に虚偽内容を記載した人
  6. スマホや携帯電話を複数台ローン契約している人
  7. 自己破産をした経験がある人

 

上記の特徴7つについて、順番に解説します。

収入が不安定または年収が低い人

収入が不安定だったり、年収が低かったりする人は、審査に落ちやすい傾向があります。

カーリース会社からしたら「この契約者、利用料をいつか払えなくなりそう…」と感じます。

収入が不安定な場合、突然収入がゼロになって支払いを滞納するかもしれません。

年収が低い場合、大きな出費があったとき、利用料が未払いになるかもしれません。

 

客観的に見て収入額が少ないと感じる人は、無理せず余裕を持って支払える車種やプランを選びましょう。

「一時期収入がゼロになったとしても、月々の利用料は大したことないし、今までの貯金を取りくずせば大丈夫そう」と相手に思わせればいいわけです。

 

過去に支払いが遅れてブラックリストに載っている人

過去に支払いが遅れてブラックリストに載っている人は、審査に落ちる人間の代表格です。

カーリース会社からしたら、過去に契約を破った人の言葉を信じられないのは当然です。

今はどんなに収入があろうと、いずれまた過去のように契約を破棄するかもしれない、そう思われるでしょう。

ただしリース会社によっては、他の審査基準を満たしていれば通過できるケースもあるので、簡単に諦めることはありません。

名義を家族にしたり、保証人を付けたりなど十分過ぎるくらいに対策を実施しましょう。

今以上に心象を悪くしないためにも、申し込み時にあらかじめ過去の事故情報について相談する選択は悪くないでしょう。

クレジットカードや住宅ローンなど他の審査に落ちた人

過去にクレジットカードや住宅ローンの審査に落ちた人は、カーリース契約も落ちてしまう恐れがあります。

審査に落ちるのは、あなたを信用できないと相手の会社が判断した「何かしらの原因」があったからです。

そのため、カーリース会社も「契約を結ぶのは危険かもしれない」と疑いを持ち、厳しい目であなたを評価します。

もしかしたら過去に、うっかり忘れていた何かしらの滞納金や未払金の踏み倒しがあるかもしれません。

ほかの審査に落ちた経験がある人は、その原因を解消してから申し込みをするべきでしょう。

連帯保証人がいなくて保証会社と契約する人

連帯保証人が立てられず保証会社と契約する人は、落ちる可能性が高まります。

ほかの審査基準を満たしていれば、そこまで神経質になる必要はありません。

しかし、ボーダー付近だったときに連帯保証人の有無が重視されるでしょう。

世間的にも、保証会社よりも連帯保証人のほうが信頼度が高いと評価されます。

また、リース会社によっては連帯保証人を「親族」に限定するケースさえあるのです。

総合的に判断して審査をパスする自信がなければ、できるだけ親族に連帯保証人になってくれるよう依頼しましょう。

審査報告書に虚偽内容を記載した人

審査報告書(契約書)に虚偽の内容を記載した人は、落とされても文句を言えません。

当たり前ですが、契約を持ちかける立場にもかかわらず、嘘を付く人間の信頼度は皆無です。

とくに、重要な審査基準である年収や職業、勤め先をごまかす虚偽内容は危険極まりないでしょう。

発覚した場合、相手の印象を著しく下げるどころか、最悪のケースとして今後の申し込みを拒否されてしまいます。

リース会社は契約者の給料明細や勤務先の在籍確認を利用し、記載情報の裏付けを取るのは非常に簡単です。

どんなに自信がなくても、契約書に虚偽内容を記載するのは絶対に辞めましょう。

また、書き間違えによる虚偽内容でも相手から誤解を招く恐れがあるため、記載した後は2,3回チェックしましょう。

スマホや携帯電話を複数台ローン契約している人

スマホや携帯電話を複数台ローン契約している人は、審査に不利な点を背負っています。

ローン契約の数だけ人は「負債=借金」を抱えているわけです。

カーリース会社にとって、借金が多い人は支払いを延滞する危険性を感じるため、あなたを評価する目は厳しくなります。

月収に対してローンの支払金額が高い割合を占めている場合は、年収をより重視して評価されると覚悟しましょう。

スマホに限らずローン契約が多い人は、この機会に見直して整理するべきです。

満額が低いローンは思い切って一括で支払い、契約数を減らせば審査を有利に運べます。

自己破産をした経験がある人

自己破産をした経験がある人は、高確率で審査に落ちる傾向があります。過去に個人的な経済事情で「契約を破棄」した事実は、大きな障壁となります。

リース会社からしたら、他の会社と同じように自社の契約を破棄されることは避けなければいけません。

自己破産の事実は5〜10年のあいだ記録に残り、カーリース契約に悪影響を及ぼします。

該当する人は家族名義に変更したり、その他の審査基準で最高得点を目指すなど、必要以上に対策するべきでしょう。

カーリースの審査を通過する3つのポイント

カーリースの審査を通過する3つのポイント

自分の信用情報を確認する

審査を通過するために、自分の信用情報を確認しましょう。

過去、税金やローンの未払いに覚えが無かったとしても、実はうっかり忘れて滞納や遅延していたパターンの人もいます。

信用情報機関に事故情報があれば、カーリースに限らずローンの契約は非常に厳しい状況です。

少しでも心当たりや心配事があれば、CICやJICCといった信用情報機関に情報開示を問い合わせるべきです。

事故情報の記録は5年間消えませんが、現時点での滞納や遅延をなくすことで将来の自分を助けられるでしょう。

また、あらかじめ自分の審査でつまずくポイントがわかっていれば、利用料を低めに設定して対策もできます。

 

審査申し込み時の利用料を低くする

申し込み時のリース利用料を低くすれば、一時的に審査を通過しやすくできます。

利用料が低ければ低いほど、求められる収入や安定性などのボーダーは下がります。

そのため、現時点で自分が乗りたい車や希望するプランではなくても、一度契約を経験する方法がおすすめです。

確かに契約当初は好きな車に乗れませんが、2度目に申し込むときは「既に契約を終えて信用度がたまっている」ので、再審査に通過しやすくなります。

車の好みは年齢や生活環境によっても変化することもあり、案外1度目に申し込んだ車が気に入ってしまうパターンもあるでしょう。

確実に契約できるような「スベリ止め」の車やプランに申し込むのも選択肢の1つです。

クレジットカードや携帯料金、税金などの各種料金未払いをなくす

クレジットカードや携帯料金、税金などの各種料金未払いをなくすことで、最低限の審査基準をクリアできます。

事故情報としてブラックリストへ登録される前に、今すぐ未払い料金は支払いましょう。

分割ローンはひとつひとつが少額でも、気づいたら複数個契約してその合計が生活を逼迫するくらいの多額に陥ってるケースもあります。

契約しているローンをリストアップし、未払い料金は一目散に片付けつつ、余裕があったら他のローンも一括で支払い終わりましょう。

ちなみに毎月の登録料(購読料)が発生するサブスクライブも出費が重なる原因です。

※サブスクライブの例:Amazonプライム、YouTubeプレミアム、NETFLIXなど

審査では毎月の収入に対する出費額もチェックされます。

サブスクライブを見直して月々の支出を減らす作戦も検討しましょう。

カーリースの審査に落ちた場合の対処法

カーリースの審査に落ちた場合の対処法

落ちた理由を確認して改善

第一に、自分が審査に落ちた理由を確認して現状の問題を解決しましょう。

カーリース会社は客を好き嫌いで選ぶ意味はありません。そのため、必ずあなたに落ちてしまう原因があります。

契約を拒否される原因を取り除けば、リース会社はあなたと契約してくれるでしょう。

考えられる原因はさまざまです。勤続年数が短すぎたり、自己破産してから10年経過していなかったり、利用料に対して収入が低かったりなど、原因はいくらでも挙げられます。

あなたに当てはまる原因を突き止め、現状を改善したうえで再審査に申し込みましょう。なお、落ちた理由に心当たりがなければリース会社に直接質問してみるのも一手です。

回答してくれるかは会社次第ですが、原因を確実に発見できるため再審査時の障壁を排除できるでしょう。

カーリース会社の提案を受ける

落ちたときの裏技として、カーリース会社からプランの提案を受ける方法があります。

リース会社から新たなプランを提案してきた場合、信用情報や保証人・保証会社などの審査基準は問題なく、単に利用料を高く設定しすぎたのが原因でしょう。

そこで提案どおり車のグレードを落としたり、年式の古いものを選んだりして格安のプランを選択できれば、二度目の審査はたやすく通過できるでしょう。

相手側から提案してこない場合は、あなたから「どういったプランなら審査に通過できますか」と恥ずかしがらずに質問するべきです。

一度審査に落とされたからといってリース会社を恨んだりせず、あくまでも低姿勢に質問すれば相手も力になってくれるでしょう。

カーリース会社を変更

カーリース会社を変更することで、次の審査はあっさりと通過した、なんてことは珍しくありません。

審査機関には「信販会社」と「自社」の2通りがあります。大手リース会社のサービス内容は素晴らしいですが、その分信販会社の審査が厳しいことで有名です。

その点、リース会社の自社審査は信販会社と比べて基準が甘い傾向があります。特段落ちた原因を改善しなくても、リース会社を変更するだけであっさり契約成立は十分あり得るでしょう。

ただし、どちらも同じ信販会社の審査機関を使っていないか、注意が必要です。

審査機関が同じであれば、原因を解消しない限り結果も当然変わりません。

また、リース会社によってサービス内容や金利の高さ、申し込める車の種類・グレードも異なるため選ぶときは気を付けましょう。

まとめ

まとめ

本記事では「カーリースの審査」について徹底的に解説しました。

大切なポイントをおさらいしましょう。

  1. カーリース契約では、審査なしの会社は存在しないため、評価基準や内容をあらかじめ調べておくこと
  2. 審査に落ちる人の共通した特徴に当てはまらないように対策し、合格できるポイントをおさえることが契約成立の近道
  3. 一度落ちたとしてもあきらめず、落ちた理由を改善したり対処方法を実行したりすれば再審査は問題なく通過できる

カーリースの審査結果は、自分の行動しだいで合格にも不合格にも繋がります。

まずは、審査を有利に進められるように月々の支出を見直したり、未払い料金を確実に解消したりなど身近な家計から改善していきましょう。

 

カーリース・車買取カテゴリの最新記事