2017年上半期新車販売ランキング発表、王者プリウスを抑えたのはN-BOX!

2017年上半期新車販売ランキング発表、王者プリウスを抑えたのはN-BOX!
     
   

自販連(日本自動車販売協会連合会)と軽自協(全国軽自動車協会連合会)は6日、6月度の新車販売台数ならびに2017年1~6月期の新車販売台数ランキングを発表しました。それによると、6月度はトヨタのプリウスが1万7946台、ホンダのN-BOXが1万7654台となり、プリウスが僅かな差で登録車と軽自動車を含めた全体のトップとなっています。

また、2017年1~6月期ではN-BOXがプリウスに1万5千台あまりの差を付けてトップとなり、以下ノート、タントという順位となっています。上位の常連だったアクアは8位に沈み、ホンダのフィットはベスト10圏外に消えています。

毎月発表されるこの新車販売台数ランキングは、順位以外にも注目すべき数字が表れており、下位にも注目すべき車種や、販売台数が減った原因や増えた要因が見えてくる貴重な資料です。

それでは登録乗用車と軽自動車それぞれの販売状況を読み解いてみましょう。


2017年6月度新車販売台数ランキング

順位 車名 メーカー 当月台数 前月台数 前年比
1 プリウス トヨタ 17,946 15,092 62.3
2 N-BOX ホンダ 17,654 13,118 113.0
3 C-HR トヨタ 14,318 12,872  
4 ミラ ダイハツ 12,475 10,562 183.4
5 ヴィッツ トヨタ 11,743 6,383 180.1
6 ムーヴ ダイハツ 11,699 10,448 178.8
7 ノート 日産 11,601 9,992 145.8
8 アクア トヨタ 11,453 7,551 76.1
9 タント ダイハツ 11,342 9,868 91.9
10 デイズ 日産 10,937 10,198  

2017年上半期(1~6月)新車販売台数ランキング

順位 車名 メーカー 本年累計 前年累計 前年累計比
1 N-BOX ホンダ 106,231 95,991 110.7
2 プリウス トヨタ 91,246 142,562 64.0
3 ノート 日産 84,211 51,575 163.3
4 タント ダイハツ 80,607 89,361 90.2
5 C-HR トヨタ 79,303    
6 デイズ 日産 76,707 51,370 149.3
7 ムーヴ ダイハツ 72,167 41,487 174.0
8 アクア トヨタ 64,168 89,409 71.8
9 フリード ホンダ 61,057 18,190 335.7
10 スペーシア スズキ 57,763 42,181 136.9

(1)登録乗用車

2017年6月度登録乗用車販売台数ランキング

順位 車名 メーカー 当月台数 前月台数 前年比
1 プリウス トヨタ 17,946 15,092 62.3
2 C-HR トヨタ 14,318 12,872  
3 ヴィッツ トヨタ 11,743 6,383 180.1 
4 ノート 日産 11,601 9,992 145.8 
5 アクア トヨタ 11,453 7,551 76.1 
6 シエンタ トヨタ 9,646 5,966 88.1
7 フリード ホンダ 9,151 8,626 377.5
8 フィット ホンダ 8,738 4,924 87.9
9 インプレッサ スバル 8,480 5,678 290.0
10 カローラ トヨタ 7,727 5,373 103.2 

2017年上半期(1~6月)累計台数

順位 車名 メーカー 本年累計 前年累計 前年累計比
1 プリウス トヨタ 91,246 142,562 64.0 
2 ノート 日産 84,211 51,575 163.3
3 C-HR トヨタ 79,303    
4 アクア トヨタ 64,168 89,409 71.8 
5 フリード ホンダ 61,057 18,190 335.7 
6 セレナ 日産 54,344 35,216 154.3
7 シエンタ トヨタ 54,005 61,054 88.5
8 ヴィッツ トヨタ 51,617 36,771 140.4
9 フィット ホンダ 46,171 58,672 78.7
10 ヴォクシー トヨタ 43,448 44,377 97.9

1.トヨタの憂鬱と戦略プリウスの場合

photo by トヨタ自動車株式会社

6月度の販売台数ではトップとなったプリウスですが、注目するのは前年比です。前年の6月と比べて何と38%あまりも台数を落としているのです。それでもトップになったのは、前年の6月といえば現行モデルがフルモデルチェンジされ新車効果もあって大ヒットを続けていた、その時の販売台数が大きかったからです。

もちろん、発売から1年半経てば新車効果も薄れて販売台数も落ち着くのが普通ですが、あまりにも大きな落ち込みは歴代プリウスの中でも異常事態といえます。しかも1~6月の累計も前年比で36%も落としていることから分かるように、6月単月のことではないのです。

原因はプリウスそのものの魅力のなさ。もう低燃費だけでは売れないという事実が、旧型からの乗り換え需要が一段落した2016年後半から新規ユーザーが取り込めないことにつながったようです。そして、「プリウス」と共通のパワーユニットを持つ「C-HR」の登場でかなりの潜在ユーザーが、スタイリッシュなSUVに流れたことが決定打となりました。2月に加わったPHVによって多少は改善されましたが焼け石に水状態のようです。

その「C-HR」は4月にSUVながら「プリウス」を抜いてトップになるなど絶好調。しかし、「C-HR」の台数をプリウスに加えれば記録的な大ヒット車種となることから、トヨタとしてはユーザーの選択肢をうまく捉えたともいえますが。

2.トヨタの憂鬱と戦略アクアの場合

photo by トヨタ自動車株式会社

ニュース・コラムカテゴリの最新記事