これから流行りそう?なボディーカラーのクルマ5選

これから流行りそう?なボディーカラーのクルマ5選
     
   

ホンダ・ヴェゼルに、目にも鮮やかな専用色のイエローをまとった特別仕様車が発売されましたが、夏ということもあってこのような艶やかな色合いのボディーカラーがひときわ目立つようになりました。かつて、ボディーカラーの人気でヒットした車もあったくらい、ボディーカラー次第でその車のイメージが変わるほど重要なポイントなのです。

そこで今回は、思わずドライブが楽しくなりそうな、目立つボディーカラーを設定したクルマをご紹介します。

第五位 ダイハツ・ムーブキャンバス

ストライプス・スムースグレー・マイカメタリック×ファイアークォーツ・レッドメタリック

派手な色合いが良く似合う軽自動車の中でも、女性をターゲットにした車種には奇抜なボディーカラーが多くあります。それもなぜか”カワイイ”、”オシャレ”とされて多くの人気を集めるのも軽自動車ならでは。

ムーブキャンバスはそのエクステリア自体が小動物のような不思議なデザインですが、スタンダードな9色のモノトーンカラー以外に、ボディーサイドに太い帯状のツートンカラーをあしらった”ストライプス”というメーカーオプションのボディーカラーがあり、バスに見立てたデザインならではの個性を引き立たせています。

注目するのは、スムースグレー・マイカメタリック×ファイアークォーツ・レッドメタリックというコンビネーション。派手ではなく、むしろ地味な色合いで、華やかな印象のムーブキャンバスがこのカラーになると急に落ち着いたイメージになるのです。若い人にはピンと来ないかもしれませんが、年配の女性ドライバーにはこの色を見せたらムーブキャンバスを買ってくれそうな気がします。

若者、女性、子育てファミリーとターゲットを絞ることも多い国産車ですが、これから増える高齢者にターゲットを絞ったカラー展開があってもいいのかもしれません。

第四位 SUBARU・XV

クリスタルブラック・シリカ

XVのボディーーカラーと言えば、CMなどでお馴染みのメインカラーであるクウォーツブルー・パールが定番。そのアグレシップなイメージと良く似合っています。実際に見かけるXVもほとんどがこのカラーで、ボルボっぽいという理由もあるようです。もうひとつは旧モデルでメインカラーだったサンシャインオレンジですが、新鮮味がなく面白くありません。

そこであえて選びたいのがクリスタルブラック・シリカです。この漆黒のボディーカラーのXVはまず見かけることがありませんが、似合って入るけれどもファミリーイメージイメージが強い、クウォーツブルー・パールやクウォーツブルー・パールと比べて、大人のクロスオーバーというイメージがあるお勧めカラーです。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事