事故車買い取りの査定方法と、買い取りの相場金額は?

事故車買い取りの査定方法と、買い取りの相場金額は?
     
   

事故車の定義と基準とは

単純に事故車と言ってしまうと「過去になんらかの事故を起こしたクルマ」と考えがちですが、自動車査定における事故車の定義は若干異なります。

現在一般に流通しているモノコックボディのクルマでの査定における「事故車および事故歴」というのは「骨格およびフレーム部に損傷があるもの」となっています。ドアなど交換可能なパーツが損傷を受けてもそれは事故車にはなりません。「落下物でルーフ(屋根)が大きく凹んだ」「過去に火災や重度の水没がある」といった場合は事故車となります。

似たような言葉として日本自動車査定協会(JAAI)が定義している「修復歴」というのがあります。これは上記の事故車に対して適切な交換・修理作業を行ったことを意味しており、いわゆるフレーム修正などがこれに該当します。なお、ここでの「適切な交換・修理作業」とはミリ単位での作業が完璧に行われていることをいいます。

変わった例としては「社外製の後付サンルーフ」のケースがあります。既存のルーフに穴を開ける訳ですから、重大な損傷事由となり修復歴と見なされます。もちろんその仕上がりの良し悪しも査定対象となります。

事故車の買い取り査定の方法

中古車の査定ができる業者は、原則から言えば古物商許可を持っていることが前提条件です。また、国家資格ではないので必ずしも取得の義務があるわけではありませんが、JAAIが実施している「中古車査定士」の有資格者がいる業者はより信頼がおけると言えるでしょう。もちろん業者によっては、査定して買い取った後の利益を得られるだけの販売ルートや方法の有無に違いがあります。具体的な例としては海外輸出や部品取りをしてパーツとして販売するような場合が考えられます。これらの違いが査定額に反映されます。

査定をする前に気をつけておきたい事としては、「車検証に記載された所有者の項目が自分自身であり、正しく記載されているか」です。そもそも所有者でなければクルマの売買や処分する権利を有していませんので買い取ってもらえません。この場合は名義変更の手続きが必要となります。

またその査定してもらうクルマに「修復歴」があると知っている場合には、その事を告知する義務があります。多くの場合において売買契約内の査定時の規定として明記されていますし、日本の民法においても「民法第1条2項 権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない」という信義誠実の原則という考えがあります。簡単に言えば相手の信頼を裏切るような行いはしてはいけないということです。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事