【車のトラブル対処方法】バッテリーが上がってしまった!バッテリー上がりした際のジャンピングなどの対処方法や防止方法は?

【車のトラブル対処方法】バッテリーが上がってしまった!バッテリー上がりした際のジャンピングなどの対処方法や防止方法は?

出典元:http://brownmotorworks.com/

車を運転するのであれば誰もが知っておかなければいけないのが、バッテリー上がりについてとその対処ではないでしょうか

教習所に通ってもあまり教えてもらえないことがいくつかあります。

ガソリンの入れ方や今回のバッテリー上がりも教えてもらえないことだと一つだと思います。

 

運転技術だけでなく、車のメカニック的な知識もある程度付けておかないと危険ですし、他人に迷惑をかける恐れがあります。

教習所によっては細かく教えてもらえるところもあるようですが、例外無く教えるべきだと筆者は思っています。

 

頻繁に起こることではないですが、この機会にバッテリーについての知識を身に付けておきましょう。

 

 

 

バッテリー上がりの原因は?

出典元:https://www.amon.co.jp/diy/index.php?mode=contents&diy_id=19

バッテリー上がりの主な原因は、ライト、室内灯の消し忘れ、エアコンの使いすぎなどです。

車が走行している間はバッテリーの充電が行われますが、エンジンを切っているのにライトを付けっ放しにしておくと、その間ずっとバッテリーを消費することになります。非常に勿体無いです。

簡単なことではありますが、小さな積み重ねがバッテリー上がりを起こす大きな割合を占めています。免許を取り立ての方は忘れがちなので特に気を付けておきましょう。

 

 

上がりやすい運転

バッテリー上がりを起こし易い運転があります。それは、車を使った短距離の移動です。

バッテリーを最も消費するのがエンジンをかけるという動作です。運転している間はバッテリーを充電していますが、少しの距離しか乗らないのであればとても勿体無いです。

短距離の移動であれば車の使用を控えたり、たまには遠出するのが良いでしょう。短距離の移動を避けることで車も使用者も健康でいられますよ。

 

 

バッテリー自体の劣化

バッテリー上がりの原因は、バッテリー自体の劣化も考えられます

短距離の移動ではなくても、車の使用頻度が多く、電気を沢山使用しているとバッテリーが劣化するのは早くなります。

携帯電話の充電も段々減りが早くなっていくと思います。それと同じ原理です。

バッテリーが劣化すると充電が十分に行われなくなり、バッテリー上がりが起こりやすくなるので、早めの交換を心がけましょう。

 

 

オルタネーターなどの電気系統のトラブル

オルタネーターは発電機のことです。オルタネーターが故障すると発電が出来なくなります。

つまりエンジンをかけることが出来なくなります。

バッテリー上がりと勘違いする人も多いですが別物なので、バッテリーを新品に交換してもそのバッテリー容量を使い果たすとエンジンがかからなくなってしまいます。

オルタネーターの調子が悪いと、オーディオやナビの接続も悪くなります。

おかしいと思ったら整備工場で見てもらうことをオススメします

carteacher

ニュース・コラムカテゴリの最新記事