スーパーカーの上に開くドアは全てガルウィングドアではない?普通の車にもガルウィングドアは取り付け可能?

スーパーカーの上に開くドアは全てガルウィングドアではない?普通の車にもガルウィングドアは取り付け可能?
     
   

出典元:https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/aventador/aventador-s

ガルウィングドアはじめポップアップ式ドアの種類と名称の違い

300SLが採用した元祖ガルウィングドア

出典元:https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/classic/history/interview-with-magnus-walker/

ガルウイングとは、カモメの翼のこと。ドアを開けた姿がカモメが翼を広げて飛ぶ姿に似ていることからこの名称が付けられたようです。

最初に搭載されたのは1954年に発表されたメルセデスベンツ・300SL。この車は現在のメルセデスベンツ・SLシリーズの初代にあたりますが、ガソリン直噴エンジンを世界で初めて搭載した2シータークーペでもあります。

ドアの仕組みはルーフにヒンジを設置して上方向に持ち上げる跳ね上げ式。これはデザイン面から採用されたわけではなく、300SLのようなスポーツカーの場合、車体の設計上どうしてもサイドシルが高くなることが避けられず、やむを得なく開発されたという経緯があるようです。

しかしその斬新な姿は多くの人の印象に残り、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで有名になったデロリアンやパガーニのウアイラなどにも使用され、ポップアップドアの代名詞のようになっています。

ルーフやドアにかかる負担は大きく、現在この元祖ガルウィングを新たに採用するモデルはそれほど多くありません。

ガルウィングの特殊形、ファルコンウィングドア

出典元:https://www.tesla.com/jp/modelx

ガルウィングをさらに進化させたといえるのが、ファルコンウイングドアでしょう。採用されているのはテスラのモデルX。車業界の最先端を行くテスラらしい仕組みを持っています。

ドアの中央部分にヒンジが設置され、途中で折れ曲がるようになっているので角度を自由に調節できるという利点があります。そのため開閉に広いスペースが必要なく、わずか30㎝の隙間さえあればドアの開閉が可能という優れもの。

しかも開口部が広いので、後部座席の乗り降りやチャイルドシートに子供を座らせる場合なども非常にスムーズです。

雨の時も傘代わりになり、濡れなくて済むという画期的な仕様です。さすがはテスラ、といったところですね。最もテスラの創業者、イーロン・マスクにこのアイデアを聞かされたエンジニアはまず「無理」と思ったとか。

でも実現してしまうのですから凄いですね。

ランボルギーニといえばシザードア(シザースドア)

出典元:https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/aventador

ポップアップ式ドアで真っ先に思い出すのがこのランボルギーニなのではないでしょうか。ランボルギーニのドアをガルウィングと思っている方も少なくないといいます。

でも実がランボルギーニが採用しているのはガルウィングではなく、シザードアと呼ばれるタイプのもの。

シザーとは英語で”はさみ”のこと。ドアの前方にヒンジがあり、まるではさみのように縦に開くのでこう呼ばれているようです。

このドアを搭載して1974年にデビューした名車・カウンタックのイメージが強く残っている方もいるのではないでしょうか。カウンタックは当時のスーパーカーの代表車種であり、日本でも大人気を博したモデルです。

ランボルギーニ史上最も生産台数が多く、1990年の生産終了後20年近くたった2018年現在においても中古車市場ではかなりの高値で取引されています。

ちょっと意外ですがランボルギーニといえばすべてこのシザードアが採用されているかといえばそうではなく、通常のドアの車もあるんですよ。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事