登場から11年たつトヨタ・ランドクルーザー200のモデルチェンジは?40、60、80、100などランクルやプラドの歴代モデルを徹底解説!【後編】

登場から11年たつトヨタ・ランドクルーザー200のモデルチェンジは?40、60、80、100などランクルやプラドの歴代モデルを徹底解説!【後編】
     
   

出典元:https://toyota.jp

前回はトヨタ・ランドクルーザーがこの世に誕生してから現在に至るまでの軌跡を簡単に紹介しました。

登場から11年たつトヨタ・ランドクルーザー200のモデルチェンジは?40、60、80、100などランクルやプラドの歴代モデルを徹底解説!【前編】

今回は、そのランクルから派生したモデルをいくつか紹介してみたいと思います。そして最後に現行のランクル200系プラド150系フルモデルチェンジはいつなのか?どのような車にチェンジされるのか?などを考えてみました。

ランドクルーザー・プラドの歴代モデル

出典元:https://toyota.jp

「ランクルは魅力ある車種だけど、もう少し小さい車が欲しい」という人も多いのではないでしょうか?確かにランクルは海外、特にアメリカオーストラリアなどの日本とは全く違うドデカイ国での販路を拡大してきた実績があります。

よって、我が国において「走るのはちょっとでかいかな~?」と感じるドライバーがいてもおかしくないでしょう。そんな人たちの希望に応えるがごとく、ランドクルーザー・プラドが発売されました。

70系からライトデューティーな「ランドクルーザー・ワゴン」が登場

出典元:https://www.flexnet.co.jp

1984年ランクル70系ライトデューティー車としてランドクルーザー・ワゴンが発表されました。ベースとなった70系ランクルに比べ、エンジンも排気量2.4Lと半分近いサイズになりました。

リーズナブルで軽量なランクルは各国で支持を得て、1985年、ついに日本でも発売されることになります。ここにプラドの原型となるランドクルーザー・ワゴンが誕生したのです。なお、この時点ではまだ「プラド」とは名乗られていません。

【初代プラド】ランクル70のライトデューティー系ワゴンから独立!「プラド」誕生!

出典元:https://ja.wikipedia.org

1990年、70系のランクル・ワゴンに「ランドクルーザー・プラド」の名前が与えられます。「プラド」の名前が付けられた最初のモデルの登場です。デザインも一新され、特にヘッドライトは丸型から角型になったためイメージは今までとガラリと変わりました。

2ドアの「71プラド」と4ドアの「78プラド」の2種類が存在し、主流は4ドアの78となって「ナナハチ」の相性で親しまれることになります。なお、国内仕様はディーゼル車のみです。

【2代目プラド】打倒パジェロ!90系プラドで宣戦布告?

出典元:https://ja.wikipedia.org

1996年に70系プラドの後継として登場したのがこの90系プラドです。2ドアは「90プラド」、4ドアは「95プラド」と呼ばれ、数字こそ違いますが、70系と同じようにわかりやすく分類されました。

ベストセラーの三菱のパジェロに対抗して開発されたためか、外観がパジェロに告知しており、ここに関しては当初はかなり批判を受けたようです。ただし、結果的には大ヒットに繋がり「打倒パジェロ!」の部分に関しては間違いなく成功したといって良いでしょう。

【3代目プラド】ヨーロッパをターゲットとした120系プラド

出典元:https://www.suv-land.jp

2002年に、90系からのフルモデルチェンジをする形で発売されたのがこの120系です。90系と同じくガソリン車ディーゼル車が売り出された120系は、多様化された先進技術も余すところなく投入され、高級車としての地盤をより定着させました。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事