一冊72万円のフェラーリのアーカイブ本『フェラーリ』発売!エキマニを模したブックスタンド付は360万円也!

一冊72万円のフェラーリのアーカイブ本『フェラーリ』発売!エキマニを模したブックスタンド付は360万円也!
     
   

出典元:http://fashionpost.jp/culture/culture-art/135362

ドイツの出版社タッシェンから発売された『フェラーリ』とは?

出典元:https://uncrate.com/jp/article/ferrari-art-edition/

フェラーリ70年の歴史が刻まれた書籍『フェラーリ』とは

2018年11月7日に都内でお披露目された『フェラーリ』は、フェラーリが歩んだ歴史を最高の美術書籍へと昇華させたアーカイブ本です。

フェラーリの70周年を祝う企画として、ピエロ・フェラーリ氏(フェラーリ現副会長)が自ら出版社に打診し、書籍化が実現しました。

フェラーリやプライベートコレクターの未公開写真や図版集

日本では多くのフェラーリ図鑑、フェラーリ・アーカイブ本が発売されていますが、どこかで一度は目にしたことがある写真や画像、既知の情報をまとめた書籍が多かったのではないでしょうか。

今回発売された『フェラーリ』は、72万円の価格がつくだけの価値があると納得できる貴重な写真が、10章、514ページに渡り掲載されています。

いくつものカーレースで偉大な記録を打ち出した瞬間を捉えたメモリアル・フォトはもちろん、世界に名だたるレジェンド・レーサーの貴重なショットやオリジナル文章など、フェラーリが所蔵していた数々の写真はマニア垂涎です。

また、記録写真だけにとどまらず、雨に見舞われたレースだからこそ写せた息を飲むほどの美しい写真、神様のいたずらとしか思えないアクシデントや事故の様子など、フェラーリの長い歴史からスケッチ、スナップまで網羅しています。

フェラーリのマニアだとしても、必ずや目新しい写真に出会うことができるでしょう。

ピーノ・アッリエーヴィ氏著、1947冊限定販売

『フェラーリ』にこうした秘蔵写真ばかりを掲載できた秘密は、この本の著者にあります。レース解説者としてイタリアで活躍し、レーシングカーやモータースポーツに造詣が深いピーノ・アッリエーヴィ氏です。

フェラーリの創設者であるエンツォ・フェラーリ氏と交流があったアッリエーヴィ氏だからこそ、フェラーリ秘蔵の情報や世界中に散らばるフェラーリコレクターの貴重な写真を収めることができたといえるでしょう。

世界で1947冊だけしかない『フェラーリ』。「1947」という数字がフェラーリ設立の年に由来していることは、いうまでもありません。

出版史上最も高価な書籍を販売したタッシェンとは?

『フェラーリ』の出版を手がけたのは、ドイツの「タッシェン」です。縦43cm、幅32cmというビッグサイズアーカイブの製本は、フェラーリのお膝元であるイタリアの製本所で行われたそうです。

タッシェンが取り扱っている書籍は、日本でいう「サブカルチャー」に分類されるフェティシズムやポルノなどをテーマとしたものが多く、一般の目にあまり触れることのなかったこれらの文化を広く周知した出版社としても知られています。

セレクトする書籍が美術品としての価値が高いものばかりだという点も、タッシェンの特徴です。画像や写真・装丁の美しさは、サブカル的書籍を広めることに貢献したに違いありません。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事