What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

2017年現行フェラーリと歴代フェラーリ車種45種類まとめ【跳ね馬の系譜】

2017.09.11

世界屈指のスポーツカーメーカーであるフェラーリ。街で跳ね馬のエンブレムを付けた車が通り過ぎるたびに、「いつかオーナーになってみたい」と憧れたことはありませんか?

今回はフェラーリが発売した、歴代の車種をご紹介します。幼い頃に憧れだった車から、これから発売される車種まで、歴史を理解すれば、もっとフェラーリが好きになるかもしれません。まずは2017年現在発売されている車や、発売が予定されたばかりの「あの車」をご紹介します。

2017年現在販売されている車種

フェラーリ・ポルトフィーノ

2017年9月に開催されるフランクフルトモーターショー2017において、フェラーリによる新型オープンスポーツクーペ「ポルトフィーノ」のワールドプレミアが実施されることとなりました。今回はポルトフィーノについて紹介するとともに、フェラーリという自動車メーカーについても合わせてお送ります。

詳しくは「フェラーリ新型ポルトフィーノが9月に発表!フェラーリってどんなクルマ?」でご覧いただけます。

F12ベルリネッタ

 wikipedia

wikipedia

「F12ベルリネッタ 6262cc」は、フラグシップモデルとして2012年に発売されました。発売当初の「史上最強のフェラーリ」というキャッチコピーの通り、6.2リットルのV12エンジンを搭載しています。

フェラーリ・FF

 wikipedia

wikipedia

フェラーリ初の4輪駆動車として2011年に発表されました。 過去最高の出力を持つ直噴エンジンを搭載しています。

フェラーリ・ラ フェラーリ

 wikipedia

wikipedia

フェラーリが発売するGTカーで、その価格は約1億6000万円。500台程度の生産予定ですが、問い合わせが殺到したというエピソードもあります。

開発には、F1ドライバーのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映されています。

フェラーリ・458スパイダー

wikipedia

wikipedia

458のオープンカー仕様として誕生したのが、458スパイダーです。屋根が搭載されたクーペガブリオレ仕様で、2シーターMR車としては初の使用だそうです。

その他の現在販売されている車種

車種 車種
カリフォルニアT 458イタリア
458スペチアーレ フェラーリ・458イタリア
488GTB

次ページ 伝説はここから始まった 創世記に発売されていた車種

伝説はここから始まった 創世記に発売されていた車種

今では、乗っているだけで憧れのフェラーリですが、創業時代から、輝かしい時代が続いていたわけではありません。今回は1950年代頃に生まれたフラグシップ車をご紹介します。

フェラーリ・125S

800px-Ferrari_125_S wikipedia フェラーリ・125Sは、フェラーリとして最初に生産されたスポーツカーです。当時3台が作成されましたが、現存していないとのこと。現在はレプリカが博物館に展示されています。

フェラーリ・159S

1024px-Ferrari_166MM_Barchetta wikipedia 1948年に発売された、排気量を1,995ccに拡大したモデルです。この車の活躍で、フェラーリを一躍有名にしました。

7. フェラーリ・166シリーズ

フェラーリ・159Sを改良し、排気量を増やしたモデルです。1949年のル・マン優勝をはじめ、レースで活躍しました。

初めて一般車として販売されたのもこの車種で、さまざまなバリエーションで発売されました。 過去に同車種の「166 MM」のバルケッタがオークションに登場し、1億7千万で落札され話題になったことがありました。

その他の現在販売されている車種

車種
フェラーリ・166インター
フェラーリ・166MM

フェラーリ・212シリーズ

1952-ferrari wikipedia

フェラーリが1951年に生産した自動車です。2011年にアメリカのミシガン州でこの車が偶然発見され、約1170万円で売却されたというエピソードがあります。

フェラーリ・225シリーズ

フェラーリ225Sは、1952年に多くのレースに参加し活躍した車種ですが、メジャーレースでの優勝には縁がありませんでした。

この「フェラーリ225S」は20台ほど作られただけの超貴重な車種。オークションでは、1億円を超える金額で取引されています。

フェラーリ・250GTOシリーズ

 wikipedia

wikipedia

1953年から1964年と長期にかけて生産され、多くの派生車種が販売されるとともに後継者となる275シリーズや330シリーズなどの基礎になりました。

過去には「スポーツカー・インターナショナル」誌が発表による、トップスポーツカーランキングで総合1位になるなど、今なお伝説は色褪せていません。

その他の現在販売されている車種

車種 車種
250MM 250モンツァ
250TR 250GTO
250P 250LM
250ヨーロッパGT 250GTボアノ/エレナ
250GTベルリネッタ ツール・ド・フランス 250GTカブリオレピニンファリーナ シリーズI
250GTスパイダーカリフォルニアLWB 250P
250P 250LM
250ヨーロッパGT 250GTボアノ/エレナ
250GTクーペピニンファリーナ 250GTカブリオレピニンファリーナシリーズII
250GベルリネッタSWB 330アメリカSWB
250GTルッソ 250GTE
250GTスパイダーカリフォルニアSWB 250GTスパイダーカリフォルニアSWB

次ページ 今なお語り継がれる伝説を作りだした、創世記に発売されていた車種

今なお語り継がれる伝説を作りだした、創世記に発売されていた車種

フェラーリ・エンツォフェラーリ

wikipedia

wikipedia

エンツォフェラーリは、フェラーリが創業55周年を記念して2002年に発売された車種です。

生産されたのはたったの399台で、日本国内に正規輸入されたのは33台。 発売当時の新車価格は7,850万円程度でしたが、現在ではプレミアがつき、1億円以上の価格で取引されていることもあります。

フェラーリ・F430

Ferrari_F430_00

Ferrari_F430_00

F430は2009年まで生産されていた車種です。比較的安価で手に入ることから、、人気が高いと言われて言われています。

フェラーリ・カリフォルニア

wikipedia

wikipedia

「250GT カリフォルニア・スパイダー」が名前の由来になった車種で、現在は後継者のカリフォルニアTが発売されています。フェラーリでは数少ない、格納式のハードトップを備えたオープンカーです。

フェラーリ・F40

wikipedia

wikipedia

F40は、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作されました。公称最高速度は324km/hで、発売当時は世界最速の市販車でした。

F1ドライバーですら雨の日には乗らないと言われている、運転の難しい車種です。

15.フェラーリ・288GTO

wikipedia

wikipedia

「最も美しく、最も希少フェラーリ」と言われる288GTOは、1980年代に生産された人気車種です。車名の「288」は、車の排気量が2,800ccであることに由来しています。

日本に輸入されたのはたったの1台。出会うだけで珍しい車種です。

フェラーリ・512BB

wikipedia

wikipedia

スーパーカーブーム最盛期に登場したモデルがフェラーリ512BB。このモデルはランボルギーニ・カウンタックと肩を並べて当時の少年たちの心を鷲掴みにしました。

1007台だけ生産されたBBiは最高時速がおさえられたものの、始動性などの点でより扱いやすくなりました。

次ページ 歴代フェラーリのまとめ

あこがれのフェラーリも多種多彩!

誰もが一度はあこがれる赤い車体、フェラーリ。かつて編集部ではランボルギーニのまとめ企画を行いましたが、まさかこんなに多彩な車種と歴史があるなんてさすがです。

高すぎて手が届かないと思いがちなフェアラーリですが、実はフェラーリF355という車種は700万円程度で買えるそうな。ついうっかり買えてしまいそうな車種があるなんて、意外ですね。

(Visited 237,463 times, 5,363 visits today)

文:イキクル編集部


Follow on twitter