fbpx

スバルが後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」を販売開始!

スバルが後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」を販売開始!
     
   

スバルは、全国の販売店を通じて、既販車を対象にした後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」を2020年5月29日から販売開始しました。

高齢ドライバーを中心に、駐車場や路上でのアクセルとブレーキペダルの踏み間違いによる事故が増加しているのが現状です。こういった状況に対し、同社では運転支援システム「アイサイト」および「スマートアシスト」を搭載したモデルのラインナップ拡充を現在も進めています。

後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」は、アイサイトおよびスマートアシストが未装着のスバル車に乗っているユーザーに、より一層の「安心と愉しさ」を提供したいというスバルの想いから開発された純正オプション品です。ここでは、スバルのペダル踏み間違い時加速抑制装置の概要や補助金制度などについてご紹介します。

スバル 後付けペダル踏み間違い時加速抑制装置の概要等

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/news/2980

スバルの後付けペダル踏み間違い時加速抑制装置は、車種によって2種類の商品が用意されています。

  1. 「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」タイプ メーカー希望小売価格 56,100円(税込)
  2. 「ペダル踏み間違い時加速抑制装置 (つくつく防止)」タイプ メーカー希望小売価格 35,200円(税込)

の2種類が開発されています。

適用車種は?

インプレッサ(GP/GJ型)・SUBARU XV(GP型)では、①のペダル踏み間違い時加速抑制装置が装着可能です。ルクラ(RF型)・ステラ(RK型)・プレオ(RD型)・プレオ+(RE型)では、ペダル踏み間違い時加速抑制装置 (つくつく防止)の装備が可能です。

2種類の違いは?

共通の仕様

時速約10km以下での前進/後退の際に、前後に搭載されたソナーセンサーで前/後方約3m以内にある壁などの障害物を検知した際にランプとブザーで警告してくれたあと、まだアクセルを強く踏み込んだ場合には加速を抑制してくれる仕様です。

ペダル踏み間違い時加速抑制装置では、後退時に障害物の検知がされなかった場合でも、時速約5km以上でアクセルを強く踏んだ際や、アクセルを踏んだまま時速約5kmを超えたときには、警告と加速抑制を行ってくれる装備が追加されています。

近年のアクセルとブレーキふみ間違いによる事故などが多発していることも現状です。スバルでは、アイサイトなどを通じて、より安全で安心な装置の拡充を行っています。

すでにスバル車に乗っていて、こういった安全装置の付いていないモデルも多く登録されています。こういった状況を踏まえて、スバルでは後付けのペダル踏み間違い時加速抑制装置を開発したといえるでしょう。

サポカー補助金の対象になります

引用:http://www.cev-pc.or.jp/support-car/support-car.html

一般社団法人 次世代自動車振興センターにて行っている補助金制度がスバルの後付けペダル踏み間違い時加速抑制装置にも適用される予定です。

「サポカー補助金」とは、安全運転サポート車の車両(新車・中古車)購入補助の場合 と後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置を導入した場合の2種類が補助制度が用意されています。今回は、後者が適用されるということですね。

サポカー補助金の額や申請方法は?

引用:http://www.cev-pc.or.jp/support-car/support-car.html

そもそもサポカー補助金を受けるには、一般社団法人 次世代自動車振興センターから「後付け装置取扱事業者」に認定された事業者にて、装置を購入・取り付けすることが条件になっています。全国のスバル販売特約店(44社)は、2020年6月末までに認定される予定となっています。

後つけ装置の補助金は、最大で4万円となっていますので、この補助金を適用させれば、非常に安価で取り付けることが可能になります。

補助金の申請って面倒?

補助金の申請自体は、販売・取り付けを行う「後付け装置取扱事業者」が行ってくれます。ユーザーは、補助金分が差し引かれた金額で購入・取り付けできるので改めて申請などをする必要がないのがポイントです。

後付けの補助金を利用する(後付け装置を利用する人)が、比較的年齢層が高いことも予想されるので、自身で面倒な申請等が要らないようになっていることは、装置普及に欠かせないといえるでしょう。

一般社団法人 次世代自動車振興センターへの問い合わせ

サポカー補助金 お問合せ窓口

  • ナビダイヤル TEL:0570-058-850
  • 一般回線 TEL:03-6831-0615(ナビダイヤルを利用できないお問合せの方用の電話番号)

電話受付時間 9:00~17:15となっています。

まとめ

スバルが後付けのペダル踏み間違い時加速抑制装置を販売開始をまとめると

  • スバルがすでに販売したモデルの中で、踏み間違い防止が装備されていない車両に普及したいという考えです
  • 事故防止を進めていくのに、必要な装備をスバルで提供したいことより開発されています
  • 補助金制度があるので、これを利用することで安価で取り付けが可能になるでしょう

昨今では、アクセル・ブレーキの踏み間違いによる事故が増えてきています。こういった状況を少なくしていくためにスバルは、後付けのペダル踏み間違い時加速抑制装置を開発しオプションとしてラインアップしたと考えます。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事