fbpx

シトロエンから新型C4が発表に、電化モデルも登場。日本導入は?

シトロエンから新型C4が発表に、電化モデルも登場。日本導入は?
     
   

シトロエンは、本国で新型C4及びë-C4を公開しました。C3 Aircross SUVモデルとC5 Aircross SUVモデルの販売台数は50万台となり、これらのモデルに続く新型として登場します。

またシトロエンでは、電化モデルをこれからどんどん販売していく計画になっています。この電化に向けたモデルの一つとして新型C4が開発されています。ここでは新型C4のエクステリアや内装、パワートレインなどをご紹介し、日本導入の予想などもしてみます。

シトロエン 新型C4及びë-C4の特徴など

引用:https://int-media.citroen.com/en/new_C4#prettyPhoto

シトロエン 新型C4及びë-C4は、10代目モデルになっています。1928年に最初のC4が販売されて以来、実に92年間販売されています。今回の新型では、シトロエンのアイコンデザインをふんだんに盛り込みながら、ディテールを最新にアップデートしています。

エクステリアだけでなく、内装、パワートレイン、安全装備などユーザーが、楽しく快適に過ごせるアイテムも多く採用して開発されています。

シトロエン 新型C4及びë-C4のエクステリアなど

引用:https://int-media.citroen.com/en/ranges/cars/new-c4/photos?page=2

フロントビューでは、最新V字型シグネチャーライティング採用されています。シトロエンのシグネイチャーデザインとして、アイコニックで特徴的なフロントビューに仕上がっています。全ライトにLEDを使用している点もポイントです。

またボンネットデザインは、C5譲りのボンネットサイドでのプレスラインが特徴です。新しくシェイプされたディテールは、サイドビューにも表現されています。

SUVらしく、フロント、サイド、リアにはブラック素材のモールが採用され、サイドにはエアバンプ機能が搭載されています。

引用:https://int-media.citroen.com/en/new_C4#prettyPhoto

リアデザインは、車両のダイナミズムと堅牢性を表現しています。傾斜したリアウィンドウとスポイラーを備えたリアエンドでは、2004年式のC4クーペからインスピレーションを得てデザインされています。オリジナルの2ピースリアウィンドウは、空力スポイラーによって効率的な空力性能を発揮します。

リアでもV字型LEDリアシグネチャーライティングを採用し、フロントエンドとのシンクロ化が行われています。足元には、18インチアロイホイールが搭載されたことで、ボリューム感を強調しています。

エクステリアカラーは、組み合わせによって31種類が用意されています。

ボディカラーは、ポーラーホワイト、オブシディアンブラック、スチールグレー、プラチナグレー、エリクサーレッド、キャラメルブラウン、アイスランドブルーの7つです。

カラーパックは、メタリックブラック、メタリックサンド、テクスチャードグレー、アノダイズドディープレッド、アノダイズドブルーの5カラーで、アノダイズドブルーはニューë-C4限定カラーです。

シトロエン 新型C4及びë-C4の内装など

引用:https://int-media.citroen.com/en/new_C4#prettyPhoto

内装最大の特徴は、モダンさと品質の高さをコンセプトにしていることです。クリーンでモダンなダッシュボード、柔らかに丸みのあるドアパネル、複数の収納エリア、乗員をリラックスさせるシートなどで快適な仕様となっています。幅広の水平型ダッシュボードでは、収納がデザインに組み込まれたことにより、すっきりとしたスペースとボリューム感です。

ステアリングホイールには、左右にドライバーアシスタンスコントロールとインフォテインメントコントロールが組み込まれています。新しいグロスブラックのオートマチックトランスミッションパドルは、ステアリングホイールに統合されていることで、ステアリングホイールの角度に関係なくギアを瞬時に切り替えられます。

フレームレスHDデジタルインストルメントパネル部は、オリジナルで読みやすいシトロエンのアイデンティティグラフィックになっています。浮遊効果をもたらす白いムードライトで強調されて独特なデザインです。大型のカラーヘッドアップディスプレイは使いやすく、重要な運転情報を読みやすく直感的な方法で表示されることでドライバーは運転に集中できる仕組みになっています。

シトロエン 新型C4及びë-C4のパワートレインなど

引用:https://int-media.citroen.com/en/new_C4#prettyPhoto

欧州仕様のシトロエン 新型C4及びë-C4のパワートレインは、3つのタイプでラインアップされています。中でも100%エレクトリックのユニットが新搭載されているのが特徴です。

  • ë-C4は、100%電気仕様となっていて、最高出力は、136hpです。バッテリー50kWhの容量となっています。
  • C4では、5つのEuro 6dガソリンエンジンと2つのEuro 6dディーゼルエンジンが採用されています。

シトロエンの発表では、国際市場では2つのガソリンエンジンユニットが最初に展開されるとのことです。ミッションは8速AT搭載モデルとなっています。

日本市場では、まずガソリンモデルの新型C4が投入されるのではないでしょうか?その後国内インフラの状況などを踏まえて、ë-C4をラインアップしてくると予想します。

まとめ

シトロエンから新型C4が発表に、電化モデルも登場。日本導入は?をまとめると

  • シトロエンでは、電化を推し進めています。その中で新型C4に、別グレードとしてë-C4を登場させています
  • エクステリアデザインは、最新のシトロエンシグネイチャーデザインを盛り込んでいます。
  • 内装では、モダンですっきりとした収納沢山の仕様に、使いやすさを追求しています。
  • パワートレインは、100電化、ガソリン、ディーゼルがラインアップしています。

実は現在日本では、C4の導入は行われていません。2018年モデルで一度ランアップから外れています。新型C4の登場が楽しみですね。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事