fbpx

良い自動車保険って?どのように保険会社を選ぶべきか!

良い自動車保険って?どのように保険会社を選ぶべきか!
     
   

自分が加入している自動車保険が、すでに「良い保険」、「代理店の担当者を信頼している」などと思っている方は、今回の記事とは無縁なのかもしれません。一方どういった保険会社を選ぼうか悩んでいる方や、安くて良い保険ってどこだろうと悩んでいる方などにとっては、参考となる記事になればと思います。

ここでは、良い保険会社を選ぶ方法や同じ補償で安く加入したい場合など、保険会社のタイプなどによっての特徴の違いなどを踏まえてご紹介していきます。

大きく分けて2つの販売形態の自動車保険がある

 

引用:https://www.ac-illust.com/(無料画像)

自動車保険は、大きく分けて二種類の販売方法がとられています。ご自身にあった形態を選ぶことも良い保険会社探しにつながるといえます。

  • 代理店経由の保険加入:保険会社➡保険代理店➡ユーザー
  • ダイレクト保険:保険会社(インターネットや電話)➡ユーザー

この他にも共済組合系や労済系、教職員共済系などの自動車保険もありますが、一般的な自動車保険の加入方法には、代理店を介して申し込む場合と直接インターネットや電話などで申し込む場合の二種類が多いといえます。

代理店経由の自動車保険加入での特徴など

代理店の場合は、各営業マンが募集人という資格を取得し、さらに取り扱い保険の勉強して、ユーザーへの保険加入を斡旋する方法です。良いところとしては、普段の営業活動や対応などによってユーザーの満足度があがったり、ユーザーの気持ちを察した対応をすることで信頼関係が構築できるという点です。一方保険料金は、ダイレクト保険に比べて代理店の手数料も必要となるため高い傾向になります。

きめ細やかな対応や商品説明、万が一の事故の際に、保険会社とユーザーとのパイプ役などを代理店は担っています。こういったメリットがある一方、保険料が高い傾向になるといった部分がデメリットになるといえます。

ダイレクトでの自動車保険加入での特徴など

インターネットや電話で直接加入できるネット保険の良いところは、代理店経由よりも比較的安く加入できる点です。またご自身でネットでいろいろ検索したり、比較したりすることが出来る人にとっては良い保険であるといえます。ご自身でいろいろ比較したりすることが苦手な方の場合は、ご自身が保険内容を熟知しないで加入してしまう可能性もあるので注意が必要でしょう。

現在では、インターネットや電話で加入しやすいよう、わかりやすく掲載されている保険会社も多くなっていますが、「顔」の見えないことが心配という方には少し敷居が高いといえますね。

どちらのタイプの保険を選ぶかは、ユーザーの嗜好にあった保険である方を選ぶことでしょう。ご自身の要望がどこにあるのかを一度考えてみるのが一番大事です。

保険料金算出の基本的な仕組みを知ろう

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/396071?title=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E3%80%80%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF&searchId=107511761(無料画像)

基本的に損害保険の保険料算出には、「純保険料」と「付加保険料」の二種類を足した形で算出されています。純保険料は、事故の発生頻度や損害額などの過去データに基いて算出される金額です。事故が発生したときに保険会社が、受け取るべく人に支払う保険金の原資にもなります。

付加保険料とは、社費(運営経費・宣伝費・人件費)、代理店手数料、利益などに当たります。この純保険料と付加保険料を足して、自動車保険の基本的な保険料が算出されています。先述お話ししたように、ダイレクト保険は、付加保険料として代理店手数料を組み入れる必要がない分、安くできる仕組みです。

実際にどこの保険会社が良いか悩んでいる方は、どうするべき?

 

引用:https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=1366589&word=+%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E7%9B%B8%E8%AB%87-001-%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88(無料画像)

代理店経由の加入が良いと思っている方

実際にどこの代理店が、良いのかを判断するのは非常に難しいのが現状です。一番良いと思う方法としては、信頼のおける知人・先輩などから良いと思われる代理店を紹介してもらい、自分にピッタリな代理店を見つけていくことも近道であると考えます。それは、車の契約を安心して預けられ、何かあった時にしっかり対応してくれると思える代理店(担当者)である必要があるからです。じっくり説明などを聞いて、自分に合っているかなどを吟味するのが良いと思います。

ダイレクトでの加入が良いと思っている方

昨今ではテレCMでも多く登場しているのが、ダイレクト系の自動車保険です。実際にどこが良いのかを決めるには、補償の内容や範囲が広いことが大事であるといえます。提案としてはは、一括見積を利用利用してみることです。インターネットサイトでは、20社の一括見積などで掲載されています。この結果からご自身の嗜好にあった保険会社に絞り込んでいく方法が良いと考えます。

またネット保険での口コミというのを参考にするのも良いと考えます。ここでは、良い口コミだけでなく、悪い口コミもきちんと見ていくことも重要です。

電話対応で良し悪しがわかることも多い

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/53348?title=%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%A6%E5%83%8D%E3%81%8F%E5%A5%B3%E6%80%A734&searchId=96364339(無料画像)

一般的には、普段から顔のわかる知人などとお話をしている人数よりも、じつは電話やメールで話をする人数の方が圧倒的に多いと言われています。顔が見えない中で話をしている機会の方が多いということです。ということは、保険会社に電話やメールなどをして問い合わせをした際に、電話応対の内容や説明は非常に参考になるということです。

例えば、問い合わせた事柄に、「的確にしっかりと答えてくれたのか」、それとも「保留が続き、的確な答えが中々帰ってこなかったとか」など。こういった応対は、代理店経由保険であってもダイレクト保険であっても同じであるといえます。

無い方が良いことですが、万が一の事故が起きた時の対応で判断

 

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/1360924?title=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A&searchId=96363494(無料画像)

自動車保険とは、加入者が保険料金を支払い、万が一の事故の際に加入者に代わって、交渉や支払いをしてくれることであることに他なりません。本来は、ずっと無い方が良いことですが、万が一の時の対応が「良かったのか、悪かったのか」という判断をすることも重要です。このことだけは、加入して保険使用してみないとわからないことでもあります。ただ今後、どのような保険に加入した方が良いのかなどを経験値で判断できることになります。

例)

  • ネット保険でどうなるか心配したけど、ここの保険会社ならきめ細やかな連絡が来て安心
  • 代理店の方が、事故現場に来て一緒に対応してくれた

など、経験することでわかることも多いでしょう。やはり一年ごとに更新することの多い自動車保険は、掛け捨て保険といってよい商品です。費用対効果も保険選びでは必要な要素といえるでしょ。

まとめ

良い自動車保険って?どのように保険会社を選ぶべきか!をまとめると

  • ご自身が、代理店経由が良いのかダイレクト保険が良いのかを考えましょう
  • どちらにもメリット・デメリットがあると考えます
  • 電話応対などからも良し悪しがわかることもある
  • 事故対応の良し悪しなどは、経験しないと判断できない要素でもある

ご自身が車を運転するのに、任意保険である自動車保険の加入は、社会情勢や支払い責務の発生を考えると必要不可欠なものであるといます。加入するならば、より良い保険に加入したいと考えるのは普通のことです。ご自身にあった保険会社を選んでもらいたいと思います。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事