ホンダ・Nワン(N-ONE)のカスタムはレーシー&ワークス?!最新のエアロパーツ・ドレスアップ事例をピックアップ!

ホンダ・Nワン(N-ONE)のカスタムはレーシー&ワークス?!最新のエアロパーツ・ドレスアップ事例をピックアップ!
     
   

https://www.honda.co.jp

ホンダ・Nワン(N-ONE)の現行ラインナップの外観の違いは?

スタンダード/セレクト

出典元:http://kakaku.com

2012年に軽トールワゴンとして発売されたホンダ・Nワン(N-ONE)。大ヒット車種N-BOXから派生した、Nシリーズに含まれるモデルです。

2017年12月のマイナーチェンジでラインナップされた現行のタイプは、Standard(スタンダード)Select(セレクト)Premium(プレミアム)RSの4つに分かれています

比較的リーズナブルなスタンダード/セレクトにも、クルーズコントロールとパドルシフトを備えたターボモデルを設定。スタンダードには、基本装備を上回る装備を備えたLグレードも用意されています。

さらに、スタンダードLはワンカラー、ツートンカラーを合わせて16色ものボディカラーを選べるのが魅力。内装色もスタンダードはモカ、セレクトはメープルと、ファッショナブルです。

エアロ仕様のプレミアム/RS

出典元:https://clicccar.com

ホンダ・Nワン(N-ONE)の上級・スポーティグレードがプレミアム/RS。スモークタイプの精悍なリアコンビネーションランプが目につきます。プレミアムの内装色はブラック、RSはブラック×シルバーグレーという硬派なテイストです。

エクステリアには、フロントグリルに光るクロームメッキのオーナメントが追加されるなど、高級感を強調。フロントグリルの下にはLEDのフォグランプも装備されています。RSは低全高で、ターボ仕様オンリーという設定。流れるようなルーフラインで、走りに徹したモデルです。

RSのイメージカラーはサンセットオレンジⅡ&ブラック。1970年に発売された360CCのスペシャルティカー、初代ホンダ・Zを思い出させます。

RSには専用アクセントカラーのロアガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール、オールブラックにペイントされたスパルタンなツイン5スポークの15インチアルミホイールも装備されています。

前期モデルと後期モデルの違いは?

LOWDOWNモデルが登場

出典元:https://car-research.jp

Nワン(NーONE)は2018年12月現在、フルモデルチェンジはされていませんが、特別仕様車の設定やマイナーチェンジは繰り返されています。3度目のマイナーチェンジを行った2017年12月から、現行のグレード体系となりました。

後期モデルとされるのは、2015年7月のマイナーチェンジから。上質感が加わったフロントフェイスもさることながら、最大の変化は、スタンダードのグレードに車高を65mm下げたLOWDOWNのタイプが設定されたこと。

もともとは立体駐車場に収まる車高を意識した試みですが、スタイリングや走行安定性の向上にも大きく貢献しています。

ホンダ・Nワン(N-ONE)プレミアム/RS用のエアロパーツ・ドレスアップ

無限

出典元:http://www.mugen-power.com

ホンダ車専用のアフターパーツブランドとして抜群の知名度を誇る無限。レースにおけるホンダのワークス活動を支えているブランドとして、レーシーなイメージのエアロパーツがたっぷりそろっています。

LEDのイルミネーションとフォグライトがアクセントとなっているフロントエアロバンパー、精悍なフロントスポーツグリルサイドスポイラーリアアンダースポイラー、テールゲートに装着するウイングスポイラーなどをラインナップしています。

カーボンドアミラーカバーベンチレーテッドバイザーなど多様なドレスアップパーツも充実しているのも、ホンダ直系の無限ならではといえます。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事