200系ハイエースにエンジンスワップが熱い!?カマロのV8エンジン、80スープラの直6ターボ、R35GT-RのV6ツインターボ搭載!

200系ハイエースにエンジンスワップが熱い!?カマロのV8エンジン、80スープラの直6ターボ、R35GT-RのV6ツインターボ搭載!
     
   

出典元:https://tasug.jp

200系ハイエースとは?

ワンボックスカーの完成形

出典元:https://48rider.com

200系ハイエースは2004年に登場しました。1967年の初代デビューから、5代目を数えるモデルです。1989年に登場した100系から200系へのフルモデルチェンジは、何と15年ぶり。しかも2018年12月現在、この200系が未だに最新型です。

半世紀を超える歴史の中で培われた、優れたパッケージとユーティリティは、ワンボックスカーの完成形ともいわれています。エンジンはもちろん、ボディ幅やルーフ形状、乗車定員などの設定がバリエーションに富んでいるのも特徴です。

「100万キロ超の過走行にも耐えられる」という設計に基づく耐久性の高さも折り紙付きです。ビジネスユースから個人ユースまで、さまざまな用途に対応できるため、日本国内はもちろん、海外でも高い人気を誇っています。

なぜカスタムのベースに?

豊富なアフターパーツ

出典元:https://usedcarnews.jp

その人気の高さゆえ、アフターマーケットのパーツが豊富なのがハイエース。室内空間を最大限に生かすため、徹底的に無駄を排したことで生まれたシンプルな外観は、多様なカスタムスタイルにマッチします。

カスタムベースの人気車種として、エクステリアやインテリアのパーツが豊富なのは当然のこと。ハイエース専用の社外アルミホイールまでラインナップされているのです。

200系ハイエースにシボレー・カマロのV8エンジン(LS1)をスワップしたトリニティのデモカー

5.7リットルの大排気量NAエンジン

出典元:http://trinity.arrow.jp

米ゼネラルモーターズが開発したV8エンジン「LS1」は、5.7リットルの大排気量NA。350馬力を絞り出します。シボレーブランドのカマロZ28C5コルベットに搭載されたオールアルミ製のハイパワーエンジンです。

東京オートサロン2013に出展されたハイエースはまさに、アメ車の迫力を象徴するV8エンジンをスワップした1台。ハイエース専門のカスタムショップ、トリニティ(千葉市)が製作しました。

サスはハイドロユニット!

出典元:http://trinity.arrow.jp

トリニティが得意としているのは、ハイエースへのハイドロユニット搭載です。ハイドロユニットとは、いわゆる油圧式サスペンションのこと。車高を自由に調整でき、停車時はボディの底が接地するほど下げることも可能です。

デモカーのカスタムスタイルも、アメリカンなローライダーそのもの。ちなみに、インテリアはクラシカルなホットロッド風に仕上げられています。

200系ハイエースにJZA80スープラの直6ターボエンジン(2JZ-GTE)をスワップしたHI-RIST

フロア延長で直列6気筒ターボエンジン搭載

出典元:https://gazoo.com

東京オートサロン2018に登場したのが、アウトバーン(札幌)とTSDスタイリング(横浜)が製作したシルバーフレーク塗装の「HI-RIST」でした。トヨタの最強エンジン「2JZ-GTE」を搭載しています。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事