フェンダーのカスタムにフォーカスしたフェンダリスト・ジャパン2018開催!フェンダーのスタイル別のアワードリストは?

フェンダーのカスタムにフォーカスしたフェンダリスト・ジャパン2018開催!フェンダーのスタイル別のアワードリストは?
     
   

出典元:https://shape317.com

フェンダーのカスタムにフォーカスしたフェンダリスト・ジャパン2018とは?

2018年に初開催されたカスタムカーショウ

出典元:https://revolt-is.com

2018年11月25日に初めて開かれた、フェンダリスト・ジャパン2018というイベント。フェンダリストという言葉は聞き慣れませんが、クルマのフェンダー、すなわちタイヤハウスを包み込むボディの美しさを追求し、カスタマイズする人のことです。

自動車のデザインにおいて、フェンダーのシルエットというのは一般的にあまり意識されないかもしれません。しかし、車体を前後左右、どの角度から眺めても、必ず目に入るのがフェンダーなのです。

クルマのデザインにおいて、意外に大きな存在感を持っている前後4カ所のフェンダー。そのスタイルにこだわり抜いたカスタムカーが一堂に会したのが、2018年11月に山梨県甲府市で開かれたフェンダリスト・ジャパン2018です。

屋内外の展示会場には全国各地のショップやメーカー、プライベーターから数百台ものカスタムカーが出展され、その出来映えを目にしようと大勢の観客が訪れました。

カスタムカーが集結するイベントはさまざまな規模、形式で開かれていますが、フェンダーに焦点を当てたものは類を見ません。裏を返せば、こうしたイベントが催されるまでに、フェンダーカスタムのスタイルは多様化し、進化しているといえます。

フェンダリスト・ジャパン2018は、フェンダーカスタムを18のジャンルに細分化したイベントです。フェンダー単体、あるいはフェンダーを基準としたトータルバランスに優れた各ジャンルのフェンダリストには、アワードが贈られました。

フェンダーをカスタムする理由は?

クルマの雰囲気が一変

出典元:https://mline.co.jp

一口にフェンダーといっても、スポーツカーやセダン、ワンボックスカーなど、クルマのタイプや目的によって、さまざまな形状を持っています。

その一番の要因は、タイヤによるもの。ハイスペックのスポーツカーとタウンユースのファミリーカーでは、装着するタイヤも異なります。4本のタイヤをボディの幅に収めるフェンダーの形状が異なるのも当然なのです。

最も多いのは、アルミホイールをインチアップしたり、ワイドトレッドタイヤを装着する際のフェンダーカスタムでしょう。ノーマルのタイヤハウスに収まり切らないタイヤ(アルミホイール)も、フェンダーの膨らみを増せばフィットさせることができます。

ボディとのトータルバランスに優れたフェンダーカスタムは、クルマ全体の雰囲気を様変わりさせるほどの効果をもたらします。装着するタイヤ(アルミホイール)に合わせてボディの幅を広げることで、圧倒的な迫力を手に入れることもできるのです。

フェンダーのカスタムスタイルはこんなにある!

オーバーフェンダー

出典元:https://minkara.carview.co.jp

俗に「オバフェン」「バーフェン」とも称されるフェンダーカスタムがオーバーフェンダー。ノーマルボディのフェンダーの縁を切り取り、その上からアーチ形状のパーツを取り付けるという工程が一般的です。

単なるドレスアップが目的の場合、ノーマルボディのフェンダーを加工せず、パーツをかぶせただけのカスタムも見られます。手間や出費を抑えながら、スパルタンなエクステリアデザインを手に入れられるのが魅力です。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事