ホンダ・S660にワークススタイルの迫力ボディを与えたリバティーウォークのLB★nation SSX660-R!デモカーが中古車として販売中!

ホンダ・S660にワークススタイルの迫力ボディを与えたリバティーウォークのLB★nation SSX660-R!デモカーが中古車として販売中!
     
   

出典元:http://libertywalk.co.jp/stock/

ホンダ・S660のコンプリートカー、LB★nation SSX660-Rとは?

出典元:http://libertywalk.co.jp/stock/lb%E2%98%85nation-ssx660-r-full-complete/

ホンダのS660というとスタイリッシュながらも、同じスポーツカーのNSXなどと比べてどこか可愛らしい印象を受けます。スポーツカーでありながら尖り過ぎていないフォルムに惹かれる方も多いでしょう。

そんなS660のコンプリートカー、LB★nation SSX660-Rというモデルがリバティーウォークより発売されています。カスタムには純正とは全く違った魅力があるもの。どういった点が違うのか気になるところですね。

この記事ではそんなLB★nation SSX660-Rの魅力に迫ってまいりましょう!

NSX風のフロントバンパー

LB★nation SSX660-Rを見てまず目が行くのはフロントバンパーではないでしょうか。フロントバンパーが変わるだけでもその印象はガラっと変わるものですね!

純正のものと比べてシャープになったそのイメージはホンダ・NSXさながら。S660の可愛さとNSXの洗練されたイメージを両立したその見た目は、ホンダスポーツカーのいいとこ取りといった感じでしょうか。

軽自動車規格を外れたワークススタイルのオーバーフェンダー

ゴツっとした印象のオーバーフェンダーもカッコイイですね!見た目も大きく変わりますが、ワイドタイヤを履けば軽自動車にないしっかりとした走行性を堪能できるでしょう。ドライブ好きには走り心地は重要なポイントですね。

ダックテールもしくはGTウィング

リアウィングには「ツンっ」として可愛らしいダックテールと、レーシングカーを彷彿とさせるGTウィングの2タイプを用意。GTウィングを付けると走行性も変わってくるといいますが、公道でそこまでの高速走行はしないのでほとんど見た目の問題でしょうね。

とはいえ、GTウィングを付けたときのインパクトは絶大です。どちらを選んでもイメージが大きく変わってくるので、好みとの相談になりそうですね。

軽自動車枠に収まるオーバーフェンダーなしのキットもあり

オーバーフェンダーを採用した車の難点は、車幅の関係で軽自動車としては登録できないところでしょう。LB★nation SSX660-Rには、オーバーフェンダーなしのキットも当然発売されていますよ。

オーバーフェンダーありのものと比べると値段もお手頃なので、税金などを合わせてもお財布に優しいですね。見た目は純正のS660に近くなるので、こちらが好みだという方も多いでしょう。各種モデルの定価は以下の通りです。

オーバーフェンダー有り、GTウィングのモデル ¥604,800
オーバーフェンダー有り、ダックテールのモデル ¥550,800
オーバーフェンダー無し、GTウィングのモデル ¥432,000
オーバーフェンダー無し、ダックテールのモデル

¥378,000

LB★nation SSX660-Rを製作したリバティーウォークとは?

出典元:http://libertywalk.co.jp/company/history/

「LB★nation SSX660-Rの魅力は伝わったけど、制作したリバティーウォークってそもそもどんな会社なの?」という方もおられるでしょう。実は世界中から支持されるブランドなんですよ!ここではそんなリバティーウォークについて少し触れておきましょう。

ランボルギーニなどのスーパーカーやケンメリなどの旧車用の大胆なエアロパーツを製作・販売

リバティーウォークは愛知県から世界に名を轟かせる自動車のカスタムブランド。通称「シャコタンオヤジ」と呼ばれる加藤社長の率いる会社です。あだ名が付いている辺りから、その人気度合いも伺うことができますね!

リバティーウォークの特徴として一番に挙げられるのは、なんといっても思い切りの良さでしょう。高級車にも容赦なくメスを入れるカスタムが話題を呼んでいます。

高級車として名高いランボルギーニを始め、4ヵ月で生産打ち切りとなった通称「ケンメリ」と呼ばれる激レアモデルのスカイラインまで。日本人の「大人しい」というイメージを払拭するようなその大胆さ。こういったブランドが世界で活躍してくれるのは誇らしいものですね。

ワークススタイルのオーバーフェンダーを装着したLB-WORKSシリーズ

リバティーウォークのカスタムは大きく3つのモデルに分かれます。その中でもリバティーウォークの個性が一番色濃く反映されているのがLB-WORKSシリーズ。

ワークススタイルのオーバーフェンダーを用いたカスタムは、その印象を一気にワイルドにします。ガッツリとリバティーウォーク色に染めて欲しいという方にオススメのモデルですね。

オーバーフェンダーなしのLB★PERFORMANCEシリーズ

他の車と差を付けたいという気持ちはあっても、当然純正の魅力というのもあります。LB★PERFORMANCEシリーズはそんな方のために、オーバーフェンダーを付けずに元の車のデザインを大事にしたモデル。まさに痒いところに手が届くといった印象のカスタムではないでしょうか。

そしてPERFORMANCEの名の通り、LB-WORKSシリーズに比べて安価なのも魅力ですね。

国産車を中心としたエントリーモデル向けのlb★nationシリーズ

国産のエントリーモデルを中心にしたlb★nationシリーズも人気があります。LB★nation SSX660-Rもそうですが、手の届きやすいエントリーモデル向けのカスタムがあるのは嬉しいですね。

前述のように高級車でも大胆にカスタムしてしまうのがリバティーウォークの特徴ですが、庶民派の車も手掛けているんです。これも幅広い層から愛される理由の一つでしょうね。

LB★nation SSX660-Rのデモカーが販売中!

出典元:http://libertywalk.co.jp/stock/lb%E2%98%85nation-ssx660-r-full-complete/

ここからが今回の目玉。LB★nation SSX660-Rのデモカーがリバティーウォークに入庫された模様です!

デモカーなら通常よりも安い中古車価格で手に入りますし、カスタムを待たずにすぐに乗れるのも嬉しいですね。リバティーウォークのショールームに展示されているので、カスタムを考えられている方も参考に見に行ってみてはいかがでしょうか?

ここでは今回入庫されたLB★nation SSX660-Rのデモカーの特徴を紹介していきましょう。

NSX純正のキャンディレッドにオールペン

ボディのカラーは純正のNSXを彷彿とさせるキャンディレッドを採用。普通の赤とキャンディレッドでは印象が全く変わってきますね。光沢のあるその色合いからは一際上品なイメージが伝わってきます。

LBオリジナル16インチ鍛造アルミホイールにエアサス

ホイールには高級車などに見られる鍛造アルミホイールを採用。さらに車高を自在に調整出来るエアサスまで搭載しています。

車高を上げ下げして自分好みの見た目に出来るのも嬉しいですが、そのメリットは乗ったときにこそ体感するものでしょう。鍛造ホイールの安定性、エアサスのクッションが相まって極上の乗り心地を実現してくれるはずです!

ワンオフマフラーも装着

マフラーも純正とはまた違った重量感のあるカッコイイものが装備されています。ワンオフマフラーは車好きにとっては憧れ。この車にしか付いていないという特別感はこの上ないものです。単純にエンジンのパワーも上がるので、これも安定した走行を可能にしてくれる要素ですね。

走行距離2800kmのMT車がベース

中古車を買うにあたって大切なのはまず走行距離です。今回入庫されたデモカーは走行距離も2800kmとまだまだ安心な数字。

そしてスポーツカーというとMT車を選べるのもポイントです。S660にはMTのモデルとCVTのモデルがありますが、今回のデモカーはMT車をベースにカスタムされています。

CVTは運転が簡単で、滑らかに走れるというメリットが人気を呼んでいますね。しかし、スポーツカーを選ぶ人というのはMTの自在に操縦している感覚が好きだということも多いのではないでしょうか。

ここまで見てきたその他の要素も相まって、走ること自体を楽しめるような車になっているはずですよ!

まとめ

出典元:https://usedcarnews.jp/archives/98585

今回はホンダ・S660のコンプリートカー、LB★nation SSX660-Rを紹介しました。明らかに軽自動車の域を超えているこの車。純正にはないカスタムの魅力は見た目だけではなく、乗り心地や走り心地まで変えてしまうのですね。

自動車というのは生活を便利に、人によっては日々に潤いを与えてくれる相棒のような存在。そしてそんな相棒を一際輝かせてくれるのがカスタムではないでしょうか。相棒はやっぱりカッコイイ方がいいですよね!

カスタム&パーツカテゴリの最新記事