純正パーツブランド、モパーからマッスルカー向け1000馬力のエンジンキット発表!ヘレファント搭載の68年式ダッジ・チャージャーSEMAショーで公開!

純正パーツブランド、モパーからマッスルカー向け1000馬力のエンジンキット発表!ヘレファント搭載の68年式ダッジ・チャージャーSEMAショーで公開!
     
   

出典元:https://carsmeet.jp/2018/11/05/82353/

モパーからマッスルカー向け1000馬力のエンジンキット「ヘレファント」発表

ヘレファントイメージ

出典元:https://carsmeet.jp/2018/11/05/82353/

SEMAショー2018にて、FCAの純正パーツブランドのモパーからマッスルカー向けのエンジンキットである「ヘレファント」が発表されました。マッスルカーといえばシボレーのコルベットやカマロ、フォードのマスタングなどがあります。1960年代後半から1970年代にわたり規制がかかるまで米国の顔となっていた高い性能の車種をマッスルカーと呼びました。

マッスルカーの中で現在においても人気があって、生産台数が少なかったので入手困難な車が68年式ダッジ・チャージャーです。SEMAショー2018では、この68年式ダッジ・チャージャーに1000馬力の「ヘレファント」というモンスターエンジンAssyを搭載していたものがお披露目されました。

7リッターのV8HEMI(426HEMI)スーパーチャージャーエンジン

FCAのマッスルカーに載せられていた7リッターV8HEMI(426HEMI)は、「エレファントエンジン」として世に認知されていました。「ヘレファント」は、当時のV8HEMI(426HEMI)にチャレンジャーやチャージャーに採用されている、「ヘルキャット」という能力が優れている規格をひとまとまりにしたものです。

本エンジンの土台となるのは、ドラッグレースの「チャレンジャードラッグパック」を一般大衆車向けにフィットさせたものになります。気筒を形成する部品は総アルミ製が採用され鉄製よりも45㎏程度軽くすることに成功しました。

スーパーチャージャーは3リッターまで容積が拡大されてブースト圧は15psiと、一般大衆車向けの規格とは思えないほどの優れもの。現在でも人気の高いマッスルカーですが、これらの車種に最上のエンジンを簡単に載せ替えられるようになったのです。

2017年に発表されたヘルクレートとヘレファントの違い

基本的な構想は「ヘルクレート」も「ヘレファント」も変わりません。SEMAショー2018に発表された「ヘレファント」は「ヘルクレート」を上回る高馬力である点が大きな違いです。

モパーの仕掛けはSEMAショー2017から開始されていて、「ヘルクレート」が先行して発表されました。「ヘルクレート」は、6.2リッターV8HEMIであり707馬力、最大トルクは89.9kgmです。

「ヘルクレート」は、チャレンジャー・チャージャー SRT ヘルキャットに載せられます。1976年以前に作製されていて手動変速装置の車であれば載せられる取り付け用の付属部品も一式に含まれていました。

ヘレファントの発売日と価格は?

「ヘレファント」は2019年の4月から6月にかけて、取り付け用の付属部品も含まれて販売が開始される予定です。モパーからの直販が主体となると考えられますが、販売ルートなどは未だ確認できていません。「ヘレファント」の価格も未発表なので、既に販売されている「ヘルクレート」をベースにして価格を推測してみましょう。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事