ポルシェのチューニングショップRWB(ラウヴェルト・べグリフ)とは?空冷911をワイドフェンダー&車高短に大胆カスタム!

ポルシェのチューニングショップRWB(ラウヴェルト・べグリフ)とは?空冷911をワイドフェンダー&車高短に大胆カスタム!
     
   

出典元:https://74120-731241.blogspot.com

ポルシェのチューニングショップRWB(ラウヴェルト・べグリフ)とは?

ドリフト界でも有名なAE86乗りの中井啓氏が1997年にオープン

出典元:http://rwb.jp

ポルシェのチューニングショップRAUH-Welt BEGRIFF(ラウヴェルト・べグリフ)は1997年、千葉県柏市を拠点に誕生。空冷911、いわゆるクラシックポルシェをメインにカスタムしているショップです。

ラウヴェルトとは、ドイツ語で「荒々しい世界」。創設者である中井啓氏はメカニックの経験を持ちつつ、1980年代のドリフトレース界で頭角を現した強豪ドライバー。仲間たちとともにラウヴェルトの英語読みである「ラフ・ワールド」というグループで活動しました。

トヨタ・カローラレビン(AE86)を自在に駆り、卓越したマシンメイキングとドライビングで知られるようになった中井氏。理想の走りを求める中で着目したのが、ハチロクのようにタイトでスタイリッシュなボディの空冷911でした。

ポルシェ911が930型から964型に世代交代した80年代後半、前期モデルとなった930型は当時、比較的手頃な価格で購入できるポルシェ。中井氏はハチロクと同様の感覚で自在に操れるポルシェの製作を思い立ちます。

よりグリップの効く極太タイヤを収めるためにオーバフェンダーを大きく張り出したのも、サーキットでの速さを追求した結果。リアルな走りに根ざした美しさを求める姿勢こそが、RWBの原点なのです。

ちなみに、べグリフ(BEGRIFF)という言葉もドイツ語。概念、コンセプトという意味です。

【全国OK!】ポルシェでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

北米、欧州、東南アジアなど11カ国に展開

RWBは日本をはじめ、米国、カナダ、ヨーロッパ、イギリス、中国、香港、台湾、インドネシア、フィリピン、タイの世界11カ国・地域で展開。大胆な造形のオリジナルパーツを1台ずつ丁寧に取り付けるボディワーク、吸排気系やエンジンにも手を入れるセンスと職人技が、国内外で高く評価されています。

チューニングベースとして人気のポルシェを手掛けるショップは世界中に存在しますが、圧倒的なオリジナリティーに基づく大胆さと緻密さを併せ持つRWBへのオーダーが途絶えることはありません。

RWB(ラウヴェルト・べグリフ)のチューニングスタイル

ボディワーク・足回りのセッティングは全て中井氏の手作業

出典元:http://home.kingsoft.jp

ショップのオーナーでありながら、たった1人のビルダーでもあり続けているのが中井氏。チューニングに関する作業はマスキングテープを1枚貼るところからすべて自らの手で行います。もちろん、塗装を含めたボディパーツの加工や取り付け、エンジンや足回りのセッティングを手掛けるのも、すべて中井氏自身なのです。

あらゆるプロセスを手作業でこなし、職人の心意気で没頭するあまり、1日に13時間もガレージにこもり続けることもあるという中井氏。それは、マシンメイキングに対する一切の妥協がないということを表しています。

空冷ポルシェ・911をワイドフェンダー&車高短にカスタム

出典元:http://www.picluck.net

RWBのチューニングスタイルを代表するのは、オリジナルのパーツを組んだダイナミックなエクステリア。単に奇をてらうためではなく、速さにつながる機能美といえるデザインです。

クラシックポルシェのオーナーは純正のパーツやスタイリングのキープにこだわるケースも少なくありません。しかし、RWBのチューニングスタイルは、実際に走らせてこそ楽しめるクルマを作り上げるというもの。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事