愛車を廃車に見せるカスタム、海外で人気を誇る「RAT STYLE CAR」に迫る!

愛車を廃車に見せるカスタム、海外で人気を誇る「RAT STYLE CAR」に迫る!
     
   

 高速道路を走る廃車同然のプリウスが、一時期ネット界隈をにぎわせました。「見たら幸せになれる」なんて噂も流れたこの車、その正体はカーラッピングを手掛ける業者が造った驚きのデモカーでした。痛車をはじめ、現代の車いじりになくてはならないラッピング、その新たな潮流ともいえる「廃車ラッピング」の世界について、今回はお送りしようと思います。

「廃車ラッピング」廃車プリウスから注目を集める新カスタム

photo by CARAPP

まずは廃車ラッピングの注目を集めるきっかけとなった「廃車プリウス」についてから。高速道路で度々目撃されたこのプリウスは、ボディの至る所にサビが浮かび、まるで廃車のような雰囲気を醸し出しています。樹脂製パーツであるはずのフロントバンパーなどにもサビが浮かんでいたり、サイドにサビで文字が描かれていたりと、わかる人がよくよく見ると「おや?」と疑問が浮かぶのですが、それでもこの廃車然としたスタイルは見事です。

この「廃車プリウス」の正体は、福島県で唯一のカーラッピング専門店、「CARAPP」のデモカーです。専用フィルムにサビ模様をプリントし、プリウス全体に施行。その自然な廃車然としたスタイルで「CARAPP」の技術力を証明し、立派にデモカーとしての役割を果たしています。

ルーフなどボディの一部をスポーツグレード風に見せるカスタムや痛車など、車のボディをカスタム手法として、カーラッピングは今やなくてはならない存在です。新車時の塗装をそのままに大胆な仮装を施せるカーラッピングの世界において、廃車プリウスは新たなカスタム手法の可能性を感じさせる、画期的な1台と言えるでしょう。

「RAT STYLE CAR」海外で新たな広がりを見せています

新たな潮流を感じさせる「廃車ラッピング」ですが、海外のカーマニアの間で、すでに広がりを見せています。「RAT STYLE CAR」と呼ばれる海外の「廃車ラッピング」施工車を、ここでいくつか紹介していきましょう。

2代目フォルクスワーゲン・ゴルフ(その1)

photo by PROJorn Idzerda

画像とボディ全体に廃車ラッピングを施したフォルクスワーゲンの2代目ゴルフ、もはや旧車の域に達したボディと廃車ラッピングの親和性は抜群で、違和感がまったくありません。ボンネットやグリル、大径ホイールなど一部をあえてキレイなままにしているのが海外の廃車ラッピング。ラッピングだけでなく大径ホイールやローダウン、フェンダー加工といった定番のカスタムを組み合わせ、ボロいくせにカッコイイゴルフを作り上げています。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事