fbpx

「一般人は決してプロ野球選手と焼肉に行ってはいけない」元首位打者 鈴木尚典と一晩で7500kcal食べた話

「一般人は決してプロ野球選手と焼肉に行ってはいけない」元首位打者 鈴木尚典と一晩で7500kcal食べた話
     
   

ラウンド4「カルビ4、ロース4、ハラミ4、大ライス4追加で」

カルビ
Photo By ayustety

さて、内臓系も制覇。いよいよ本当のデザートにいくかと思いきや、そこは天下の尚典さんです。
ここで終わっては普通のプロ野球選手です。

「まだいけるっしょ?じゃ、カルビ4、ロース4、ハラミ4、大ライス4追加で

2周目!?
これが噂の鈴木尚典さんの胃袋かと。もう、マラソンで言えば38キロ地点。もうろうとする意識の中、なんとか気合と根性だけで食べきりました。

ラウンド5

ビビンバとクッパ
Photo By machu./shiokuma

「じゃあ、そろそろ締めようか。ピビンバとクッパ、どっちがいい?

正直、どっちもいりません。が、NOとは言えない日本人。というか、憧れの鈴木尚典さんの前でNOと言う選択肢はありません。5回目のオーダーが告げられます。

「ピビンバ2、クッパ2、冷麺4」

(NO!!冷麺は頼んだ覚えない!

とは言えるわけもなく、「締め」のメニューが到着。これは、42キロ走り終わったと思いきや、折り返し地点だったぐらいの衝撃。今振り返っても、よく食べきったな、と思うくらい。

次ページ ラウンド6「お土産持って帰ろう」

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事