「ミニ四駆」…それは世界最小の胸アツなモータースポーツ!

「ミニ四駆」…それは世界最小の胸アツなモータースポーツ!
     
   
photo by タミヤ公式オンラインストア

1980年代の第一次ブーム、1990年代の第二次ブームを経て、今再び注目されているホビーがミニ四駆です。現在の第三次ブームはこれまでと比べて年齢層が上がり、もはや子供向けのおもちゃではなくなってきています。

そこまで大人を熱くさせるミニ四駆とは、一体どんなものなのでしょうか?

そもそもミニ四駆とは?

ミニ四駆とは静岡市に本拠地を置く模型メーカー、タミヤが製造する電動の小型自動車模型のことを言います。その名の通り、この模型は単3乾電池2本をエネルギーソースとしてモーターを駆動し、そのパワーを四輪に伝えるものになっています。

2分の1という手のひらサイズのミニ四駆は、2012年には発売30周年を迎えました。これまでに約420以上の車種が発売され、販売台数も1億7,000台を超えています。

2度のブームを経て、現在へ

1980年代後半、小学館発行の月刊誌「コロコロコミック」に連載されていた漫画『ダッシュ!四駆郎』をきっかけに、小中学生の間でミニ四駆は爆発的なブームになります。

1988年には全国規模となるタミヤ公式レース「ジャパンカップ」も開催され、さらに人気はヒートアップ。現在も名車と語り継がれる「アバンテ」が誕生したのもこの頃です。これが第一次ブームとなります。

23179793796_ee05fb3528_k

photo by MIKI Yoshihito (CC BY 2.0)

その後、当時子供だった世代がミニ四駆から離れていき、ブームは一次沈静化します。しかし1994年、漫画『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の連載が始まるやいなや、ミニ四駆は再び注目され始めます。

この漫画ではミニ四駆に空力の概念を持ち出したのが斬新で、劇中で活躍するマシンたちは「フルカウルミニ四駆」として市販化されました。月に一度というハイペースで新車が発表されていたのも、この第二次ブームの特徴です。

そして時は流れ、2010年代。これらのブームを経験し大人になっていった世代たちが、現在の第三次ブームの牽引役となっています。

なんでいいトシした大人がハマるの?

……もしかしたら普通の大人になった方たちは、そう思うかもしれません。傍から見れば、子供のおもちゃでどうしてあんなに勝って喜んだり、負けて悔しがったりするんだろう?と不思議で仕方ないでしょう。

しかし、これは断言できます。ミニ四駆はおもちゃとは違います。純粋なホビーであり、モータースポーツなのです。そして勉強の場でもあるのです。

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事