What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

【ありがとう・気をつけろ・バカ野郎】知らないと恥ずかしいパッシングの6つの意味

2015.09.27

Close up image of car headlight. Front view

免許を取ったばかりであったり、たまにしか運転しない方にとって、実際の道路にでて運転をしていると、教習所では習っていない出来事に遭遇することも多いのではないでしょうか。

その中でも使われる頻度が多いものの一つが、ヘッドライトを一瞬光らせる『パッシング』です。同じパッシングであっても複数の意味があるので、これらの意味を把握しておくことでスムーズに運転できるようになります!

そこで今回は「パッシング」について解説します。見たことはあるけど意味を把握していない人はもちろん、今までなんとなくで使っていた人も、ここで一度おさらいしましょう!

パッシングとは…?

17988285670_fe08f8c380_z (1)
Photo By Rick Flores

パッシングとは、自動車のヘッドライトを瞬間的にハイビーム(上向き)で点灯させることです。これを1回、または複数回することで合図を送ります。

パッシングは本来、前方にいる車に対して「先に行きたいから道を譲って欲しい」という意思表示として使われています。パッシングのほとんどがこの意味なので、覚えておきましょう。

走る前に確認しておきたいパッシングの6つの意味

では、実際にパッシングが意味するものの中でも代表的な6種類の意味を紹介します。

1.感謝を伝える
2.注意喚起をする
3.道を譲る
4.文句を言う
5.ハイビームを指摘する
6.ライトの消し忘れ・つけ忘れを指摘する

1.「ありがとう!」感謝を伝える

8197054060_d932128179_z
Photo By Robert Couse-Baker
「ありがとう!」

対向車に道を譲ってもらった時などに「感謝」の意味を込めてパッシングする場合があります。お礼のパッシングをすることで、相手も自分も気持ちよく運転することができます。

ちなみに、感謝のパッシングをするときは、短いパッシング1回でOK。

また低速での場合は、感謝の気持ちを込めて軽くクラクションを鳴らしたり、手を上げるといった動作で感謝を伝える場合があります。ただ、クラクションの場合は「感謝」の意味では伝わらない可能性があるのでする人は少数です。

2.「気をつけろ!」対向車に危険(警察など)があることを伝える

6613046827_2e08905026_z
Photo By West Midlands Police
「気をつけろ!」

対向車に対して、この先に何かしらの危険がある時にもパッシングを使う場合があります。例えば、道路に異物が落下していたり、警察の交通取り締まりなどがある場合です。すれ違いざまにパッシングを見たら、とりあえず注意しながら走るようにするといいでしょう。

また、鹿などの動物が道路にいる場合にも「気をつけろ!」という意味でパッシングします。

逆に自分も走りながら危険を察知したら、積極的にパッシングして相手に知らせてあげましょう。

3.「入れて下さい!」道を譲る

13285488515_5f92d2d4b8_z
Photo By Thank you for visiting my page

道に入れて欲しいとき進路を譲ったりする際にパッシングをすることがあります。

クラクションを鳴らすまでもないときに、パッシングが非常に役立ちます。パッシングで合図をすると、相手も自分もスムーズに道に入れますし、ぜひ覚えて欲しいパッシングの意味の一つです。

逆に、渋滞中にパッシングをされたら列に入りたいんだな、というサインの可能性があります。スピードを緩めて車間を開けるなり、逆に詰めて入れないことをアピールするなり相手に自分の意図が伝わるように注意しましょう。

(Visited 80,405 times, 231 visits today)

1 2