fbpx

200羽のダチョウがお出迎え!動物と間近でふれあえる、茨城の「ダチョウ王国 石岡ファーム」までドライブ!

200羽のダチョウがお出迎え!動物と間近でふれあえる、茨城の「ダチョウ王国 石岡ファーム」までドライブ!
     
   

茨城県石岡市に「ダチョウ王国 石岡ファーム」というスポットがあるのを知っていますか?

園内に入ると、200羽ものダチョウが出迎えてくれるんです。普段なかなかお目にかかる機会がないので、新鮮な体験ができます。

世界最大のトリ「ダチョウ」は、最大身長が250cm、最大体重が150kgと迫力満点! 走ると1時間に最速70kmもの速さが出て、世界で2番目に足が速い動物なのだそうです(No. 1はチーターなんだとか)。

今回は、そんなダチョウに会いに、茨城県石岡市にある「ダチョウ王国 石岡ファーム」へ行ってきました。ダチョウ以外にもさまざまな動物たちとふれあったり、ダチョウ尽くしのランチを食べたり、楽しんできたので早速レポートしていきますね!

取材・文 かしみん

〈本記事は茨城県のホンダカーズさんにご協力いただいています〉

茨城県のホンダカーズは、「県民のみなさんに、すてきなドライブライフを送ってもらいたい」という思いのもとホンダ車を販売。

車を通して茨城県の魅力的なスポットを知ってもらいたいので、本記事でお出かけ場所を提案しています。

車を借りるために「ホンダカーズ茨城 勝田店」へ!

「ダチョウ王国 石岡ファーム」へ行くには、最寄りのバス停から25分ほど歩きます。そのため、車でアクセスするのがおすすめです。

「車で行きたいけれど、マイカーを持っていない」とうなだれていたわたしに、「車、お貸ししますよ!」とホンダカーズさん。ありがとうございます……!

ということで、車を借りるためにやってきたのは「ホンダカーズ茨城 勝田店」。

店内は広々としていて、清潔感がある空間です。キッズスペースがあったり、ドリンクバーがあったり、設備も充実しています。お子さんにはお菓子のプレゼントがあるなど、子連れファミリーにうれしいサービスも。

「『ダチョウ王国 石岡ファーム』に行かれるんですよね? それでしたら、フリードがおすすめですよ!」と親切に案内してくれたのは、営業スタッフの福薗光さんです。

福薗さんは、「Honda TOPS 2019 ~第14回全国営業スタッフスキルコンテスト~」という全国のホンダカーズの営業スタッフが集まって接客スキルを競い合う大会で、優秀賞を受賞された方なんだとか!

フリードは、2019年10月にマイナーモデルチェンジされました。

「マイナーモデルチェンジで、重厚感と親しみやすさを兼ね備えたデザインになりました。フロントガラスが広いので、運転しやすいんです。『運転が苦手だったけれど、フリードを買ってから運転が楽しくなった』とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。今回はSUVスタイルのクロスターというタイプを用意しました。」と福薗さん。

お話を聞いて、なんだか運転するのがとても楽しみになってきました。それでは早速、行ってきます!

視界がひらけた「フリード」で、気分が上がるドライブタイム!

「ホンダカーズ茨城 勝田店」から「ダチョウ王国 石岡ファーム」までは、車で50分ほど。那珂ICから常磐自動車道に乗って、岩間ICで降ります。そこから一般道を走ること15分ほどで到着です。

福薗さんの言う通り、フロントガラスが広くて、視界がひらけています。車内に光が差し込みやすい造りになっているので、気分が上がり、楽しいドライブの時間に。

高速道路でも、アクセルを強く踏むことなく加速してくれるため、肩のチカラを抜いてリラックスしながら運転できました! 道路の凹凸を感じさせないスムーズな走りで、快適です。

車内も広々としていて、2列目は左右独立したキャプテンシートなので、ゆったりと過ごせます。動きやすく、子連れファミリーのドライブにもぴったりだなと感じました。

ダチョウのエサやり体験もできる!「ダチョウ王国 石岡ファーム」

安定した乗り心地に感動していると、「ダチョウ王国 石岡ファーム」に到着しました。

駐車場に車を停めて、まずは受付がある建物へ。入場料は中学生以上で1,000円、3歳以上で600円です。

受付を済ませたら、いざ入園! 目の前に広がっていたのは……

土のうえを自由にかけまわる、たくさんのダチョウたち! 園内には、200羽ものダチョウが暮らしています。

身長157cmのわたしを優に追い越す大きなダチョウばかりで、迫力満点です。

どこを見渡してもダチョウだらけ。普段、なかなかダチョウを見る機会がないので、新鮮な気持ちになります。

写真を撮ろうとして近づくと、

ニュニュッと顔を近づけてきます。よく見ると、瞳がクリンと大きくてかわいい。近づきすぎるとつつかれる可能性があるので、注意しながらもダチョウとの交流を楽しみます。

園内には、ダチョウのエサも売っています。

エサをあげるために、よりダチョウを近くに感じられるスペースへ。エサの気配を感じ取ったのか、たくさんのダチョウが遊びに来てくれました!

エサをあげるときにダチョウを触ってみると、予想していたよりもフワフワ感触。足元を見てみると、大きな爪と指で地面をガシッと掴んでいて、たくましさを感じます。

最初は迫力があってびっくりしましたが、交流を楽しむうちに愛おしくなってきました!

ちなみに、ダチョウの卵は特大サイズ! 殻が分厚くて、ズッシリとしていましたよ。

50種類の動物たちとふれあえる! 「南のまきば」へ

ダチョウとのふれあいを楽しんだあとは、敷地内にある牧場「南のまきば」へ。

アルパカやヤギ、うさぎなど、約50種類ものさまざまな動物がいます。ここでも専用のエサをあげながら、動物たちとのふれあいを楽しめますよ。

それでは、ダイジェスト形式でかわいらしい動物たちをご紹介していきますね!

つぶらな瞳のアルパカ。モフモフの毛で埋め尽くされていて、ずっと撫でていたくなる触り心地です。

白と黒で、牛さん模様のヤギ。心なしか、ニコッと笑っているように見えます。

ゆったりとくつろいでいるヒツジ。この日は肌寒かったのですが、ヒツジはフワフワのコートを着ていて暖かそうです。うらやましい!

ヒツジとはうって変わり、寒そうに小屋のなかで暖をとるカピバラ。奥にいるカピバラ3匹は、ピッタリとくっついて寝ていました。

1周500円で、ポニーの乗馬体験もやっています。乗馬体験をしたい方は、「南のまきば」の入り口近くにある受付に行ってくださいね!

左側のグリーンのコンテナには、ヘビやトカゲといった爬虫類がいます。右側のふれあいひろばには、主に小動物たちが。

それでは、ふれあいひろばに入ってみましょう!

ケヅメリクガメやヒョウモンリクガメ、アルダブラゾウガメといった、さまざまな大きなカメたち。のっそりと動いたり、草をモサモサ食べていたり、のんびりと暮らしています。

メンフクロウやメガネフクロウ、オオフクロウなど、さまざまな種類のフクロウたちもいました。一概にフクロウと言っても、種類ごとに大きな違いがあるので、じっくりと見比べて観察タイム。

通常のサイズよりも、ひと回り大きなうさぎを発見。耳をピンと立てて、ピョンピョンと跳ねています。撫でてみると、ふんわりと柔らか!

「南のまきば」には、遊具も置いてあります。お子さんは、動物たちとふれあったり、遊具でカラダを動かしたり、思う存分に遊べますよ!

ダチョウ肉を使ったメニューでランチタイム!

たくさんの動物たちとふれあったら、おなかが空いてきたので、ランチタイムにすることに。ランチは、受付をした建物で食べられます。

「ダチョウ王国」ということで、ダチョウ肉を使ったメニューが並んでいました。

注文したのは「ダチョウ旨塩ラーメン」。ダチョウのガラを煮込み、岩塩だけで味付けをしたシンプルなラーメンです。

ダチョウのガラの旨味がしっかりとスープにしみ出ていて、じんわりと優しい味が口のなかに広がります。ダチョウ肉はホロホロに柔らかく、舌のうえでとろける食感です。冷えたカラダが温まる〜!

「ダチョウ肉串焼き」もオーダー。ダチョウ肉は、低カロリー高タンパクの貴重な食材です。

引き締まった食感で、噛めば噛むほど旨味が広がっていきます。肉自体には味がついていないので、少し多いくらいに塩コショウをかけて食べるのがおすすめです!

ふれあいやグルメも!ダチョウ尽くしの「ダチョウ王国 石岡ファーム」までドライブを!

園内に入ると、200羽のダチョウが出迎えてくれる「ダチョウ王国 石岡ファーム」。大きな瞳のダチョウたちは、かわいらしいのにたくましく、大迫力でした!

ダチョウ以外にも、さまざまな動物たちと間近でふれあえるので、動物好きの方はぜひ足を運んでみてくださいね。「週末はどこに行こうかな」と考えている子連れファミリーにもぴったりです!

園内をかなり歩き回ってカラダに疲労が溜まったので、「車内が広くて、ゆったりとくつろげるフリードで来て正解だった」と思う帰り道。良い車は、上質なドライブの時間を演出してくれるのだと感じました。

「自分の車を買ってドライブしたい」「車買い換えようと思っている」という方、ぜひお近くのホンダカーズにいらしてくださいね。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事